未来のビジョン、目標と目的を持って仕事に臨む効果、メリット

あなたは現在、何を目標に働いていますか?

…と聞かれ、

即答できるでしょうか?

大きな目標やボンヤリとした夢はあっても

意外と日々の行動まで目標を
落とし込めている人は少ないです。

しかし、

ビジネスで成功した人は
ほぼ例外なく、

日々の行動に目標を掲げ、
人生の向かう先を明確に見つめているのです。

未来のビジョンを明確にイメージすることで、

今現在の働き方や働く意味まで
大きく変わるからです。

さて、

ユダヤ人ビジネスマンの
偉大なる成功者の1人、

マイクロソフトの共同創業者である、
ビル。ゲイツさん、

彼は以下のように語ります。

「仕事における成功の秘訣は、
大きなビジョンを持てるかどうかだけだ」

…と、

彼は若き頃のある日
こんな目標を立てたそうです。

「すべての家庭、すべての机にコンピューターを」

それから数十年の月日が経ち、

彼の夢は見事に実現し、
世界は実際に変わったのです。

ビジネスの成功において、

目標の立て方がモチベーションなど
大きな要素を占めるのです、

目標を立てることで、

「今携わっている仕事」が
どんな意義を持つのか、

常に自分の立ち位置を再確認する
事ができるようになるのです。

そして現在の自分と未来の
あるべき姿のギャップを冷静に分析し、

その差を埋めるために

「今何をしなければいけないか」

を考えられるようになります。

そして、

ただ漠然と成功したい
と思うだけでは目標とは言えません。

「何のために成功したいのか」

その目標に向かう目的が大事なのです。

ある人にとってそれは
「自分の幸福のため」でしょう。

ある人にとってそれは
「家族」であったり、

そしてある人にとって
「世の中で困っている人を救うため」
かもしれません。

いずれにせよ、

この「何」にどんなものが
が入るかで、

目標を達成するための
モチベーションが大きく変わります。

ビルゲイツさんが、
目標を達成し、世界中の人々の
コミュニケーション手段を変えたように

「目標を達成することで
何を変えたいのか」

それを強くイメージできるかどうか
が成功のカギと言えるのです。

さてここで、

こうした華僑メンターは
孫子の計篇を引用し、

「兵とは国の大事なり。

死生の地、存亡の道、
察せざるべからざるなり」

と教えてくれました、

戦争は国家の一大事であるため、
為政者は慎重に熟慮する必要がある。

人生や仕事も同じく、
まずは道を歩むための目標を定めよ。

という事です。

仕事に臨むときに、

自分が働く目的をはっきりと
イメージできるかどうかで、

結果は大きく変わってくるのです。

与えられた仕事を漠然とこなすだけでは、

成長もなければ、モチベーションも維持できません。

成功した一流の多くも、
明確なビジョンを持ち、
その目標に向かいまい進するのです。

古代中国春秋時代に活躍した
兵法家の孫武は、

戦争という国の一大事には、

本当に戦争を行うのか、
どう戦うのか、

慎重に検討しろ

と強調します。

戦うための戦略を説く前に
戦争は国民に多大な犠牲を強いるものだから
できるだけ避けるべきだ

とも述べているのです。

兵法書の孫子は、
国を治める政治や人生の指南書として、

現代も多くのリーダーたちに支持されていますが、

その理由も「孫子」が単なる
戦いのノウハウではなく、

戦争を通じて統率者としての
あり方や組織の動かし方を論じているからでしょう。

そして、孫子にあるように

人生も戦争を起こす前に、

なんのために戦うのか
なんのために働くのあk、

そしてその先がどうなるかを
慎重に見極めなければいけません。

日本の戦争の歴史を振り返ると、

孫子の戒めを無視していた事がわかります。

例えば、

明治期の戦争(日清、日露戦争)は、

日本の独立を守るという
大きな使命がありました。

大きく強い目標、そして目的があったのです。

ところが、昭和期の戦争は
明確な目的もなく「盧溝橋事件」という
偶発的な事件から、

なし崩し的に戦争に突入したとされています。

何の目的もなく、取り繕うように定められた目標に、

日本は泥沼に足を取られるように抜け出せなくなります。

まさに出口戦略なき戦争です。

とうとう戦争終結のきっかけを掴むことなく、

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。