ユングの心理機能、直観機能を鍛える方法

雑多な情報の中から、
価値のあるものを瞬時に選び取って推論を立てる、

これが直観機能の一番の働きです。

勘所を抑えたスピーディな情報探索

といったところでしょうか。

この心理機能により将来を予測したり、
物事を長期にわたって見通したり、
何かひらめきを得たり

この機能を使いこなしている
からできる能力なのです。

この機能が発達していなければ

たくさんの情報に埋もれていても
そこから新しいものを生み出したり、
推論を立てて検証しながら道を切り開いていくような
クリエイティブな発想が浮かびません。

現実を司るのは、

もちろん五感の現実、感覚機能は
非常に重要なのですが、

発展もなく面白味もありません。

生き生きとした新鮮なひらめきは
直観機能があるからこそ生まれるもの、

直観機能を得ることは重要なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください