ユングの心理機能、感覚機能を鍛える方法

感覚機能というのは、
五感を使ってありのままに
現象を捉える機能です。

つまり、

これを使いこなせるかというのは、

「社会的生物としてやっていけるか」

にかかっているとも言えます。

この世界はファンタジーのおとぎの世界
でできているわけではありません。

シビアな現実のものなのです。

だからつまり社会生活を送る上で
感覚機能を働かせなければ
いけないことは沢山あるのです。

この事実を

「そんなのは当たり前だ」

と当たり前に感覚機能を使いこなせる人も言えば、
それが苦手な人もいるのが
ユング心理機能の面白いところ

ただ感覚機能は誰もが必要な機能です。

例えば

決められたタイムスケジュールどおりに行動する
決められたて順でものごとをおこなう
計画通りに何かを遂行する。

こうした行為も感覚機能が司るものです。

毎日同じ時間に出勤する。
決められた仕事をこなす。

感覚機能をしっかり働かせる必要があるのです。

この機能が未熟であれば、

考えてばかりで何も実行しない
思いつくまま走ってしまい失敗する

非生産的なパターンを繰り返す
ハメになるのです。

感覚機能を磨くためには、

現実をただひたすら受け止める
練習をするのが良いでしょう。

どれだけあなたが嫌いでも
ヒットチャートに乗る音楽は
世間で受け入れられているものなのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください