エニアグラムの健全、通常、不健全の9つの段階とレベル

エニアグラムの各タイプには、

健全、通常、不健全

という3つの主な段階があります。

またそれぞれの段階にも
3つのレベルがあります。

つまり9つのレベルです。

健全な段階がレベル1〜3

高度に機能している側面を表します。

通常の段階がレベル4〜6

通常の行動を表しています。

私たちの大半はここで機能
していることが最も多いのです。

不健全な段階がレベル7〜9

これはかなり機能不全を表します。

また私たちの自由と気づきの
程度を表すものとして、

レベルを理解することもできます。

健全な段階では、

性格構造や自我の習慣ならびに
メカニズムの制約からもっと
自由になります。

つまり私たちは自由に
「今ここ」の瞬間にいることができるのです。

そして、自在な知恵、力、共感
などの肯定的な資質によって、

適切な選択をし、行動することができます。

けれども私たちはレベルを下がるにつれ、
自由が制限されていきます。

あまりにも性格のメカニズムと
一体化、同一化しているため、

完全にそれに突き動かされ、
自分自身にとっても他の人たちにとっても
苦しみが増えます。

現実離れし、状況について
バランスのとれた評価をしたり、

溢れる自我の衝動を止めることが
できなくなってしまうのです。

そして不健全な段階に
落ちていくことがあれば、

私たちはほぼいかなる
選択の自由もありません。

恐らく、低いレベルにおける
唯一の自由というのは、

同じ破滅的なパターンを続けるか、
助けを求めるかということになるでしょう。

人生にノーというか、
イエスというかということなのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください