内的直感タイプにあった仕事や職場

直感タイプは1つの場所に長く
居続けることが苦手です。

なので定住型の現代社会では
なかなか馴染めない事になります。

ただ、

刺激に誘発する外的直感とは違い、
内的なインスピレーションを重視して
生きるのが内的直感タイプなので、

あくまで自分の価値観を重視してしまうのです。

だから組織において
時間や規則などを重視しない傾向があり、

そのため職場に馴染まなかったり、
転職を重ねることもあるでしょう。

自分を抑えて我慢してまで
1つの場所に固執しようとすると、
苦しくなってきますので、

自分なりの特別な才能を育てて、

それを武器にして、転職しても
活躍できるように、

どこでも活躍できるような
状態を整えることをお勧めします。

資格や免許をとって、どこでも
通用するようなキャリアアップを
はかっていくのもお勧めです。

また、多少の遅刻やルールの逸脱も
多めに見てもらえるような
職場を探すのも良いです。

最終的には実力主義ということで、
自分の実力さえ高めれば
重宝されるように目指しましょう。

ただ、実力もないのに周りの
ルールに合わせられないのでは
活躍の場は無くなっていきます。

思いつくまま突拍子もない転職をしたり、
経験の内職についても大抵うまくいきません。

少し冷静になり、内的直感以外の
心理機能をうまく使うようにしましょう。

目上の人や自分と違うタイプの人に
相談して自分のキャリアを考えましょう。

特に人を相手にした職種を選ぶ場合、

自分の考え方や行動が
他人にも受け入れられるものなのか
しっかり吟味しながら選ぶのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください