仕事中に音楽を聴くとリフレッシュされ身体も心も癒される


私たちには五感という
センサーがあります。

視覚、聴覚、嗅覚、味覚、体感覚…

このセンサーが快を感じるか
不快を感じるかで、

私たちの精神に大きな影響を及ぼします。

この仕組みをあえてうまく
コントロールすることで、

私たちはストレスをうまく
対処することが可能になります。

そこで、

ストレスフリーな生き方の秘訣、その11

「仕事中に音楽で心を癒そう」

これはオススメの方法です。

サラリーマンの仕事の
大部分は管理されているので、
ストレスがたまってしまいますが、

よく考えれば100%
管理されている訳ではありません。

ある程度の自由裁量が許されています。

その部分を上手く使う事で
ストレスフリーで毎日を
働く事も可能になります。

管理社会をうまく生き抜く方法

工業化社会から情報化社会へ移行し、
働き方もだいぶ変わってきています。

チャップリンの映画で見た
ロボットのような流れ作業の
ルーティンワークを永遠とやらされる
といった仕事はだいぶ減ってきています。

休憩時間があったり、
自分なりの仕事のやり方も
ある程度まで許容されています。

服装や働く場所の自由な
職場もあるそうですから、

以前と比べれば超管理社会
ではなくなってきているようです。

とは言え、

やはり多くの人は仕事中
自由気ままに動くわけにはいきません。

管理された仕事で
窒息してしまいそうな時に、

自分の好きなことをうまく
仕事の合間に挿入するのが秘訣です。

いつでもどこでも気軽に・・

これがポイントなのですが。

そんな時に気軽に楽しめる
音楽というのは心を癒す最適な手段です。

好きな音楽を聴けばリフレッシュされ
身体も心も癒されるからです。

イヤホンから癒しを注入する

移動時間、電車やバスで
勤務時間中に移動する時は
自由な時間です。

通勤時間も、
会社に出向くという意味では、

管理された時間ではありますが、

自由度が高いので
自分の好きなことができます。

電車の中でビジネス書を読み
仕事のスキルを上げようとする態度は
もちろん素晴らしいものですが、

そこまで頑張りすぎるのも
どうかと思いいます。

本を読むのも良いのですが、
通勤時にあまり疲れるような事は
避けた方が楽に仕事ができるでしょう。

そこで一番良いのは、
好きな音楽を聞きながら
楽しい気分で職場に向かう事です。

仕事中でも、
できるのであれば音楽を聞いて
作業ができるくらいの自由度は持ちたいですね。

好きな音楽を聴けば
ストレスは軽減し、やる気も出てきます。
心身がリフレッシュされるのです。

イリノイ大学の
グレッグ・オルドハム博士の実験で
興味深いものがあるのですが、

ある小売店で
従業員の半分の人には
勤務時間中であっても

カントリー、オールディーズ、R&Bなど
自分の好きな曲をヘッドフォンで聞きながら
仕事をさせてみました。

普通に働く残り半分の人と
勤務にどういう違いが出てくるのかを
比較して見たのですが、

4週間後、
好きな音楽を聞きながら
仕事をしたグループでは

仕事の自信を持ち、
しかも生産性を高めることが分かりました。

好きな音楽を楽しもう

彼らは

「自分なりに仕事をコントロールできる」

という事から、
自信が向上したのです。

一方で、音楽を聞かせてもらえない
グループではそれまでどおりでした。

この実験が示すのは、
仕事中における自由度が大きくなれば
それだけメリットがあると言う事。

自由奔放に社員の自主性に任せるのは
生産性が上がると言うのです。

ただ現代の管理社会では、
自由奔放に働くのも難しいので、
少なからずとも管理されるのは避けられません。

しかしちょっとその管理に
息がつまりそうな時には

自分の好きな音楽をヘッドフォンで
ガンガンかけて聞いていれば、

ストレスが解消され、心がいやされ、
気持ちもスッキリするはずです。

誰にも迷惑をかからないし、
だいたいどんな曲も5分以内に終わります。

この一曲でリフレッシュする
と決めて音楽に没頭すれば、

心のちょっとした充電になるのです。

先ほどの実験のように、
勤務時間、仕事の間にでも
音楽を楽しめるのが理想ですが、

せめて通勤時間や休憩時間
或いは帰宅した後など
リフレッシュされるために
好きな音楽を楽しむのはおススメです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください