ストレス解消のため仕事、職場の人間関係を良好にするメリット


さて、

普通の人にとって人生の
時間の大半を占めるのが
仕事でしょう。

特に現代社会では、

組織としてグループで
働くのが通常です。

つまり、

そこには必ず人間関係があります。

仕事はただ成果を上げれば良い、

とドライに考えられる人は
少ないでしょう。

ストレスフリーな生き方の秘訣
その1として提示したいのが、

「職場の人間関係を良好にしよう」

ということです。

…と、もちろんこれは
口で言うほど簡単ではありません。

現代の日本のビジネス社会では、
息がつまるほどの管理社会です。

これほど管理社会が進むと、
仕事それ自体に喜びを見出すのは
なかなか難しい事ですね。

今の日本のビジネス社会において、
職場の人間関係は苦痛だが、
仕事自体は楽しい、、

という事は非常に稀です。

機械化されるビジネスマン

管理され、機械化され、
ルーティン化したような仕事を
喜んで楽しめるような人は
よほど特異な人と言えるでしょう。

普通の人は、仕事を
心から楽しめてないと言います。

人生の時間を大半を占める
仕事がつまらない…

これでは心がすさんで行き
心身の健康が徐々に低下するのも
無理はない話です。

給料が良い、福利厚生がしっかりしている。

話はそれだけではないのです。

仕事、職場の人間関係を
良好にすることは大きなメリット
があるのです。

退屈なルーティーンの仕事を
「楽しいな」…と口笛を吹きながら
取り組む人はよほどの変人でしょう。

規則とルールとマニュアルで
縛り付ける管理社会の仕事環境が、
どんどん増えています。

そしてビジネスマンのストレスレベルも
どんどん増えているのです。

これは例えるならば、
養鶏所の鶏のようなものです。

昔の鶏は自由に
放し飼いをされていましたが

最近の養鶏所では、
何万羽もの鶏が1つの場所に
ぎゅうぎゅうに詰め込まれています。

その方が効率がいいからです。

人間関係が良ければ仕事は楽しい

言い方は悪いですが
これではまるで奴隷です。

ではこのような社会で、
どうすれば元気で健康で
ストレスフリーでやっていけるのか?

…その救いは人間関係にあります。

人間関係が苦しいが仕事は楽しい
という事はほとんどない社会で、

人間関係が苦しくて
その中でやる仕事が苦しければ
非常に辛いものになります。

逆に言えば、
仕事自体はつまらなくても、

気の合う同僚がいて、休憩時間には
くだらないおしゃべりができるなら、

けっこう仕事も楽しくなり、
ストレスのないビジネスライフが送れるのです。

ブラック企業、パワハラ、モラハラ
と企業の労働体系を批判する声は多いですが、

実際に大きな問題は、
人間関係にあるのではないでしょうか。

ストレス解消のため
仕事、職場の人間関係を
良好にするのはメリットが大きいです。

「仕事は面白くないが、
気の合い仲間に囲まれてるし…
まあいいか」
と自分を納得させることができるのです。

まずは人間関係を見直そう

東テキサス大学の
B・Mガゼラ博士の研究で、

大学生の調査に基づいて

「人間関係がうまくいっている人は、
肝心の学業もうまくいく」

という結論を導き出しています。

学業の成績と人間関係の良好さは
正比例の関係が見られたのです。

就活のシーズンになれば、若者たちは
どんな職場にしようか悩むものですが、

これから就職を決めようとしている人は、
ここに注目してはいかがでしょう。

管理されて退屈な仕事で
楽しむことができないのであれば、
「職場の人間関係」を良好にしましょう。

仕事上の人間関係がうまくいっていれば
仕事のストレスもそれほど気になくなります。

仕事がつまらないと嘆く前に、
職場にたくさんの気の合う友人を見つけましょう。

仕事を離れてプライベートでも
付き合えるような知人を増やすことで、

仕事生活も楽しくなり
心身の健康も向上していきます。

また人間関係が生き生きしてくると、
それにつられて本業も面白くなります。

ぜひ参考にして下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください