人生に居心地の悪さを感じる理由、自分自身を理解するコツ

現代社会は、ストレス社会と呼ばれます。

歴史を見ると、現代は
大いに発展しているようですが、

あくまで環境、技術が発展しているのであり、

私たちの心は時代を経て
幸せになっているとは
言い切れない気もします。

日常のささいな出来事の中で

なんとなく生きづらさを
感じる人は多いのではないでしょうか。

「周りの人たちと人間関係がうまくいかない」

「仕事も勉強も
一生懸命やってるのに
なぜかいい結果が生まれない。」

「頑張って努力するほど
なぜか空回り。。」

こうした重苦しい不安や辛さ
ストレスを抱えている人は
少なくないはずです。

職場でも学校でも、また家庭でも
いつも居心地の悪さを感じてしまう。

自分ではうまくやってるつもりで
摩擦が生まれたり、

思うような結果が出なかったり、

そんなつもりじゃないのに‥

と思うことがよく起こってしまう。

不本意な思いを抱き、
自分に自信をなくす人も多いです。

こうした思いを少しでも感じるなら
性格心理学を通じて人間を理解する
その視点を持ってみてはいかがでしょうか、

きっと思いがけない人生の転換に
なるはずです。

人は自分自身の中の摩擦
人間関係の摩擦にストレスを感じます。

ようやく入った会社なのに
与えられた仕事をうまくこなせない。

職場やクラスに自分の居場所を
なかなか見つけられない。

大切な家族のはずなのに、
つい口論して傷つけてしまう。

そんなストレスが積み重なると、

不登校、不良化、家庭内暴力
引きこもり、転職を繰り返したり
鬱症状を引き起こしたり、

様々な問題を抱える可能性もあります。

また永遠の愛を誓った相手なのに
結婚してから幸福になれず、

冷えた気持ちを引きづり
やがて離婚する。

誰と恋愛関係になっても
長続きできず、

短期間での別れを繰り返し、
心の傷を深める人も多いです。

こうした生きづらさ、
人生の居心地の悪さを感じてしまうのは、
どうしてなのでしょうか。

実はこうした感覚を抱く人に
共通する特徴があるのです。

それは

本当の自分自身を正しく理解できていない

ということ。

本来の自分の特徴を知らず、
人生の選択を間違えてしまい、
生き心地が悪くなり、

ストレスを抱えるのです。

サイズの合わない服を着て、
なれないトレーニングを無理やりする
といった感じと似た状態でしょうか。

こういう人にはまず、
自分に合ったサイズの服、
自分の体力に合わせたトレーニングを
選ぶことから始める必要があります。

また自分を理解できない人に
他人を理解することは難しいでしょう。

誤解、勘違い、すれ違いばかり
摩擦は徐々に増えてしまいます。

そして自分も他人も傷つける。

これから紹介する性格心理学を学べば、

本来その人の持つ本質を正しく理解でき、
自己表現力や他者に対する理解力が高まります。

つまり、

その人の心とより深く向き合い、
性格に合わせた正しい生き方を選ぶことができるのです。

これからくわしく紹介するのは、
著名な心理学者ユングの教えに基づいた
よりよく生きるためのノウハウです。

ぜひ楽しみながら読み進め
人生の向上につなげていってください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください