エニアグラムのタイプ1、サプタイプとしてのウイング(9と2)

エニアグラムのタイプ1改革する人の
ウイングとしては

タイプ2と9を持つタイプがあります。

タイプ9のウイングを持つタイプ1
理想主義者から説明しましょう。

健全

このサプタイプの人々は、

極めて洞察力があり、
賢明で洗練されています。

学究的にもなり、長期的関心や
大局的な状況にフォーカスを合わせた、
冷静で哲学的な姿勢を保ちます。

内向的で隠遁を好む性質もあります。

いわゆる「大衆」から
往往にして静かな自然環境に逃れる
といった気質でしょうか。

感情はあまり表現しませんが、
寛容で、親切で、思いやりがあります。

大概、自分が見つけた
自然や動物、無垢なものを何であれ
愛します。

物事を改善したいと望みますが、

別のウイングを持つ、
もう1つのサブタイプ(タイプ2)よりも
穏やかで、こだわらない雰囲気があります。

通常

理想主義的で、
自分の信じる改革をもたらすために
必要なタスクにはあまり関わりません。

いわゆる泥臭い仕事や
地道な作業を避けがちです。

このサブタイプの通常の段階の人々は、

自分の正当性を個人的に
説得しようとするよりも、
理想について語りたがります。

タイプ1につきものの怒りは、

別のウイング、もう1つの
サブタイプ(タイプ2)よりも
出にくく、

堅さや短気、皮肉として
表現される傾向があります。

このサブタイプの人々は、

1人でいることを好み、
人間関係という厄介なことに
関わらなくても済むように、

一人でいることを好み、
もう1つのサブタイプよりも
世離れしていて、

個人的関わりが少なく、
他人に軽蔑的でエリート意識を持ち、
人を見下す場合もあります。

タイプ2のウイングを持つタイプ1
擁護者から説明しましょう。

健全

このサブタイプの人々は、

理想や高次の原理を求めると共に、
他者への共感と慈愛を持っています。

別のウイングを持つ、
もう1つのサブタイプ(タイプ9)ほど、

純粋に理想主義的ではないですが、
人類の行方をより良いものとすることに
純粋に関心を持っています。

そして自分が支持する変化を
もたらすために、

もう1つのサブタイプ(タイプ9)
よりも現実的に関わります。

また、より明白に情熱的で
人との付き合い、政治的な関わりの
ギブアンドテイクを楽しみます。

このサブタイプの人々は、
他人をわざわざ説得して、自分の
主張や信念に関心を向けさせます。

通常

このサブタイプにおける
通常のレベル段階の人々は、

極めて行動的で外向的です。

自分が求める理想や改革のためには、
かなり強く主張し、パワフルになり得ます。

一人でも快適に過ごすことができ、
充電して考えるために

多くの一人になる時間が必要ですが、

他人との関わり、特に討論し、
自分の考えに磨きをかけるような付き合いを
活性化します。

このため、関わっている規模の違いはあっても、
自然に政治に長けることになります。

彼らは、自分が影響力を
与えていると感じるかぎり、
他人のニーズを重視します。

フラストレーションを感じているときは
批判的になり、イライラし、
かなり遠慮なくはっきり言います。

またもう1つのサブタイプよりも
気性が激しく、行動的です。

したがって人々や出来事に
フラストレーションを感じる
可能性も高くなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください