内的感覚タイプが専門分野に詳しい人気者になるために

内的感覚タイプが適切に
外的直感を鍛えるとどうなるでしょう。

コミュニケーションにたけた
人気者になれます。

明快にわかりやすい言葉で
話せるようになり、

物事のツボを抑えて
そこを取り出すような視点で
話すことができるようになります。

細かいところまで知っている
専門知識を深めるのに
適した機能がない的感覚です。

そこに外的直感が加われば、

多くの人が理解しやすい
話の面白い人になれるわけです。

元々このタイプの人は
人から理解されないことが多いです。

自分の興味のうちに留まり
理解してもらおうという気もあまりないです。

「理解できない人とはつき合わなくてよい」

と周囲を切り捨てた言い方をすることもあります。

しかしそうではないのです。

人に理解されて初めて
自分の世界は活きてくるものです。

また本人もできるなら誰かに
理解して欲しいし、

周囲の人に受け入れてもらい
共感し会いたいと思う、

人間なら誰しもが持つ
共通の感性もあります。

だからこそ、

劣勢機能にも目を向けるのです。

外的直感を鍛え

「明快でわかりやすく話す」

という能力は社会で生きる上で
非常に役に立つものです。

仕事でも恋愛でも友人関係でも

誰しもが心の底で求める
他者との交流というのは

この力を糸口に始まるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください