内的直感タイプが内面も外見も磨かれた魅力的な人になるために

大変ユニークな世界観を持つ
ただし世間に合わせづらい、、

そんな内的直感タイプの人が、

劣勢機能である外的感覚を磨き、
その機能をうまく使えるようになると

かなりユニークで魅力的な人になります。

神秘的で、人の目を惹きつける、

そう言った人気者になれるのです。

小悪魔的魅力を持つ女性

と言って雑誌などで
もてはやされることがありますが、

まさにそういう感じでしょうか、

内的直感のみだと
不思議ちゃんで終わる人が、

外的感覚を磨くことで
進化できるわけです。

とはいえ、

元々そういった世俗的な
感覚に疎く興味もないタイプ。

どうすれば外的感覚が磨かれるのでしょう。

大袈裟なことをする必要はありません。

ファッションの勉強をして
ブランド品で身を固めなければ
魅力的になれないということではないのです。

ちょっとだけ身の回りのことに気を配り、
清潔感があり、センスの良い服装を
気にかけるだけで、

その人の魅力は倍増するのです。

お洒落に少しアンテナを伸ばし、
髪型をしっかり整える。

女性であればメイクにも気を配る

それだけで外的感覚は磨きがかかります。

もともと

「何を考えているか分からない」

というイメージの強い内的直感タイプ。

外見が惨めであれば、
人は近づいてくれません。

そこに外的魅力が兼ね備えるだけで、

その見えない部分が神秘的でミステリアス。

驚くほど好印象に変化するのです。

「おたく」「変わり者」「変人」

と言った評価が

「知的でインスピレーションを感じさせる人」
「ミステリアスな美人」

という具合に変化するのです。

人間にとって外見的な魅力というのは
それだけポジティブなパワーがあるのです。

内的直感タイプはそれを理解すべきです。

「人間んお見た目なんて意味はない。
一皮めくれば皆同じ」

などと思っている人も多いでしょう。

しかし、

そうではないことを認識していくことから
自己訓練は始まるのです。

あなたの深淵なる世界観が
周りに影響するためには

そこからスタートなのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください