上司と性格が合わない?性格タイプを知れば付き合い方が変わる

会社で仕事をしていて、
一番苦労するのは実は、

人間関係がうまくいかない
事ではないでしょうか。

仕事自体が厳しくても、

上司がちゃんとみていて、
時折、労いの言葉でもかけて貰えば、

元気で仕事を続けることができたりします。

最近相談を受けた、
入社5年目の近藤くん(仮名)

一応会社にも慣れ、自分の役割を
自覚して仕事に取り組めるようになり、
自信もついてきた頃、

最近新しく配属された先では、
上司の係長としっくり行かず、

一気に谷底に突き落とされたような気分になり、
落ち込んでいました。

「この職場は甘くないから、
覚悟してやってくれ。

君は入社5年目ということだが、
もう一度新人のつもりでやり直すよう」

挨拶の時年配の係長はこう
厳しい顔をして言い放ったそうです。

「よろしくお願いします」

と近藤くんは言い返すも、

「よろしくはいいから、ぼやぼやしてないで
早速仕事に取りかかってくれ。

ここじゃ新人をチヤホヤしている
ほど誰も暇じゃないんでね。」

と上司からの言葉。

こんな調子の初対面に
近藤くんは度肝を抜かれます。

軍隊映画で出る鬼軍曹が悪役ぶりを見せる。

そんな印象を係長の言動に感じます。

ただ、課内の大半の人間も、
後で聞いてみると係長から厳しくやられているそうで、
一応安心したのですが、

近藤くんはこの係長とは
どうしても馴染めないとの事です。

どうしても身構えてしまい、
緊張してしまい、悪循環に。

係長に報告するときは、
念には念を入れてやるのだが、
ヘマをしてしまう。

また、係長も意地悪くらいに彼の
ミスや失敗を見つけガミガミ怒ります。

近藤くんはこれまでどちらかと言えば
のびのび育って来ました。

学生時代もリーダーとして
一目二目も置かれて来ました。

だからこうガミガミやられ、
みんなの前で叱責を食らうことは、
プライドが許さない。

しかしヘマをやっているのは事実で、
論理的に指摘されればぐうの音も出ません。

そんなことから彼なりに
色々と係長対策を考えるものの、
どうも良い知恵が浮かびません。

頭の中がやがて仕事のことより
上司のことでいっぱいになります。

近藤くんなりに誠意を尽くしてもダメなのは、
係長が性格異常者なのだと思ったりしたのですが、

自体はますます悪化して、いよいよ
辞表を書かなければとまで思い詰めます。

そこまで思い詰めていた近藤くんは
ある性格学の本をたまたま手に入れ読みます。

すると、その係長はある種の
典型的な性格であることが分かりました。

攻撃的で親分肌なタイプの係長は、
近藤くんのタイプにとっては
決して付き合いやすい人間ではないもの、

反面竹を割ったようなところもあり、
懐に飛び込んでくる部下をかわいがるところもある。
という性格でした。

それを知り、近藤くんは
心に余裕が持てました。

これまで許せないと思っていたが、
それもなくなり、係長のタイプを
理解できたことで、

逆に人間的興味を持つこともできました。

そして、

性格タイプにマッチして付き合っているうちに、

係長から個人的にお酒に誘われるほど、
意思の疎通が格段に上手くなったと言います。

一方的に性格を判断してしまい、
相手の性格タイプを全く理解せず、
毛嫌いしてばかりいては、

最終的には自分を追い詰めるだけ
になってしまいます。

相手の性格のタイプを体系的に知り、
そのポイントさえつかめば、

それが人間関係の行き詰まりの
突破口となるのです。

それが上司であれ、同僚であれ
後輩であれ、家族であれ、恋人であれ、

人間は千差万別のようで
性格パターンがあり、

それぞれ付き合い方の対応は違うのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。