中国・兵法書に学ぶビジネスの戦い方、マーケティングリサーチ


ビジネスの世界では、

「どう動くか」というのは
非常に重要な判断になります。

どんな場合でも新しく
何か動き始めるときには、

態勢をしっかりと整えなければいけません。

闇雲に、適当に、無計画で
気の向くまま始めたら…

その計画は失敗し、資金は
すぐに尽きてしまうでしょう。

そんなリーダには誰も
ついていきたいとは思いません。

まずは市場調査をしっかりと行い、

どこにビジネスチャンスがあるのか
しっかりと見極める事は重要です。

また実行にあたって

自らに不足しているものをどう補うか、
ライバルとなる敵の力量の見極めなども
考えなければいけません。

そうです。

マーケティングがビジネスの肝です。

その戦い方によって勝敗は決まります。

戦う前にやるべきことをやらなければ、
成功することはできないのです。

タイミングが違えば結果が変わる

同時に、

「どのタイミングで動くか」

というのも大きなポイントです。

面白いことに、

同じ人員で同じ資金力で
まったく同じ事業をしても

タイミングが違うだけで
成功も失敗も分かれるのです。

例えば、

独立する、転職する、セールスをする、
新しく営業所を出す、新しく人を雇う、
新規のビジネスを行う、資金調達する、

…などなど、ビジネスの世界では常に
こうした大きな決断のシーンがが迫られます。

が、

その一手をいつ繰り出すか…

そのタイミングによって
局面は大きく変わるのです。

まさに

そして人類は、こうした
どう動き、いつ動き勝利するか

という行為を繰り返してきました。

これらの結果が最も顕著に
現れるのが「戦場」なのです。

戦争において、

敵にどれくらいの戦力があるのか
完璧に把握する事はほぼ不可能です。

そのような状況にあって、

こちらの戦力をどう整え、
どのような作戦を立て、
いつ動くか、

こうした的確な判断ができなければ、

それがいみするのは自軍の敗戦。。

つまり、

死を招く結果になるのです。

だからこそ戦い方を決める際の、

材料となるリサーチが生命線なのです。

軍師のマーケティングリサーチ

戦乱に明け暮れた古代中国、

その研究が盛んに行われ、
数多くの兵法書が世に送り出されました。

その代表『孫子』を筆頭に、

兵法書では、

敵、味方、地の利について
さまざまな状況分析と対処の方法を
説いてきたのです。

国家の興亡を担う緊張感の中から
生み出されたこれらのノウハウは、

時代を経て現代にいたるまで、

厳しい戦いを強いられるビジネスの
現場でも大いに役立つものなのです。

経営は現代の戦争と言えます。

華僑成功者がバイブルとする、
多くの一流経営者が兵法書を愛読する

そこに理由があるのでしょう。

軍の司令官、軍師たちは
マーケティング調査を徹底的に行い
いかに勝つかを常に考えていたわけです。

そのエッセンスを現代のビジネスに
活かすことは賢明な事でしょう。

孫子の語るビジネス正攻法

「勝兵は先ず勝ちて而る後に戦いを求め、
敗兵はまず戦いて而る後に勝を求む」

これは中国古典の兵法書の代表
『孫子』の形篇の言葉です。

『孫子』において孫武は、

「行動を起こすときには、

何かしら成功する見込みが
立ってから起こすべきである」

と説いているのです。

つまり、

戦いに臨む以前に勝算を見い出せるか
どうかで勝敗が決まるのだから、

何事も成功の見込みが立ってから
挑戦すべきである

という事でしょう。

これはビジネスの成功でも
変わらない本質でしょう。

うまく行かない人ほど、

何ら成功の見込みがなく、

ただ「何とかなる」とか
「やってみなければわからないし」

といった希望的観測だけで
先走ってしまいがちですが、

これほど危険なことは無いのです。

戦争において敗けることは死です。

現代社会では負けても死ぬことはありませんが、

それくらいの覚悟で臨まない限り
厳しい競争に勝つことはできません。

商売において、

「勝つ」ことは「売れる」
事にほかなりません。

新しい商品を世に出すときは
マーケティングリサーチを行い

どれだけのニーズがあるかを
調査することが肝心です。

もちろん、どれだけ調査をしても
結果はわからない部分はあります。

しかし、

事前にできることは徹底的に行う、

これは、

ユダヤ、華僑だけでなく
古今東西成功者の資質でしょう。

売れる見込みのない製品を
楽観的に市場に投入しても、

企業は損を被るだけ、

つまり敗者となってしまうのです。

勝負は事前に決まっている!

戦争において、

兵法書が説くのは、

戦いに臨む際には、

まず敵方を上回る戦力を準備すること。

これがまず第一なのです。

もちろん、正攻法から奇行、裏技
まであらゆる戦術は存在します。

中国の戦争の歴史上、あらゆる
戦略や戦術は編み出されてきました。

しかし、

事前準備が勝敗を分けるのです。

「もし勝利するための態勢が整わないとき、
戦いを避ける必要がある」

というのが兵法書の基本の基本なのです。

戦いに勝てるかどうか、
指揮官はあらゆる趣味レーションを行い、
勝利への道筋を立てるのです。

ビジネスリーダーの器もひとえに
この力量にかかっていると言えます。

自分にかかる責任が重くなるほど、

無数の勝敗の見えない戦いは
するべきではありません。

それは挑戦ではなく、
「無謀」なのです。

リーダーに求められるのは、

あらゆる策略を講じ、
勝利への道筋をイメージしたうえで、

勇気ある一歩を踏み出すことです。

そうです。

戦いは準備や計画の段階から
すでに始まっているのです。

マーケティングリサーチに長けた
人物は現代社会でも勝者となれます。

そして徹底した準備にこそ
勝利の秘訣が存在するのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください