仕事での頑張りが認められない、評価されない悩みを克服する


インターネットの世界で1つの
転機となったとなったのが、

SNSなどの「いいね」機能。

自分の動画、写真、記事など
友人、知人に認められるか否か、

これが欲しいがために、

あまりに度を越してしまう行動
心の病を抱えてしまう人なども
問題されています、

人に認められたい欲求のことを
心理学では承認欲求と言いますが、

程度の差はあれど、この欲求は
誰しもが持つものです。

SNSこの心理を上手くついた
ビジネスモデルでしょう。

承認欲求があるから人は頑張れる。

もちろん悪いものではないのですが、

これに心かき乱されてストレスを
抱えてしまうなら問題です。

ストレスフリーな生き方の秘訣、その45

「仕事での頑張りを認められない・・を克服する」

努力は認められるもの

国民栄誉賞を受賞した
王貞治さんは、

言うまでもなく世界一の
ホームラン王でしたが、

巨人軍に入団した一年目、
バッティングの成績は
目覚ましいものではなかったのです。

にもかかわらず、
王選手は、翌年大幅に増棒されました。

成績がぱっとしないのに、
年俸はぐんとアップしたのです。

実力がすべてのプロ野球の世界にあって
これは何故でしょうか。

ここに仕事での頑張りを認められないを
克服する秘訣が隠されています。

実の所、一年目の王選手は、
ボール係りを命じられていました。

使ったボールを集め、数を確かめ、
管理すると言う下積みの地味な仕事です。

王選手は、この仕事を
誰よりも一生懸命にやったのです。

もちろんバッティングも一生懸命に
訓練したでしょうが、

ボール係りをしっかりやったので、

「こいつは見所がある」

とフロントも思ったそうなのです。

それが大幅な増俸につながったのです。

評価されるほど頑張っているか

仕事での頑張りが認められない、

評価されないと悩みを抱える
気持ちは分かりますが、

職場でやっている仕事は
必ず誰かが見てくれています。

そして頑張りは認めてもらえるのです。

「こんなに頑張っても、
誰も見てくれないだろうな。。」
「どうせ今日も無意味な仕事を繰り返すだろうな、、」

と頑張りを認められないんだ…

思ってしまえば、
自然と意気消沈してしまうでしょうし、

むなしさを感じるでしょうし、
とても奮発などできませんが、
そんな事は絶対にないのです。

断言しても良いです。

あなたの仕事ぶりは
確実に誰かには評価されています。

それが上司なのか、別の部署の人なのか、

それともたまたま訪問している
他の会社の人かは分かりませんが、

「おおイマドキ感心な人だ」

と見てくれて、認めてくれる人は必ずいるので、
安心して仕事に精を出して下さい。

人間がやる行動には
必ず「痕跡」が残ります。

完全犯罪が難しいのも、
どんなに「痕跡」を消そうとしても、
それを完全に消すのは難しいからです。

消そうとしても消えないので、
別に隠そうとしなくても、
あなたの仕事ぶりは確実に痕跡が残るのです。

だから、それに気づく人も、
当然いるわけなのです。

努力は報われる

仕事での頑張りを認められないと思っても、
しっかりやっていれば認められるのです。

私が最近訪問した会社では、
タバコを吸うための共有スペースがあったのですが、

そこで煙草を吸っている社員の態度が
非常に悪かったのです。

言葉遣いや態度が非常に悪く
マナーが悪かったのですが、

「タバコくらい自由に吸わせてくれよ」

という気持ちも十分に分かるのですが、
そこが会社の一部の共有スペースである限り、
みられている自分を意識したほうがいいと感じました。

仕事での頑張りは誰かに認められるのと同じく、
さぼったり、悪態をついた態度も
どこかで誰かに見られているものです。

あなたも見ていないようで、
結構周囲の人を観察しているはずです。

電車の中でたまたま乗り合わせた人であるとか、

すれ違う歩行者であるとか、
自分では気づかなくても、
チラチラと周囲の人を観察しているはずです。

同じようにあなたのことをしっかり
観察しているのです。

承認欲求を間違った方向に使えば、
自分も他人も損をしてしまいます。

でも自分の努力に向けられれば、

仕事での頑張りを認められない…
仕事での頑張りが評価されない…

と悩み、嘆く前にしっかりと働きましょう。

そして手を抜かないように注意すべきなのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください