恋愛の幸福感で精神力が高まる、ストレスやウツの解消の効能


ストレス社会と言われる現代社会、
うつ病が増加し、自殺率も下がりません。

ストレスのイライラによる
事件も多発しています。

現代社会の抱える根深い問題です。

国や企業も偉い学者もなんとかこの
対策をとろうと色々なことを試みています。

が、ここでストレスフリーで
人生を楽しくするのは簡単です。

誰かに恋をすればいいのです。

恋愛をすれば人生がばら色になります。

精神力を上げる効果的な方法は、
恋愛をする事なのです。

ストレスフリーな生き方の秘訣、その57
「恋愛の幸福感で精神力が高まる」

これは誰でもそうなのです。

オハイオ州立大学の
テリー・ペティジョーン博士は、

150名の大学生に対して、

「あなたはどういう時に
人生に幸福を感じるのか?」

というアンケートを取ってみた所、
すると一番多く挙げられたのが、

「恋に落ちる事」であり、

男性の64.9%、女性の87.6%が
恋愛をすれば幸福であると答えたのです。

無料で難しい理論もいらず
カウンセラーにかかる必要もなし
抗うつ剤のように副作用もなし、

まさに万能の特効薬なのです。

自然と幸福感が湧き出る仕組み

人体は内分泌系器官から
ホルモンが分泌します。

これはほんの微量で作用し
一気に生体作用を変化させます。

ストレスもストレスホルモンに
やられてしまっている訳です。

そのストレスホルモンに
一気に対応するホルモンを出すのが、
恋愛なのでしょう。

恋愛をすればたいていの
悩みやストレスは吹き飛びます。

恋愛をしていれば、上司に怒られようが、
取引先の担当者に悪口を言われようが、

出社時の通勤ラッシュも、
何もかもがへっちゃらになるのです。

まさに人生がルンルン状態。

自然の笑みがこぼれてしまいます。

つまり精神力が高まるのです。

これが恋愛の効能なのです。

上司に怒られてしまったとき、
それを気にし過ぎる人は、

元々神経質という部分も
あるかもしれませんが、

恋愛をして幸福感を感じていれば、
例え怒鳴られていようとも、

「はいすいませーん♪」などと
軽く受け流せるのです。

仕事のモチベーションを上げる

さらに恋愛には
ストレスやウツの解消の
効能もあると言われています。

イギリスにある
シェフィールド・ハラム大学の
ジョン・モルトビー博士によれば、

「恋愛をするとウツが治る」といいます。

博士が18歳から53歳までの
200名の男女を対象にして調べたところ、

恋愛をしている人でうつ病に
なる人はほとんどいなかったそうです。

精神力が弱い人は、
恋愛をしていないからこそ
弱いのかもしれません。

恋愛というのは、
私たちに全能感のような錯覚を
引き起こす効能があり、

「自分はモテル」
「自分は素晴らしいんだ」
「自分は成功できる」

などと言う思い込みを
強化してくれます。

「なんだか最近いい恋愛をしていない」

と言う人は、実は仕事の効率も
それほど上がっていないのかもしれません。

恋愛をすれば仕事のモチベーションも上がり、
成果も自然と上がってくるのです。

パワフルでエネルギッシュな人生

毎日楽しく暮らすためには、
精神力を高める必要があり、

そのために恋愛は不可欠な要素であり、

恋愛がうまくいかない人は、
仕事も上手くいかず、
ストレスに負けてしまうのです。

人生の楽しさを感じるのは
幸福感を感じるのは恋愛にあります。

恋愛というのは精神と体を
活性化させるエネルギーをもたらしてくれます。

精神分析の祖フロイトは、
性欲と言うのが人間の根源的な
エネルギーとみなしました。

まさに炯眼と言うべきであり、
恋愛体質で惚れっぽい人の方が、
パワフルでエネルギッシュなのです。

「英雄色を好む」というのも、
まさにそういう事なのです。

異性に興味がなくなったと言う事は、
人生に対する満足度が減ったということであり
精神にとってあまり好ましくない兆候なのです。

独身の人は出会いを求めてましょう。

パートナーがいる人は
デートを楽しみましょう。

「もう夫(奥さん)には燃えない…」
という人であっても、

ここで言う自分の精神力を高める
恋愛は一方通行でも良いのです。

テレビに出る俳優に恋をする
でも心は確実に変わっていきます。

何歳になっても恋愛を続ける。

ストレスやウツの解消の効能もあり、
これが毎日を楽しく暮らす秘密なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください