性格心理学を学び、自分の弱さを少しずつ向き合い、受け入れる

これまで紹介してきたように、

心の中の迷いや重苦しさは、

どれも本来の自分の内面的な特性を知らずに
いるために引き起こされることです。

ユングの性格心理学では、

こうした苦しみを抱えた人々を
決して否定することはありません。

どんな人であろうと皆、
尊重されるべき一人の人間であり、

自分らしく快適に生きていく
権利を持っています。

そして、

そのための方法として、
自己や他者との対話を促すのが、
ユングの心理学なのです。

成功法則は世の中たくさんあります。

幸せになるヒントもたくさん語られてきました。

しかし、これらは大抵が、
特定のタイプにしか合わない
ものだったのではないでしょうか。

しかし、

自分のタイプを知り、
自分なりの成功、幸せを求めたならば、

誰もがより幸せになるためにヒントが、
ここに詰まっているのです。

ユングはこうした姿勢で
精神医学を切り開いてきたのです。

そして人の内面的な特性に
類型パターンを見出し、

その分析を行ってきました。

それを

「8つの性格別タイプ分析」

としてこれから紹介していきます。

このタイプ分析を用いることで、

自分や周囲の人々の性格を
正しく詳細に掴むことができるでしょう。

こうした分析を見てみると、

人は性格によって、いかに
物事の捉え方に違いがあるか、
考え方に差があるかを驚きをもって
知ることができるでしょう。

まずは自分の本当の性格を正しく知り、
それを受け止め、認めてあげましょう。

その上で、

自分の周りの人たちはどんなタイプか
理解を深めることができます。

物の見方、考え方は人それぞれ
大きな違いを認めいく姿勢が大切です。

さらに大切なのは、

自分自身の弱みを知り、それと
真摯に向き合っていくことです。

弱みは当事者にとって
コンプレックスであったり、

気づかない、気づきたくない
部分であることがあります。

自分の弱みに向き合うのは
本当に勇気のいることです。

でも焦る必要はありません。

少しずつでもこうした作業を
進めていくことで、

性格はどんどん磨かれ、
魅力的な人間へと成長することができるのです。

現代社会は、あまりに
合理性や効率化を優先するあまり、

うつ病や自殺の発生が絶えません。

人々の心は疲弊しています。

こんな時代だからこそ、

「本当の自分らしい生き方」を
見つめようとするユングの性格心理学
私たちに重要なことを教えてくれるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください