フリーフォームアミノ酸の体内リスク、デメリットを認識する


前回、アミノ酸摂取の注意点をあげたのですが、
少し不安の気持ちを与えてしまったかもしれません。
しかしフリーフォームアミノ酸の
体内リスクも認識しておく事が大切です。
フリーフォームのアミノ酸は、
タンパク質の原料であり、
タンパク質は日々私たちが食べるものです。

なので、基本的にアミノ酸は安全なものです。
しかしどのようなものであれ、
体内に取り込むものは何らかのリスクが存在します。
フリーフォームの単体アミノ酸
サプリメントにはデメリットも存在します。

人によっては何らかの反応を起こす
可能性もあるので少し解説します。
もちろん自己責任でやって欲しいのですが、
トラブルが起きやすいアミノ酸をいくつか紹介します。

フェニルアラニンの注意すべき体内リスク

○フェニルアラニン
このアミノ酸は、精神を高揚させ、
血圧を上げる作用や、
脳に作用し記憶力を高める効果などを持っています。
もしあなたが、フェニルケトン尿症、
あるいはフェニルアラニン排除中ならば
フェニルアラニン(人工甘味料アスパルテーム)
は避けるべきです。

他にも、MAO(モノアミン・オキシダーゼ)阻害薬
を摂取している人は避けて下さい。
またうつ症の薬を処方されている人は
フェニルアラニンには注意して下さい。

チロシンの注意すべき体内リスク、デメリット

○チロシン
チロシンは神経伝達物質の原料となります。
うつ状態を改善する効果があり、
甲状腺ホルモンやメラニンの材料となります。
このアミノ酸もMAO(モノアミン・オキシダーゼ)阻害薬を
摂取している人は避けて下さい。
高血圧の人も注意が必要なので
お医者さんとよく相談して下さい。

トリプトファンの注意すべき体内リスク、デメリット

○トリプトファン
トリプトファンは、精神を安定させ、
鎮痛作用を持つ神経伝達物質の原料となります。
このアミノ酸もMAO(モノアミン・オキシダーゼ)阻害薬を
摂取している人は避けて下さい。
妊娠中の人は摂らないほうが良いと
言われているので、注意して下さい。

アルギニンの注意すべき体内リスク、デメリット

○アルギニン
アルギニンは成長ホルモンの分泌を促進し、
筋肉を強化したり、免疫力を高める効果があります。
また、血管の拡張による血流改善効果があり
新陳代謝を促すことによる美肌効果が知られています。

しかし、
ヘルペス(帯状疱疹)のある人は避けて下さい。
アルギニンサプリでヘルペスが悪化した
という報告があるので、控えた方が無難です。
妊娠中、授乳中、統合失調の病歴がある方も
控えた方がベターです。

オルニチンの注意すべき体内リスク、デメリット

○オルニチン
オルニチンは肝臓の働きをサポートし、
疲労を回復する効果があります。
しかし、子供、妊娠中、授乳中、
統合失調の病歴がある方は控えて下さい。
人によって1000ミリグラムの摂取で
不眠症になると言われています。

システインの注意すべき体内リスク、デメリット

○システイン
システインは、皮膚や髪の毛、爪などに
多く存在するアミノ酸で、
体の内側から代謝を助けてくれます。
糖尿病の人は注意が必要です。
またシステイン尿症の人は
システインの摂取は避けて下さい。

ヒスチジンの注意すべき体内リスク、デメリット

○ヒスチジン
ヒスチジンは体内で成長に関与し、
神経機のサポートします。
また慢性関節炎の症状を緩和したり
ストレスの軽減などの効果もあるアミノ酸ですが、
4グラム以上に摂取で生理が早まると言われています。
ヒスチジン摂取で生理周期が早まれば
量を減らした方が良いかもしれません。

メチオニンの注意すべき体内リスク、デメリット

○メチオニン
メチオニンは肝機能を高めたり、
アレルギーの原因となるヒスタミンを
抑える働きがあるアミノ酸です。
メチオニン過剰摂取は精神的な問題を
誘発する恐れもあります、注意下さい。
他にも、ごく稀にアミノ酸摂取でトラブルを
起こすケースもあります。

何かしら不快な症状が出る場合は
お医者様に相談してみて下さい。
どんなものにもリスクは存在します。
例えばそばは、
健康的な炭水化物ですが、
ほとんどの人にとって有益ですが、
そばアレルギーの人にとっては大変危険です。

フリーフォームのアミノ酸を取る上でも
注意しておくにこしたことはありません。
では、これまでの注意事項をしっかりと
頭に入れたうえで、
次回から遂に、
具体的に若返るを達成してくれるアミノ酸摂取の
コツについて語っていきます。
楽しみにしていて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください