外的思考タイプの友人、恋人、配偶者の付き合い方

なあなあの関係を嫌うのが
外的思考タイプの特徴です。

いわゆるメリットがある人間関係
でないと意味がないと考える傾向があります。

これは別のタイプ、特に内的感情タイプ
から見ると冷たい、冷徹でドライな印象でしょう。

しかしこれは悪いことはありません。

損得や状況にあった付き合いをするからこそ、

つまらない情で動かない、
しっかりとした信頼関係を築けるものです。

人間は感情で裏切ることがありますが、
損得関係であれば、損しない限り裏切りはありません。

むしろ良好な関係を気付けるケースが多いのです。

ここを念頭に外的思考と付き合うと良いでしょう。

特に政治、経済、外交、ビジネスなど
硬い話題に興味を持つタイプなので、

そうしたカテゴリーで共通の話題を持つと
良い友人になれるでしょう。

そしてただの世間話でなく、

共通の目的を持ち、お互いに
切磋琢磨してける関係になれば、

ますます良い友情を結べます

ただ、一緒に何かをしたり、
どこかへ行ったりするときも、

目的指向が強いので、
やりすぎたり自分だけの思い込みで
行動することもあるので、

外的思考タイプは頼りになりますが、
楽しむためには、そこにブレーキをかけたり、
緩衝材の役割を意識してあげると、

さまざまなタイプと仲良くできます。

外的思考タイプは周囲の人の
気持ちを考えずに行動するところがあります。

そのため本人は善意でしていても
誤解されて悪く受け止められることもあります。

そういう時に周囲や友人の間に入って
うまく橋渡ししてあげられたり、

緩衝材的な役割をできる友人は
外的思考にとって重要な存在です。

こうした存在は外的思考タイプにとって
周囲に対するスポークスマンとなる
ありがたい存在であり、

手放せない存在になります。

合理性、損得勘定で動くというのは
友人関係だけを見れば
距離を置かれる存在かもしれません。

しかし心理機能を様々な角度から見れば、
どの機能も重要な役割を持つのです。

本人も周りもこうした意識をすることで
全ての人間関係が円滑になるのです。

では次に恋人関係ですが、

外的思考タイプは、ぐいぐい
リードしてくれる頼もしいパートナーです。

決断力もあり、行動力もあり、
発言力もある頼れる存在、、

ただ、相手の合理性に飲み込まれると、

なんとなく一緒に手疲れてしまったり、
殺伐とした気分になるかもしれません。

「こんなプレゼントをあげた」
「こんな旅行に連れて行った」

と結果で愛を表現することが多く、

プロセス重視の人とは摩擦が生まれます。

「愛している」
「一緒にいると幸せだね」

と言った言葉により感情のやりとりは
なかなか望めないため、

一方の人にとっては愛情に
疑問を感じることがあるかもしれません。

もし外的思考タイプの恋人、配偶者と
うまく付き合いたい場合は、

自分の大切にしている価値観を
きちんと言葉で伝えることが大事なのです。

「誕生日にや記念日は
家で一緒に過ごしたい」

「旅行するときは、プランは
一緒に考えたい」

と言ったことを
はっきり伝えないと分かってもらえない、

これは肝に念じておくべきです。

「言わなくても気持ちを汲んで
分かってくれるのが愛情なはず。。」

まさに思考タイプと感情タイプの違い、
典型的な恋愛の摩擦の場面です。

が、ここまで心理機能を学んだ人は分かるはずです。

どちらが正しいのではないのです。

思考タイプにも感情タイプにも
視点は偏り盲点があるのですから、

お互いの理解が大事です。

また外的思考タイプは
喜怒哀楽を表現するのが苦手なので
周囲に誤解されることもあります。

なので、外的思考タイプと付き合う相手として、

「今はこういうことで怒っているみたい」

など通訳してあげる役目をすると良いでしょう。

逆に外的思考タイプの相手に
「そういう態度をすると、相手の空気も悪くなり、傷つくから
気をつけた方が良い」

とアドバイスをしてあげるのも大切です。

荒削りな感情面をうまく調整する
良き理解者、良きサポーターになれば
素晴らしい恋人、配偶者関係となれるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください