ユングが見出した自分の内面の人格、8つの性格タイプの分類

以前も紹介したように、

ユング自身が幼少期から
複雑な生育環境にあったそうです。

だからこそ幼少期から

「自分はどういう存在か?」

その内面的な問題に
直面し続けてきました。

厳格な牧師である父親
サイキックで霊能力のあった母親、

両者は常に不仲であり、
常に不安定な状況にさらされ、

自己アイデンティティを確立することが
困難だったようです。

こうした体験を通じ、

ユングは女性の存在や人間の愛情
そのものに不信感を抱きながら、

「自分とは一体何者なのか?」

という根源的な問いを自分自身に
問いかけ続けたのです。

やがて彼は、

自分の中には牧師の息子に生まれた
等身大の人格と、

威厳のある昔気質の老人のような
人格の二つが内在するのでは
ということに気づきます。

例えば、

知り合いの大人に

「お前は生意気だ」

と叱られた時、

等身大の自分は、

「自分が悪かった」

と反省しますが、

一方の人格は

相手に対して激しい怒りを感じた、
というように、

通常では姿を見せない
「もう一人の自分」が存在することを
自覚したそうなのです。

こうした経験を重ねるうちに
ユングは人間が生きていく上で
「人格」が非常に大きな役目を担っているのでは。。

と気づいたのです。

そしてその後、膨大な量の研究により

その陰核にはタイプの違いがあることに考え至り、
それを体系的に理論化していきました。

ここで人格と言いましたが、
私たちが日常使う「性格」と同じ
意味で構わないでしょう。

「あの人は誰とでもすぐ仲良くなれる性格だ」

とか、

「私の恋人は理屈が通らないのが大嫌いな性格です」

など

人の特徴を表す性格ですが、

確かに性格はよく「人の数だけ」
と言われるほど、

様々な性格があるようですが、

ユングはその学問的研究を続けた結果、

性格は8つのタイプに分類できる

という結論に至りました。

それがこれから紹介する
ユングの8つの性格タイプです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください