人間の脳は熱に弱いので注意!高熱の脳へのダメージと悪影響


人体の平常体温(平熱)は、
通常36℃~37℃程度のごく狭い範囲にあります。
とは言え、一日のうちでも変化はあり、
昼間の11時ごろが最も高く、
早朝4時ごろが最も低とされています。

また臓器によっても熱は違い、
肝臓が最も高く、脳や腎臓がこれに続きます。
なぜ体温はこれほど狭い範囲に
保たれているのでしょうか?
生きている細胞というのは、
ある物質を他の物質に変換する
化学反応を数多く行ってきています。
これを代謝と言います。

そしてこの代謝に関わる酵素(エンザイム)は
37℃前後で正常に働くので、
この数値が平熱になっているのです。
そしてもし、体温が1℃上がると
多くの化学反応が約10%も
早く進むと言われています。
さらに50度を超えると
タンパク質の形が変性してしまうため、
酵素は本来の機能を果たさなくなります。
しかし、一般的に身体の組織は高温にも耐え、
例えば、マラソン中の体内深部体温は
41度を超える事もあります。

それでも体は持ちますが、
脳はそうはいかないのです。
脳は42℃を超えると機能は衰え、
45℃を超えると脳の神経細胞が
ダメージを受け変性し、
重大な障害を残す事もあります。
つまり、体温がこれほど厳しく
コントロールされているのは
何より脳の温度を一定範囲に
保つためなのです。

ちなみに病気の時に発熱するのは
身体が病気に対抗する為の
重要な手段です。
ウィルスは高温環境に弱いので、
熱を上げることで代謝を盛んにし
免疫細胞をたくさん作りウィルスと戦います。
なので解熱剤を使うべきではない
というのが私に意見なのですが、
とは言え、先ほども述べたように
42℃を超える場合では
脳の悪影響の恐れもあるので
解熱剤も必要かもしれません。

最近の研究では、脳が耐えられる限界は
42℃~43.5℃で60分
43℃で10~20分とされています。
人の脳が熱に弱い事は
体温が上がり過ぎる為に起こる熱中症の症状が、
頭痛やめまいと言った神経症状である
事からも分かります。
炎天下では帽子をかぶったり、
適切に頭を冷やす事は脳の健康にとっても大切です。

また真夏のスポーツや仕事では
暑さへの十分な対応が欠かせません。
しっかりと休息を摂る事は
熱中症などの被害を防げます。
またこまめに水分を補給し、
少量の食塩を溶かした水を飲むのも
大切な習慣と言えるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください