「美白の女王」鈴木その子さんのダイエット法、食事と美容の鍵


今の若い方はご存知では
ないかもしれませんが、

かつて「美白の女王」として
一大ブームを呼びテレビで人気者になった

鈴木その子さん

を覚えていますか?

バラエティ番組を中心に活躍し、
多くのダイエットや美容に関する
指導をしてきた彼女にはファンも多く、

料理研究家、美容研究家として活躍した
彼女が68歳で亡くなったのが2000年。

ウィルス性の風邪をこじらせ入院
最終的な死因は肺炎でした。

テレビでも一躍有名になった
「美白の女王」鈴木その子さん
私は彼女の大ファンで、

経営者としての姿勢を学んだり、
当時六本木にあったレストランに良く足を運び
彼女の本や記事はくまなく読んでいたのですが、

彼女のあっけない最後のニュースを聞き
私も大きなショックを受けました。

80歳を越える女性の平均からすれば
彼女は早死にと言えるでしょう。

特に健康や心の美容の精神を伝える人
にしては早すぎる死でした。

何が彼女に起こったのでしょう。

フレキシブルさが肝心

そこで、今回は彼女のダイエット法、
特に食事療法について少し掘り下げたいのですが、

鈴木その子式食事療法には
ダイエットやアンチエイジングに対する
いくつも優れた点があります。

が、同時に大きな危険も存在する
…と私は感じます。

彼女は全体的に、粗食を勧めていますし、
玄米を否定し白米を勧めていること

また、満腹になるまで
食べないというのは良いのですが、

彼女のダイエット理論では、摂取する
良質たんぱく質の量が絶対的に少なく、

また脂肪を極端に排除する考え方は
私は問題だと思います。

脂肪やたんぱく質を控えた
極端なダイエットは体重は減らせても、
免疫力や体内の若さを奪います。

彼女は多くの人にダイエット理論を
提唱しました。

だからこそ一度発表した自分の考えを
なかなか改められなかったのでしょう。

そういった考えに固執してしまった事も
彼女の死因を早めた要因の1つかもしれません。

健康に関しては
フレキシブルな考えを持つのは
大変意義があることと思います。

鈴木その子式ダイエットのメリット

私がその子さんのダイエット理論の
ファンになったのは

しっかりとした理論に裏付けられた
心理学的な背景があったからです。

メンタルとダイエットの関係を
当時はあまり重視されていませんでした。

特に女性ならではの観点で
香りと食事、ダイエットの関係に
注目した点は非常にユニークで

香りにも悪玉の香り、善玉の香りがあり、
神経と脳を守るための化粧品や香水作りを
彼女の会社では進めていました。

確かに、

鼻と脳神経は強いつながりがあり、

アロマテラピーの効果など
現代は非常にその考えも広まっています。

実際に彼女の指導により美容と健康
レベルを高めた方はたくさんいるでしょう。

晩年は少し誤解される独特なキャラクターが
マスコミを賑わせる部分もありましたが、

彼女は私自身が尊敬している
美容研究家の一人です。

低たんぱく質の食事がリスク…

世間のダイエット指導者は、
言っていることとやっていることが
全然一致していない…という人も多い中、

彼女は、まじめな性格だったので
ご自身の食事もご自身が指導している
通りにやっていたと思うのですが、

粗食、小食を続けてしまうと、確実に
低たんぱく血症への道を歩む事になり、
肺炎のような感染症のリスクは高まります。

彼女の死因は、低たんぱく質だからだ!

…とまでは言いません。

仕事でもプライベートでも、
心労やストレスなども多かったのでしょう。

複合的な要因が絡まっているのですが、

極端な粗食による、
摂取たんぱく質不足というのはやはり
彼女の体にダメージを与えていた事でしょう。

体を作る材料が不足すれば
やがて脆くなるものです。

これまでのテーマを見てもらえば
分かってくると思います。

ただ私自身もタンパク質の重要性は
お伝えしている通りですが、

考え方を固執してはならない
という気持ちも同時に持っています。

とにかく因果関係をシンプルにして
答えを導き出すのは危険ですが。

色々な要因が体のクオリティを
決めるのですから、ダイエット、美容も
多角的なアプローチが必要です。

粗食のメリット・デメリット

このサイトではタンパク質、
アミノ酸の重要性を語っています。

それほどタンパク質というのは
健康にとって重要な鍵であり、

真の美白はバランスの取れた
食事バランスから始まるのです。

この飽食の時代に、
生活習慣病になってしまった人が
動物性食をカットして、

粗食を実行すればたしかに
健康は一時的に回復します。

ダイエットも成功できるでしょう。

でもそれは、日々食べ過ぎで
健康を害した状況を元に戻す、
短期間に限定してやる場合に限ります。

高糖質、低たんぱく、低脂肪…
そんな食事法を長時間続ける事は、
必ず体に何らかの問題を引き起こします。

免疫力や、自然治癒力も
低下するでしょうし、

タンパク質不足、ビタミン不足、ミネラル不足…

では、体内でのタンパク質
合成がうまくいかなくなり、

代謝エンザイムという
重要な酵素が働いてくれません。

さらに脂質不足になると、
細胞膜が弱くなり、

ホルモンが作られなくなり
体内の微妙なコントロールができなくなります。

糖質以外の栄養素が不足するという事は

老化は圧倒的に加速してしまい、
突発的な死因となりうる病気も引き起こします。

外面は内面の美しさから作られる!

もちろん価値観は人それぞれです。

が、

真に健康的なライフスタイルを持ち
人生を楽しむ事が幸せではないでしょうか。

短期的な結果に目を奪われると
間違った方向に進みかねません。

いつまでも美しい外見…

もちろんそれは誰しも憧れでしょう。

だからこそアンチエイジング手法も
たくさんの方法が編み出されます。

しかし、

表面にだけとらわれて、深い
本質部分を見誤るのは危険です。

このテーマでは、
体の内側から健康になるための
ライフスタイルを送る方法を提唱し、

結果的な外面の若さや美しさを
目指そうとするものです。

鈴木その子さんの勧めた粗食には

メリットもデメリットも
両方存在することを忘れてはいけません。

そういった面において、
鈴木その子式ダイエットは危険なのです。

私の紹介する理論もあくまで参考に、

最終的にはあなたの体にあった、
あなたなりの理論を作るべく、

ぜひ参考にしてください。

詳しい食事方法なども
今後紹介していくつもりですが、

とにかく、私は極端な
食事法はオススメしません。

バランスを心がけていきましょう!

鈴木その子さん創業の会社
株式会社SONOKO公式ホームページ]]>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください