内的感覚タイプにあった仕事や職場

現代社会は他人と足並みを揃えた
どうしても協調性が求められる
環境になりがちです。

特に学校では平均、均一が求められる
価値観で育ちますから、

社会に出てもその傾向は続くことが多いです。

でも世の中で求められるのは、
オリジナリティだったりする訳です。

まさに内的感覚が優位の心理機能タイプは
独自の感覚を持っているタイプです。

だからこそそれを使って
仕事をする、職場を探すのが
適しているでしょう。

特にデザインであったり芸術関係、
工芸関係などで才能を発揮します。

またどんな分野でも独自のセンスが
生かせる職種はあるはずですから、

そこで才能を発揮できるでしょう。

ただ、

あくまで独自の感覚は
自分の中だけで完結してしまいがちです。

その感覚を他人に説明できる力、
受け入れてもらえる説得が重要なのですが、

それが苦手なタイプが多いです。

だからこそ自分の優位な心理機能だけでなく
全ての心理機能を意識して磨くのが大事なのです。

またコツコツ1つのことを続ける才能もあるので
何かの専門家として活躍することも多いです。

料理人やパティシエ、職人など
腕を磨いていく触手に向いています。

その専門技術をサポートできる人
部署がある職場が良いはずです。

例えばシステムエンジニアとして
プログラムをコツコツを作り上げる。

そういうことが得意だったりします。

でも反面、お客さんの要望を聞いたり
意見を調整したりするのが苦手という感じです。

せっかくの専門技術を活かすために、

営業や顧客サービスの担当者が別にいて、
内的感覚タイプはただプログラミングに集中できる。

そういった職場環境が最適です。

その場合、お互いの心理機能を尊重し
補いあえる理解がなければ組織は
成り立ちません。

仕事というのはニーズがあって初めて生かされるもの。

その点で趣味や興味だけではうまくいかないわけです。

内的感覚の独自の感覚も、
他人に受け入れられなければ仕事にはならないのです。

それを自覚し、

ストレス摩擦を感じながら
自分の興味から外れる仕事を
あえてする必要はありませんが、

自分の個性を生かしながら
他人に求められる、お金を稼げるには
どうすれば良いのか。

しっかり考えながら職探しをすると良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください