ユングの心理機能、思考機能を鍛える方法

思考機能というのは、

論理性を保つという
とても重要な働きをします。

なぜ論理性が重要かと言えば、

他人に自分の思いや意見を理解して
もらうために欠かせないものだからです。

ひとにはそれぞれ違う考えや好み
感情をもっています。

自分とまったく違う価値感や考え方の人に
自分を分かってもらうには

「まぜそれがよいのか」
「それが自分にとってどう大切か」

きちんと説明できなければいけません。

「これがよいからこれなの!」

では、幼い子供が駄々をこねるようなもの
相手にまともに受けとってもらえません。

ですから周囲の人々と
わかり合うためには、

この思考機能をきちんと
磨いていくことが必要なのです。

思考機能は誰にも重要ですが、
ユングの心理機能が面白いのは、

人によって心理機能が異なり、
思考機能を優先するタイプと
そうではないタイプに分かれるのです。

おそらく、

主機能に思考機能がくるタイプは
思考を使うのが得意でしょう。

だからこそ自然とこうした
論理性を意識しているでしょうが、

それ以外のタイプも意識して
この機能を磨かなければいけません。

思考機能を磨くために効果的なのは、

物事を筋道立てて説明するよう
心がけることです。

考え方を整理してまとめるために
フレームワーク(枠組み)を使うことを
意識してみましょう。

代表的なのは5w1hを使うこと。

誰かと会話するときに、
5w1hを意識して、

相手にもわかるように話すことです。

また主語と述語を入れ

自分の意識や気持ちはその理由や背景と
共に伝えることを心がけます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください