ユングの教え、自分の性格の影・シャドウを否定せず受け入れる

知り合いの中でなぜか無性に
腹がたつ人っていませんか。

「アイツはムシが好かない」
「見てるだけでイライラする」

直接何かされた訳ではないのに、
そう感じる相手がいたりします。

誰か特定の人物に対して
はっきりとした原因もなく
苛立ったり不快な気分を感じる。

そういう相手は、実は
自分の中にある影(シャドウ)
によるものだ。

と、ユングは指摘します。

影(シャドウ)というのは、

自分が「こうありたくない」と
抑え込んでしまっている心理的な
部分ということです。

例えば、

人見知りが強く引っ込み思案の性格の人が

「こんな自分は嫌いだ」

と無理をして社交的に振舞っているとします。

そういう人が

人見知りをするおとなしい人を見ると
「どうしてそんな性格なんだ、
もっと明るくしろよ」

責めてしまったり、口に出さなくても
心の中で「アイツは嫌いなタイプ」
と感じたりするのです。

これは相手に自分のシャドウを
投影しているため、

無意識のうちに、

「ああなりたくない!」
「あれはなんとかしなければいけない!」

と感じているのです。

ただ、自分はそこまで自覚が
できている訳ではありません。

だから相手から迷惑や被害を
被っている訳でもないのに、

「うじうじしているダメなやつだ」
「アイツがいると場が暗くなるよな…」

などとその存在を過剰に嫌悪するのです。

その人が好きでないのであれば、
無関心なまま取り合わなければいいのですが、

その存在が自分の中に抑圧されている
影(シャドウ)である場合、

なかなか素通りできないのです。

どうしてもとらわれてしまい
否定的になってしまうことが
しばしばあります。

それに気づかず、特定の人に対して
攻撃的になったり、傷つけるような
態度や言葉で接してしまうのです。

こうした状態は、
健全な人間関係ではありません。

ウィンウィンではなくルーズルーズの関係、

相手を傷つけるだけでなく、
自分自身をも辛い状態に追い込んでしまいます。

影(シャドウ)を否定し、
感情的に攻撃したところで、

少しも幸せな気持ちにはなれません。

影(シャドウ)は否定するのではなく、
それを認め、向き合って、
対話をすることが必要です。

他人とのコミュニケーションの前に
自分自身のコミュニケーションが
うまくいかなければ

人生の向上も難しいです。

そして、

その影(シャドウ)を乗り越えられた時に
初めて本当に楽になることができます。

生理的に嫌だと感じる人がいて
ストレスを感じる場合、

「どうして自分はあの人を見ていると
イライラするのだろう。

あの人からひどいことをされた訳ではないのに、
なぜ嫌なのだろう」

と自分自身に問いかけて見る必要があります。

そして、

「もしかしたら自分の中にも、
あの人と共通点があるのかもしれない」

と振り返って見るべきでしょう。

こうした場合にも、

やはり大切なのは、

本来の自分の性格としっかりと
向き合うという行為なのです。

本当の自分を知らずに
無自覚なまま他人や自分を憎んだり
傷つけてしまうのは、

とても不幸なことでしょう。

周囲の人に心を許せなかったり、
嫌悪感や憎しみに苦しんでいる場合、

まずは自分を振り返り、その
内面と対話することが必要なのです。

そしてそこで鍵になるのが、
性格心理学です。

自分の内面にもパターンがある。

これを知っておけば、
対話もスムーズにいくでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください