外的感覚タイプにあった仕事や職場

自分がここと良い状態でいられるか

ここを重視し、特に「衣食住」について
合うか合わないかは外的感覚タイプにとって
重要なことを忘れないようにしましょう。

現代社会は得てして
ブランドやステータス、給料の良し悪しなど

そういった基準で職探しをするのが
当たり前になってしまっていますが、

自分に合わないことをやり続けるのは
どのタイプにおいてもストレスになります。

人は心理機能が違うのですから
それぞれが自分に合った道を
探すのが重要なのです。

五感をフル活用して刺激を求める
のが外的感覚タイプですから、

嫌なものを長く我慢すると
特に心身の病気にもつながるほど
負担が多いので、

十分な注意が必要です。

例えば、

騒音が苦痛なのに
騒々しい職場を選んだり、

狭い場所が苦手なのに
満員電車に長時間乗る職場を選んだり、

すると毎日が地獄の苦しみとなり
心身のダメージは深刻になります。

最初の段階で、どんな感情が
自分にとって居心地が良いのか、

それをじっくり確かめながら
その条件に合った職場を選ぶようにしましょう。

環境さえ整っていれば
どんな職種でも器用にこなせるのも
外的感覚の特徴なのです。

事務処理能力を生かした
ルーティンワークの仕事も向いています。

事務、庶務、経理など組織全体の
した支えとなるような仕事も
卒なく行えます。

秘書のような仕事も向いています。

ただ、感情タイプとは特徴が違い
人に気を配ってうまく仕事をする

というよりむしろ

膨大な仕事もきっちり仕切る

綿密管理型の秘書となるでしょう。

営業や外回りのように
体を使い人とうまく付き合っていく
仕事も得意な人は多いでしょうし、

飲み会や接待も得意分野という人もいます。

またセンスを生かして
クリエイティブな分野で
才能を開花する人も多いはずです。

ファッション関係、デザイン関係などの
職種も向いています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください