ストレス、悩みのサインの早めに気づきスランプを脱出する方法


人体には優れた機能があり、

身体や心に不調があれば
それは痛みという形でサインとして
教えてくれたりします。

例えば、

頭痛というのは内臓や器官の
ちょっとした不調を教えてくれる
サインであったりするのですが、

多くの人はそれをサインと捉えず
痛みを対処して消してしまおうと
頭痛薬を飲んでしまいます。

それで病気のサインに気づかず
悪化してしまう事もあるのですが、

火災報知器がなっているのは
どこかで火事が起きていることを
知らしてくれているもの、

その音がうるさいと、
音を消してしまったら、

問題は大きくなってしまいます。

目の前のことに対処して、
根本的な原因が見えなくなる。

これはよくあることです。

そして体の不調のサインだけでなく
心の不調を知らせるサインも
なかな見えないものです。

早めに気づくのが秘訣

悩みやスランプというのは
そういったサインでもあるのです。

誰しもが不調な自分を
自覚するのは辛いです。

だから多くの人はそれを無視して
見ないふりをしようとしてしまいます。

でも…

ストレスや悩みのサインの早めに気づき
スランプを脱出するのが得策です。

悩みというものは
自分では気づきにくいものです。

もちろん

「ちょっと変だな」
「いつもと違うな」

という自覚症状はありますが、

自分ではそれが具体的な悩みと
自覚しにくいものですね。

「疲れているの?」
「最近大丈夫?」

と人から言われると

「最近、急が忙しかったから
疲れているのかな、イマイチ
結果がでないのはその成果も」

などと、

自分の不調を疲れのせいにしたりします。

根本的な原因はほかにあるのに、
疲れや忙しさのせいにしてしまう。

気づくといつの間にか「悩み」
という沼に足を取られてしまっている。。

実はストレス、悩みにも
サインがあるのです。

だから早めに対処するのが
賢いやり方と言えます。

スランプはなぜ起こるのか?

いつもと同じように仕事をしているのに
半分くらいしかはかどらない、

タイミングがずれているのか、
仕上がりが良くない、

一年のうちに何回かは本調子とは
ほど遠い状態になる事はあります。

いわゆる「スランプ」です。

スポーツ選手などがスランプに陥り
活躍できないことは、

ニュースなどで耳にしますが、

私たちにとっても
スランプはあるのです。

1年365日、ハイレベルの
エネルギーを出し続ける事は
難しいものです。

人間にはバイオリズムがあるのですから、

毎日完全、完璧などと
言う事はあり得ません。

ただそういうときこそ

「もっと頑張らなければ」
「努力が足りないのだ」

と自分に発破をかけてしまいがちです。

調子が良くないときは
本来の成果が出ないときです。

そういうときにいつもの
成果を得ようと思ったら、
より長い時間をかけなければなりません。

しかし長い時間をかければ疲れて、
身体の調子が悪くなる。

さらに調子が悪くなって
成果が出ない…

このようにスランプの罠に
はまってしまうのです。

アスリートでも
無理をして急いでしまえば、
怪我をしてしまうように、

私たちも大きな問題を抱えてしまいます。

悩みとスランプの意外な関係

実はスランプになっている事に
本人は自覚があまりありません。

自覚がないから、
自分にむち打って頑張ってしまうのです。

頑張りすぎた結果、罠にはまって、
ようやくスランプに気づくのです。
そしてストレスや悩みが深くなります。

しかしここで、
逆説的なのですが、

スランプを解消する一番の方法は、
実は自分がスランプだと気づく事なのです。

スランプの原因は、
心身のバランスが崩れている事です。

「健全な精神は健全な肉体に宿る」

と言われる通り、

身体が健康でなければ
心も豊かになります。

心身のズレがいつもと同じ
パフォーマンスを出せなくなります。

だからこそ解決策として
アドバイスできるのが、

「今日はいつものような成果が出ないな」

そう思ったら、心と身体の
どちらかが疲れているのです。

だからどちらかを
休ませてあげれば良いのです。

この時、身体か心か
どちらを休ませてあげるか、
きちんと見極めなければ行けません。

もちろん相乗効果はあるのですが、

心が疲れているときは
身体の手入れだけをしても
スランプの解消にはなりません。

身体が疲れているときに
心を休ませても同じ事です。

心が疲れているときは
部屋でじっくり休むよりも
遊園地に行ったり、旅に出たり
楽しい事をすると回復するかもしれません。

なのに部屋に閉じこもれば
ますます心が疲れる事もあります。

逆に身体が疲れているならば、
部屋でゆっくり映画を見たり
温泉につかって休むべきなのに、

「遊びにいけば元気になるだろう」

と無理をしてしまえば
身体が壊れるかもしれません。

自分の心と向き合う事

ではスランプに陥った時
心と身体のどちらを休ませれば良いのか?

その答えを知っているのは
自分だけです。

自分自身に向き合って、
かつ注意を払っていれば、

今どちらがスランプなのかは
自ずと分かるはずです。

このスランプこそが悩みのサインなのです。

スランプというのは自分自身の力が
正常に働いていない状態です。

身体であれ心であれ、
どちらかが作動していないから、

パフォーマンスが発揮できない、
自分自身の力が発揮されないのですから、
原因は必ずどこかにあります。

その原因こそが悩みなのですが、
それに気づくかどうかによって
自分自身の力が回復

できるかどうかに影響します。

ストレス、悩みは解決できるものです。
でも、気づかなければ解決しようもありません。

原因が分からずに
解決策を求めてあれこれ
無駄に探しまわる事になりかねません。

だから自分と向き合うのが
何よりも大切なのです。

そして適切な対処をしてあげれば
人生はストレスフリーの
楽しい物になるでしょう。

悩み自体はチャンスなのです。

ただそのチャンスに気づくか気づかないかで
その後の自分自身のあり方、
生き方が変わってします。

そうであるならば、
気づくのは早いに越した事はありません。

ストレス、悩みに気づくサイン、
それがスランプなのです。

自分では悩んでいる事に気づきにくいものです。

普段上手く行く事が
できなくなったらそれがサインと
心得て適切な対処をしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください