自分で決めれない事がストレスになる、自分の決断のメリット


こんな寓話があります。

ある旅人が、ある町を訪ねたとき、
道の脇で険しい顔をしてレンガを積んでいる
男と出会います。

旅人は聞きました。

「ここで何をしているのですか?」

男はこう答えます。

「見ればわかるだろう。レンガを積んでるんだ。

朝から晩まで、俺はの仕事はここで
レンガを積まなきゃいけないんだ。

気楽な旅人のあんたには
分からないだろうけど、

暑い日も寒い日も、雨の日も風の強い日も、
一日レンガ積みさ。腰は痛くなるし、手は擦り切れる」

なんでこんなことばかりなのか、
俺の人生まったくついてないね。」

と…不平ばかりを口にします。

旅人は、その男に慰めの言葉を残して、
さらに歩き続けます。

するともう少し歩くと、もう一人
一生懸命レンガを積んでいる別の男に出会った。

先ほどの男とは違い、その男は
辛そうには見えなかったので旅人は尋ねます。

「ここで何をしているのですか?」

男はこう答えました。

「俺はね、大工でね。
ここに大きな壁を作っているんだよ。
これが俺の職業なんでね。」

「大変ですね」と旅人は
いたわりの言葉をかけますが、
男からこう返ってきました。

「なんてことはないよ。この仕事の
おかげで俺は家族を養っていけるんだ。

俺はここでこうやって仕事があるから
家族全員が食べいくことに困らない。

大変だなんて言っていたら、バチがあたるよ」

旅人は、男に励ましの言葉を残して、
さらに歩き続けます。

また、もう少し歩くと、
また別のある男が嬉々として楽しそうに
レンガを積んでいるのに出くわしました。

旅人は興味深く尋ねた。

「ここで何をしているのですか?」

男はこう答えます。

「ああ、俺たちは、ここに歴史に残る
偉大な大聖堂を造っているんだ!」

「大変ですね」と旅人は
いたわりの言葉をかけますが、
男からの言葉は意外なものでした。

「大変だなんてとんでもない。
この教会にやがて世界中から人がきて、
ここで多くの人が祝福を受けられるんだ。

本当に素晴らしいだろう!」

旅人は、その男にお礼の言葉を残し、
また歩き続けました。。

全く同じ仕事をしていても、
それぞれ感じ方がまるで違うもの。

この寓話は現代社会を生きる
私たちにも非常に教訓となります。

自分の道は自分で決める

ストレスフリーな生き方の秘訣、その30
「自分で決めれない事がストレスになる」

先ほどの寓話のレンガを積まされている…
と愚痴った男と同じようなストレスを
抱えている人が現代も増えているようです。

最近私の知人の息子さんが
反抗期隣悩んでいるそうですが、

きっかけは恐らく受験勉強にあります。

受験でストレスを感じることもの特徴は、
親や先生からそれを強調されている事です。

そういう子供に

「どうして、その学校に進学したいの?」

と質問すると、決まって

「親が、そこにしろっていうから・・・」
「先生がそこでないとだめって言うから」

と答えるのです。

可愛そうな事に、
自分の希望ではないのです。

自分の進路でさえ、
本人が決められない時
私たちは無気力になるのです。

つまり自分で決めれないことが
ストレスになるのです。

なぜ?と自分に問いかけてみると

これは仕事でも当てはまります。

「あなたはどうして仕事をしているの?」

と質問されたらどう答えるでしょう。

「上司がそれをやれっていうから、」

と答えるでしょうか。

それとも

「家族を養うためにしかたなく」

などと答えませんか。

もしそうであれば
仕事が楽しめるわけもありません。

ストレスフリーで仕事する為には、
上司や、家族の事は、

最終的にはどうでもいいことなのです。

余計な事は考えずに

「自分がやりたい事」

に突き進むのです。

他人があなたに対して
それを望んでいるとしても、
自分が嫌なら拒絶するのです。

大丈夫です。
あなたにはその権利があるのです。

個人の尊厳も、職業選択の自由も、
法律で認められているのです。

決断を他人に委ねない

自分が大工としての誇りがあれば、
レンガを積む仕事は誇りある仕事に変わります。

さらにそれがビジョンを持つ
目的意識を持った作業になったとき、
レンガ積みの仕事は人生の喜びにもなるのです。

やることは同じでも
ちょっとした考え方の違いで、
気持ちは大きく変わるのです。

自分の道は自分で決めるのが
ストレスフリーの生き方です。

マサチューセッツ大学の
ジャノフ・ブルマン博士は、

周囲の人たちが
自分に対して望む事、

自分のしたい事にギャップがあると、
それだけで人生が楽しめなくなることを
実証しています。

実際、生きる上での満足感が
減るようです。

確かに親の庇護を受けている子供は
受験に当たっても、少なからず親の意見を
聞かなければならないかもしれません。

すべての援助を受けているので、
恩を返すうえでも、親の言う事を
聞かなければならない面はあるでしょう。

例え強要されるにしても、
現実には仕方がないという面もあるのです。

しかし社会人の場合はどうでしょう。

外部から受ける強要を拒んでいは
いけない理由などどこにもいません。

少なくとも、子供に比べたら
遥かに自由度が高いのです。

「生きていくうえでは
お金を稼がなければいけないから、
そのために嫌な仕事も仕方ない」

などと自分を納得させていないでしょうか?

それはませに奴隷根性です。

嫌なものは拒絶する方が自然です。

自分で決めれないことがストレスとして
心身を傷付けて行くのです。

自分の人生は
自分で決めるようにしましょう。

自分の決断こそメリットがあるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください