エニアグラムと宗教哲学の関わりとゲオルギー・グルジェフ

前回見てきたように、

エニアグラムのルーツそのものは、
諸説あるのですが、

エニアグラムの図形を
現代の世界にもたらしたのは、

ゲオルギー・イワノヴィッチ・グルジェフ

でしょう。

20世紀最大の神秘思想家と
呼ばれるグルジェフ、

謎の多い人生を送ってきた彼について、
専門家は様々な解釈をしますが、

現在でも有効な心理ツールとしての
エニアグラムですが、

彼がいなければ存在しなかった
かもしれません。

彼はギリシャ系アルメニア人で、
1875年に生まれました。
(当時、ロシア領)

若い頃から、秘教の知に興味を持ち、

「魂を変容する」
(サイキックトランスフォーメーション)
という完全なる科学が

古代人によって開発されたものの、
その後失われたと確信したそうです。

そして彼はその失われた
英知を探す旅に出かけます。

人間が変化し、進化する。
(トランスフォーメーション)

この失われた科学を回復したい
という情熱を共有する少数の
友人たちと共に、

グルジェフは見つけられる限りの
古代の知恵を集めようとしました。

こうして友人たちと共に、

「真実の探求者たち」
(Seekers After Truth–SAT)

というグループを作ったのです。

そして、それぞれが様々な
教えや思想体系を探求した上で、

定期的に集まり、
シェアグループのような会合を持ち、
お互いに学んだことを分かち合うことに決めたのです。

そして彼らは広く世界を旅しました。

エジプト、アフガニスタン、ギリシャ、
ペルシャ、インド、チベットなどを訪れ、

僧院や秘教の聖地で時間を過ごし、
古代の知恵の伝統について
できる限りのことを学んだのです。

そしてその旅の途中で、

アフガニスタンからトルコあたりで、
グルジェフはエニアグラムの
図形と出会うのです。

それ以来、彼は
自分とSATメンバーが発見したものを

独自に統合し始めるのです。

そんな長年の探求が終わり、
世間に発表し始めるのが、
第一次世界大戦の直前で、

それはサントペテルブルグ、
モスクワでレクチャーを始めました。

そしてすぐさま、彼は
熱狂的な聴衆を獲得します。

それが「ワーク」と呼ばれるものです。

また、のちに「ムーヴメンツ」と呼ばれる
神聖舞踏の公演も積極的に行われます。

今でもその舞踏ではエニアグラムの
図形が使われています。

当時、グルジェフが教えたシステムは、

心理学、スピリチュアリティ、
宇宙論にまたがる広大かつ複雑な
研究でした。

それは学ぶ人たちが、

宇宙における自らの位置と、
人生における目的を理解する
助けとなることが狙いでした。

グルジェフはまた、
自分の哲学の中で、

エニアグラムは最も重要で
中心的なシンボルであると教えました。

そして、

エニアグラム的に理解するまでは、

これはつまり、

あるプロセスの要素を、
エニアグラムの正しい点に正しく位置付け、
全体が相互依存的部分であることが分かる、

までは、何かを完全に理解したことには
ならないと述べたのです。

つまり、

この時点でグルジェフが教えた
エニアグラムというのは、

主に、

「自然のプロセスモデル」

であり、

心理学的な性格タイプ論

ではなかったのです。

スピリチュアルと科学(心理学)は
現在の社会ではきちんと融合されていません。

もちろん、これからあなたは
心理学ツールとしてエニアグラムを活用する、

それで間違ってはいません。

が、そのシンプルな図形の裏には、

ゲオロギー・グルジェフを始めとする
神秘思想に触れた人たちが、

人類の英知を探ろうとして、
体型されていったシステムである。

その背景に深い哲学があることを
少しでも感じながら付き合っていくことで、

エニアグラムの活用も変わることでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください