学歴コンプレックスの心理的特徴、学歴の悩みを克服する方法


「社会に出てビジネスマンとして
活躍するために必要なのは
自頭の良さであるからこそ、

テストでうまく点を取るだけの
技術があるだけの勉強は意味がない!」

と学歴不要論も叫ばれる中、

良い会社に入り、良い仕事にありつくために
1つの武器になるのが学歴というのも
やはり事実のようです。

そして、

社会人になって、意外に多いのが
学歴コンプレックスに悩む人です。

これは男性に多く、
とりわけ同じ職場の周囲の人たちに
高学歴ばかりの人がずらりと揃っていると、

強いコンプレックスを感じるようです。

ストレスフリーな生き方の秘訣、その56
「学歴コンプレックスを克服する方法」

厄介な心理的特徴を持つ悩みです。
普段はそれほど意識しなくても、

時折
「何でもっと勉強しておかなかったんだろう」
という強烈な後悔に襲われ、

そして学歴の低い自分のことが
どうしても許せなくなる特徴があります。

学歴を周りと比べてしまうのが

ストレスフリーで生きる上で
なんとかこの学歴コンプレックスを
克服するのは大切と言えるでしょう。

とはいえ、
学歴コンプレックスに悩む事は、
それほど珍しいことでもないのかも知れません。

イリノイ大学のニール・ローズ博士は、

「後悔をもたらす人生の出来事」

として発表した11この論文を
総合的に分析しなおした所、

第一位に挙げられたのが

「教育」

であったそうです。

ローズ博士の調査によれば、
なんと31%もの人が、自分の教育に
関して後悔しているそうなのです。

10人に3人は
「もっと勉強しておけばなあ」と
後悔していることを示すデータです。

たしかに学歴コンプレックスを
抱える人が多いのもうなずける話です。

ついでの2位以下を紹介すると

「キャリア」を挙げた人が22%
「恋愛」を挙げた人が15%
「養育」を挙げた人が10%

その他が5.47%だったそうです。

「もう少し勉強しておけばよかった」

と言う後悔は、わりと大多数の人が
考えるようですが、

それが病的なまでに大きくなり、
後悔の念が自分を苦しめるのだとしたら、

そういうコンプレックスを
克服する為の行動に出る方がいいでしょう。

学歴コンプレックスは克服できる

学歴コンプレックスの
心理的特徴を踏まえた上で、

学歴コンプレックスを克服する
具体的な方法としてアドバイスできるのは、

社会人向けの大学、
或いは大学院に入学し直すのです。

国内の大学でも
海外の大学でも構いません。

会社によっては、留学費用を
負担してくれるところもあるでしょうし、

もしそういう幸運にありつけるのであれば、

自腹を切らずに、
高学歴の肩書と、学位と、
知識が手に入るのです。

そしてコンプレックスも克服できます。

最近では社会人向けの
大学はどんどん増えています。

大学としても、現場のビジネスに
もまれた社会人の知識と経験は
役に立ちますから、来て欲しいでしょう。

学歴コンプレックスを抱える人は

「そんなこと気にするな」

などと他人から励まされても、
恐らく癒されないでしょう。

本当に欲しているのは
現実的な解決法だからです。

だからこそ、余計なことを考えずに、

さっさと社会人向けの大学や
大学院の募集要項でも取りよせることです。

社会人こそもう一度学校へ行こう

しかもありがたいことに、
社会人向けの大学や大学院の入試では、

小難しい受験勉強を
必要としない事も多いです。

面接だけ、或いは研究計画書を
1枚だけ提出すればいい
と言うだけで済む場合も多いのです。

調べてみると意外と簡単なのです。

もう二度と取り戻せない
失ったものに対して感じるのが
強い後悔ではないでしょうか。

しかし、

学歴は取り戻せるのです。

もし学歴コンプレックスを克服したいなら、
自宅から通いやすいとか、

会社のそばにあるとか、
色々な条件を勘案しながら、
是非勉強し直してみることをおススメします。

学歴コンプレックスの
心理的特徴を踏まえ、

学歴の悩みを克服する方法を
ぜひ参考にしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください