内的思考タイプにあった仕事や職場

仕事において内的思考の能力が
能力を発揮する場はたくさんあります。

が、

調和と秩序をベースとした
いわゆる常識的な社会の生き方において、

その能力は制限されがちです。

自分なりの理屈や分析をもとに
判断をするのが得意な内的思考タイプ。

つまり、

それを否定されるのが苦痛であり
ストレスになるわけです。

であればやはり、

その理屈や分析を優先できる
生き方を選ぶのが良いでしょう。

どちらかといえば、

チームワークよりも
1人でコツコツと取り組む職種が
向いています。

人間関係やハーモニーとは切り離された、

何かしらの目的に向かって
コツコツとアプローチして形にする。

そういう形態の仕事や活動を選べば、

自分の能力を発揮できますし、
周りからも重宝されるはずです。

内的思考タイプは1つのテーマに
興味を持てば、

それを粘り強く継続的に取り組むことができるため、
優れた結果を残せるはずです。

なので賑やかで変化のある職場より、
静かで落ち着いた、変化の少ない職場が向いています。

内的思考タイプが、

その場の空気を読み、場を盛り上げ、
臨機応変に対応することが必要な
サービス業や営業職など、

人間を相手にする職種や仕事をすると、
神経をすり減らしストレスフルとなるでしょう。

それよりも例えば1つの
システムプログラムを

目的に沿ってあれこれ考えながら
作っていくような仕事のやり方が
性に合っているのです。

ただ、

内的思考は興味のあるなしで
態度が大きく変わってしまいます。

ただ単調なルーティンワークを
淡々とこなすだけの職場は
あまり向いていません。

自分なりの工夫や改善の余地なく、
ひたすら前例を踏襲するような職場では、

だんだんと自分が朽ちていくように感じるのです。

問題解決に向かって頭が回転し出すような課題、
頭を使うのが好きなのです。

こうした特性を知って職選びをすれば、
内的思考タイプの本領も発揮されますし、

その結果、周りもその結果を
活用し成長できる。

そういった協力体制が重要なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください