ユングの唱えた心の持つ4機能、心理機能の働きの特徴

ユングの性格タイプの
判断基準となるのは、

外向と内向の2種類だけではありません。

むしろここからが細分化された
本来のタイプ分けとなります。

それは心の持つ4つの機能タイプです。

心の機能というのは、

様々な状況下でも変わることのない
心的活動様式のことです。

「心になんらかの刺激を受けた時に、
その心がどういう動き方をするか」

というもので、

思考、感情、感覚、直観

と呼ばれる4種類の働きを
基本機能としています。

もちろん人にはこれらすべての
働きを持つわけですが、

そのうちのどの働きが最も強いかによって、
その人がどのタイプの性格であるを
判断するのです。

これらの基本機能も、
内向、外向のタイプと同じく
人間の本質的な心理機能なのです。

これらそれぞれのタイプの特徴も
今後詳しく紹介していきますが、

まずはここで概略を学びましょう。

1つ目に思考機能ですが、

これは物事を論理的に捉えて
理解しようとする働きです。

何かが起こった時に、
そこから少し身を引いて、

客観的な視点でそれを見て
分析したり意味を捉えようとします。

どんなことにもそうなった
原因や理由があり、なるべき結果があると、

いわゆる因果関係が
思考機能の捉え方であり、
そうした客観性が主軸となります。

何かについて判断する時、

どういう理屈なのか、
それにどのような意味があるのかを
真っ先に考えるのです。

そして結論を選ぶ際は、
合理的かそうではないか、
損か得かといったスケールで取捨選択します。

が、

もちろん人間社会が損得関係だけで
成り立っているわけではありません。

ですからややすると思考機能が強い人は、

合理性が勝ちすぎて、人の気持ちを
ないがしろにしている印象を
周囲に与えてしまいます。

感情機能は、

思考機能とは対極的にある働きです。

何かが起こった時に、その時に
生じる感情、気持ちを最優先に考えます。

その出来事に接して、
どう心が動いたか、どう感じたか
が感情機能が物事を把握する
大きなファクターとなります。

また他者との親和性も高く、
誰とでも仲良くなれるのも
この心理機能の特徴です。

困っている人を助けてあげたい
など面倒見のいい所もあります。

が、

この機能で損することはあります。

物事の判断を自分が好きか嫌いか、
いいか悪いかという感情的な
スケールで行うため、

論理性に欠ける嫌いがあり
ダメージを受けるのです。

感覚機能は、

視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚

いわゆる五感が感じたものを
ありのままの情報として受け取ります。

そこには思考機能が行う
「これはこういうものである」
という分析や意味づけ、

感情機能の行う
「これは好きな感じだなあ」
というような

自分を基準とした価値判断はありません。

今、目の前でどんなことが起きているのか、
またどんなものが存在しているのか、
が感覚機能の情報の捉え方です。

何か物事に直面した時、
その良し悪しよりも

「それに対処するには何が必要か」

を考えるのが、ありのままを
捉える感覚機能の特徴です。

最後に直観機能は、

「ひらめき」で本質を把握するタイプです。

今、目の前で起きている
出来事を通じて、

全く別のイメージやアイデアが
ひらめきます。

そしてそれが意外にも
物事の本質をついていたりするのです。

けれどもせっかくひらめきがあっても
それを掘り下げたり、分析、調査を加えて
何かの形に完成させることはしません。

実務的なことは苦手で、その場にそぐわない
トンチンカンなことをしてしまったりもします。

誰でもこの4つの機能のうち、
どれかを強く使っています。

その最も使われる機能が
その人の主機能、メイン機能と呼ばれ、

そのメイン機能そのものが
その人の性格と言われるものなのです。

こうした心理機能、つまり
人の性格が一体どこから生じるか。

最近の脳科学の分野でも
様々なことが解明されています。

それは、

人間の大脳のどの分野が
発達するかによって決まってくる

だそうです。

例えば、思考型は

判断や思考を司る前頭前野という
部分が発達している人に現れやすい
性格ということです。

もともと使いやすい脳の分野を
使いやすくて使うと楽しいから
さらに使っていくうちに、

その機能がますます発達し、
それがメイン機能になるのです。

また感情型であれば、

前頭前野はあまり発達しておらず、
扁桃体や大脳辺縁系という部分が
発達しており活発に使われている人です。

扁桃体や大脳辺縁系は、
快不快やものの感情的な
善悪を判断する働きを持っており、

ここが発達した人が感情型となるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください