MBTI性格タイプの歴史とスイスの心理学者カール・ユング

16タイプの性格診断という
性格タイプの考え方は、

スイスの心理学者
カール・ユングの考え方を基盤に、

のちに二人のアメリカ人
キャサリン・ブリッグスと

彼女の娘イザベル・ブリッグス
が打ち立てたものです。

ユングは精神分析学者でもあり、
ジグムント・フロイトの影響を受けました。

そして人間の行動は予測が
つかないように思えるが、

実際はその人間に特有の
精神的な作用や態度があり、

そこにはパターンがあり、

それを理解できれば予測が可能である、
と考えました。

一方で、

キャサリン・ブリッグスは、

人間の性格には似ているところも
全く違うところもあると長い間
考えていました。

そして、

1921年に出版された
ユングの『心理学的類型』の
英語版が1923年に発売されると、

熱心に読みふけり、ユングの
理論について研究を始めました。

そして、のちに娘の
イザベルとともに研究を深め、

ユングの考え方を基盤に、
独自の理論を発展させていきました。

これからこのテーマで紹介する、

性格タイプの基本的な考え方は、
キャサリン・ブリッグスと娘のイザベルが
確立した性格タイプ判別法MBTIを
基盤にしています。

そして二人は性格タイプを
16タイプに分けました。

もちろん、

だからと言って

人間ひとりひとりに個性があることを
否定しているわけではありません。

1つの部屋に100人の
同じ性格タイプの人がいても、

彼らはひとりひとり異なる人間なのです。

たとえ、性格タイプが同じでも、

親も違えば、性別も違うますし、
環境も、文化も違います。

これまで重ねてきた
体験も違えば、関心を持っている
対象も違います。

でもそれでも、

私たちの性格には驚くほどの共通点があります。

自分の性格タイプがわかれば、
こうした共通点を利用することができます。

ただし、性格タイプには
優劣などないことは、

ここで強調しておくべきでしょう。

良い性格があって、悪い性格がある。

ということはありません。

また健康的な性格タイプ、
不健康な性格タイプ

というものも存在しません。

性格タイプでIQが決まるわけでもなく、
成功が高い性格もありません。

ただどんなタイプであっても、

性格タイプを知れば、
自分の長所を伸ばし、やる気を持って仕事に臨み、
活気溢れる毎日を送ることができ、
成功することに役立てることができるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。