職場での人間関係の板挟みのストレスから上手く脱出する方法


人間関係は面白いもので、

マンツーマンでの関係に
誰かが加わるだけで空気が
ガラッと変わるものです。

仲の良かった友人同士でも、
それが友人グループになると、
変な摩擦が起こったりします。

これをよく覚えておきましょう。

ここでストレスフリーな
生き方の秘訣、その7として

「職場での人間関係の
板挟みから上手く脱出する」

仲睦まじい夫婦でも
嫁姑の確執があれば
夫は苦労してストレスを抱えます。

自分の母親に対しても、
妻に対しても

どちらにもいい顔をしなければ
ならないからです。

職場においてもそんな
人間関係の板挟みでストレスを
感じることがありますね。

例えば、

部長と係長の仲が悪かったりして、
自分がその間で微妙な綱渡りを
要求されるようなケースがあります。

まさに嫁姑の板挟みにあう
夫の心境のようなものです。

ここで1つアドバイスがあります。

人間関係の真ん中に立つ時

こうした摩擦の中普通の人は、
二者択一を選択してしまい、

例えば職場ならば

部長派になってしまうか、
係長派になってしまうかをして、
自分の立場を鮮明にするでしょう。

これはある意味で、
戦いになるということ。

勝者であれば敗者であれ
勝負になればどうしても
お互いが傷つきあってしまいます。

しかし、

ここでストレスフリーな働きをするために
なんとかどちらにも「いい顔」を
する事はできないでしょうか?

こう言う時には

「善意の嘘」

という方法が使えます。

あなたが仲の悪い二人の
真中に立たされた時には
二枚舌でも、三枚舌でも、
なんでも使えばいいのです。

仲の悪い二人のお互いが
お互いに好意を感じられるような
嘘を仲介者であるあなたが
どんどん吹き込んであげるのです。

嘘で仲良くなるのであれば

例えば、部長の前では

「係長は部長の仕事ぶりに
憧れているような事を言っていましたよ」

というような聞いて
嬉しい嘘を語ってあげ、

逆に係長に向かっては

「部長が係長の会議の進め方に
すごく感心していました」

という嘘をついてあげるのです。

間違っても、

「部長が係長の悪口言ってましたよ」

など本当の事実を言ってはいけないのです。

あなたが地道に善意の
嘘をつき続けていれば、

部長と係長の仲もそれほど
険悪なものではなくなるはずです。

あなたの嘘を真に受けた両者は
お互いに好意を持ち始めるのです。

職場の潤滑油となる方法

これは職場の他の
人間関係においても同じです。

同僚が三人いて、
あなたを除く二人の仲が悪い時にも

善意の嘘をついてあげるのが
良いでしょう。

もし一人の人間が、
別の同僚について
悪口を言っていたとしても、

「なるほどそれはもっともだ」

と賛同しつつ、
それでも別の同僚はあなたの事を
褒めていたよとうそをついてあげるのです。

こういった善意の嘘のいいところは、
恐らくその嘘はばれないでしょうし、

例えばれたとしても
あなたの評価が下がらない所です。

なぜならお互いの仲を
良くしようとするためについた
善意の嘘なので、

相手も怒りようもないのです。

これが職場の人間関係で
板挟みになってストレスを抱えた時でも
ストレスフリーで働ける秘訣です。

職場での人間関係の板挟みの
ストレスから上手く脱出する方法
ぜひ参考にして下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください