ユングの性格の定義、無意識に習慣的にやってしまう考え方の癖

それでは、ユングが提唱する
タイプ理論を物差しとする

「多くの人々に共通する性格のうち
特徴的に笑われるものの類型」

というのは、具体的には
どういうものでしょう。

簡単に言ってしまえば、

「感情的になりやすい」
「理屈っぽい」

などと言った、

性格の分かりやすい特徴別
による分類のことです。

私たちはこの性格という
言葉を日常的によく使います。

「あの人は良い性格をしている」
「あいつは嫌な性格だ!」

とか、

日常で個人の特質を言い表したい時に
よく登場するのがこの単語なのです。

では性格とは一体なんなのか?

その質問にズバッと答えを出せる人は
あまりいないでしょう。

性格の実体はどんなものか?

このサイトではこれまで
様々な角度から考えてきましたが、

ユングは人の性格(人格)を

「習慣となって形成された心の働き」

と説明し定義しています。

つまり、

その人がついしてしまいがちな
考え方の癖のようなものということです。

私たちは日常生活の中で意識せずに
行っていることが無数にあります。

例えば、

入浴の時に左右どちらの足から
浴槽に入るかなど、

人によってだいたい決まっているのですが、

どちらかと聞かれて即答できる
人はあまりいないでしょう。

他にも挨拶の時に、
頭の角度は何度くらいにしているか、

食事の時まず何から手を伸ばすか、

など、誰かに問われて
自覚して答えられる人は少ないでしょう。

つまりこれらはすでに
癖になっている行動ということで、

改めて考えたり意識して
行っていることではないからです。

性格というのはこれと同じ
ような面を持っているのです。

何かの出来事や物事に接した時に、
知らず知らずのうちに起きている心の動き、

習慣となっている心理機能が
その人の性格を形成しています。

つまり自分が無意識に行っている
物事への反応の仕方が、

その人の性格だという訳です。

これがユングによる性格の定義です。

例えば、

幼い子供が目の前で転んだとします。

それを見て

「あぁ、かわいそうに、痛かったろうに…」

と思う人もいれば、

「おや、石につまづいたんだな。
注意力が足りない子だな」

と思う人もいるでしょう。

「膝を擦りむいているから
手当が必要だな」

と咄嗟に考える人もいれば

「目に前で子供が転んだということは
これから自分も注意しなければという
メッセージかも」

と神秘的な解釈をする人もいるかもしれません。

こうした1つの出来事に対して起こる
様々な違った反応というのは、

一人一人の性格、つまり
心の働きが違うために起こるのです。

先ほどの子供への反応、

落ち着いて考えればどの解釈も
自分はできると思うでしょう。

もちろん誰しもが複数の考え方を持ちます。

しかし咄嗟に反応するパターンは
決まっているものなのです。

では、こうした心の癖、
習慣となっている働きは、

どのように形成されるのでしょうか。

次回これを詳しく見てみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください