謝る事のスキルが上手くなれば人間関係、仕事のストレスは減る


私たちの行動は
感情に左右されるものですが、

脳機能の研究が進み、

短期的に衝動的に沸く感情と
長期的に継続的に続く感情、

この両者をつかさどる脳の部位は
違うところにあるようです。

短期的な衝動的な感情は
本能に根付いた部分、

長期的な感情は人間らしい
高度な脳の部分が担うそうです。

現代人がうまく生きるためには、

短期的な衝動はうまく抑える
ことが肝要なのです。

悩みの多くの原因はこうした
カッとした感情によって
生じることが多いので、

あらかじめ対処するコツを
知っておくことが大事なのです。

そこで今回、

ストレスフリーな生き方の秘訣、
その4として紹介したいのが、

「謝る事」が上手くなれば
仕事のストレスは減る

…というものです。

何か失敗や悪いことをすれば、
素直に謝るのが仕事での
ストレス仕事を減らす秘訣です。

変なプライドは不要

何かが起こったとしても、

「ごめんなさい」

…と一言いってしまえば、
それで相手も水に流してくれるのです。

非常に簡単な事ですね。

しかし最近ではこんな簡単なことが、
なかなかできない人が増えているそうです。

「他人に迷惑をかけた」

という気持ちが希薄なのか、
妙なプライドが高いのか、
謝ることが下手な人が増えているようです。

そして、

些細なことが大きな摩擦につながり、
傷つけ合う人間関係を作ってしまいます。

その結果、謝る側も謝られる側も
ストレスを抱えてしまうのです。

「向こうが悪いのに
こちらから頭なんか下げれるか」

という人もいるのですが、

それは自分の幼稚さを露呈
してしまっているようなものです。

もちろん尊厳、自尊心は大切です。

でもくだらない妙なプライドは
捨ててしまった方が楽なのです。

素直に謝ってしまえば
そこで問題は消えるのですから、

結果的にストレスフリーな
状態を作れるわけです。

考えず早めに動くと楽になる

特に仕事面ではそうです。

自分のミスかどうか分からない
そんな状況は多々あります。

そんな時も、

あまり考え過ぎず謝ってしまえば
変なストレスもかかりません。

向こうが悪いとか、
こちらが悪いと言う問題ではなく、

「他人に謝れない」

という事実はその人の底の浅さを
物語ってしまうのです。

何事もぐずぐずしてはいけません。

謝るかどうかを判断しようとすると、
謝るべきタイミングを失ってしまいます。

だからまず謝るだけ謝って、
もし自分の言い分があれば、
後でゆっくりとそれを言えばいいのです。

ウィスコンシン大学の
トッド・ジャクソン博士によると

何事も先送りにして
ぐずぐずする性格の人は
ストレスも高くなる傾向があるそうです。

彼らは、つまらない事に
思い悩み過ぎるので、

何も考えずに行動する人と比べると
ストレスが高くなるのです。

仕事をしていれば、
謝ることはいくらでも出てきます。

だからこそ謝ることの
スキルを伸ばしてしまうのが得策です。

謝れば済む問題が大半

つまらなきことを考えずに、
まず謝ってしまう事が、

ストレスを感じずに済む最善の方なのです。

しかもまた、

さっさと謝らないでいると、
相手から「謝れ」などと
強いられることになります。

こう慣れば意地の張り合いで、

本来の問題とはかけ離れた
摩擦が大きくなるものです。

人間は「謝れ」と強いられると、
心から謝れるものではありません。

そうならない前に
謝ってしまうのがベストですね。

「こういうケースでは
謝った方がいいのか、どうなのか」

と考える事もあると思いますが、
そんな判断はしなくていいです。

とにかく謝ってしまえばいいのです。

そういう癖をつけておきましょう。

習慣にしてしまうのです。

もし仮にこちらが正しくても
謝ってしまうのです。

その方が潔いですし、
そのうち相手もこちらが正しいと気づき、
罪悪感を感じてくれるかもしれません。

仕事の人間関係においては、
先に謝ってしまうのが
どちらにせよ損はない方法です。

ここでもちろん私が言っているのは
心から反省しろと言っているのではありません。

反省をした所で、ストレスが高まり、
心臓どきどきし、胃が痛む
というのではメリットがありません。

他人に迷惑をかけた時は
すぐに「ごめんなさい」
と口にするのでOKなのです。

口にして謝る。

これだけで世の中は
ほとんどが許されてしまうのです。

つまり、

謝る事のスキルが上手くなれば
人間関係、仕事のストレスは減る訳です。

ぜひ参考にしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください