悩まない人、悩んでいる人、悩みがない人、悩みやすい人の特徴


人には悩みを抱えたら
自分だけが抱えている…

と思い込む傾向がありますが、

これは冷静に客観的に見れば
色々なパターンがあることが分かります。

このテーマで何度も言うように、

悩み自体は誰にもありますが、
その対処は人それぞれです。

悩んでいる人、
悩まない人の特徴には
どんな違いがあるのでしょうか?

悩んでいる人を観察すると、
ある共通のパターンが見えてきます。

それは

「立ち止まって、一歩を踏み出せていない」

ということ、

逆に悩まない人は
とにかく先ず先に動いています。

そして何か問題にぶつかると
そのときに考えるのです。

何も考えずに先ず行動してしまう、、

もちろん人間のする行動のすべてが
良い方に転ぶと言う事はありませんが、

考えすぎて何も動けない人
よりも得るものがたくさんあります。

行動する前に考える…
先ず動いてから考える…

どちらもメリットデメリットがあり、
どちらが良いとは一概に言えませんが、

悩みを解決する上では
断然後者の方がお得です。

なぜなら行動せずに
問題は解決しないからです。

悩んでいる人の特徴

であれば、

行動すれば、はるかに
解決の確率が高まります。

悩んでいる人の特徴は、
例えば仕事が山積みになっていて
納期に間に合わないかもしれない

…そんなときに

「どうしよう、、どうしよう、、」

とフリーズしたまま
うんうんと唸りながら考えている。

しかも目の前の問題を
どうすれば回避できるかを
一生懸命考えているうちに

さらにまた他の仕事や、仕事以外の
おつきあいなどが入ってきてしまい、
がんじがらめ、、

こうしてひとつの問題を
処理しないうちに、雪だるま式に
課題が大きくなってしまうのです。

余計動けなくなります。

或はいかに、自分が大変で
厳しいかを自慢するように

二言めには「お金がなくて」
などと愚痴や不平不満を言う人も
悩んでいる人の特徴と言えます。

「家のローンがあって大変」
「子供の養育費が大変」
「給料が減ってしまった」

悩んでいる事を周りに
アピールすることで悩みを
大きくしている人の特徴とも言えます。

当然どれだけ不平不満を言っても
その悩みが解決される事はありません。

口だけでは何も変わらない

もちろん実際にお金がなくて
生活に困って悩んでいる人はいますが、

注意してほしいのが

「お金がない」「お金がない」

と口癖のように
つぶやいてしまっている人は

自らお金に見放されているような
行動をしているのです。

人の発言と行動は繋がっています。

お金の悩みがない人は
出費がかかるときには

「お金がかかって大変だよ…」

とは言わずに、その出費をまかなう
収入を上げるための行動を起こしているか、
出費を減らす行動に移ります。

愚痴を言っても現実は
変わらないと分かっているからです。

そしてこの差が潜在意識で
大きな結果の差を生むのです。

動かずに立ち止まってしまえば、
さらに悩みが大きくなる

負のスパイラルに陥り、
あまり考えずに動けば
悩みは解決される可能性があり、

それが上手く行けばそれをきっかけに
更なる正のスパイラルに入れます。

なぜ子供は勉強をしないのか?

小学生の子供が遊んでばかりで
宿題をやらない時、

たいていの大人は

「なんでやらないの!」
「勉強しなさい」

何ど頭ごなしに怒鳴ります。

しかし、

ここで賭けてもいいですが
それでおとなしく勉強して
成績が上がる事はありません。

怒られるほど逆に反発して
余計に勉強をしなくなります。

そんな姿を見て親は

「うちの子は本当に勉強しなくて困ったもの」

と頭を抱えて悩んでしまいます。

以上のような事例で悩んでいる人は

もちろん直面している事態を
何とかしようと思っているのですが、
何かが足りないのです。

悩んでいる人に足りない特徴

悩んでいる人の足りないものは
あれもこれもいくつもある訳ではありません。

たったひとつの要素です。

そうです。

もうお気づきかもしれませんが、

それが「半歩踏み出す事」

つまり行動です。

行動せずにいつまでも
悩みの震源地にいるからこそ、
悩みから抜け出す事ができないのです。

悩んでいる人はそれが分からないのです。

半歩でも踏み出せば状況は
変わるかもしれないのに、

その悩みがずっと続くかのように
思ってしまっている。

だから余計に踏み出す事ができないのです。

先ずは半歩先に飛び出してみよう

なぜ行動がとれないのでしょうか。

本当は自分がしたいことは分かっていて
心の中で決めていたとしても、

その結果、吉と出るか凶とでるか
それが分からないから悩みます。

100%上手く行くと分かっていたら
悩む必要はなくすぐに行動に移せます。

でも、先が見えないから悩みます。

ただそれでも前に
進んでみなければ分かりません。

その場にいて悩み続けても、
たとえ何も起こらなくても少しずつ
ストレスなどに襲われ消耗していきます。

しかし行動すれば吉でも凶でも
何かしらの結果が出ます。

たとえ凶でも、
立ち止まるよりはマシなのです。

私自身が悩みについて
考えるようになったのは、
自分自身が悩みやすいタイプだった事、

そしてそれを克服しようと
様々な事を試した経験から、

そしてその経験を人に伝えるうちに
多くの人から相談を受けるようになりました。

そういった悩みを抱える人と
接していくうちに、

見えてきた悩みの特徴
というものがあります。

それは

「1つとして同じ悩みはない」

ということ、

100人いれば、100通りの
1万人いれば1万通りの悩みがあります。

1人の人間の中にも
いくつもの悩みがありますから、

この地球上には人口の
何倍もの悩みが存在しているのです。

だからこのサイトでもその悩みの
解決方法を全て伝えるのは不可能です。

でも、その要素を抽出すれば、

悩まない人、悩んでいる人、
悩みがない人、悩みやすい人の特徴
色々ありますが、

しかしその数多くの悩みにも
たったひとつ共通点があります。

あれこれ考え過ぎて
行動ができていないという事です。

行動の全てが解決の道につながる

というほど人生は甘くありません。

しかし、

行動すれば何かが変わります。

その積み重ねが解決の道なのであれば、
行動のスピードと量を増やすのは
良い方法ではないでしょうか。

行動するのに勇気が持てないこともあるでしょう。

でも一歩踏み出す必要もありません。

先ずは半歩踏み出してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください