極端な食べないダイエットは不健康、不調、病気の危険性もある…


あなたは恐らく、

ダイエットと言う言葉を聞いて
まずパッっと思いつくのは、

「食べない」

という事ではないでしょうか。

確かに、人体の構造上、
食べなければ痩せます。

しかし極端な食べないダイエットは
不健康、不調、病気の危険性もある…
とても危険な考え方です。

人生を不幸にするやり方なのです。

そして食べないダイエットは、
短気的に体重が落ちたとしても、

前に解説した「お利口さんダイエット」

内臓を若返らせて
『代謝機能』をアップさせる
と言う真のダイエットとは程遠い、

内臓機能が低下し、代謝機能が落ちる
老化をサポートするダイエットになるのです。

あなたの目指すのは、
体重を単に落とす事ですか?

それとも、

健康的にスリムになりたいのですか?

ダイエットはいつもブームであり、
テレビでも本屋でも

短期的なダイエットテクニックが
あふれかえっていますが、

そういった安易な方法に惑わされず。

目的や目標をはき違えないでほしいです。

現代人の多くが、ダイエットに
関して大きな盲点を抱えている、
そのように感じてしまいます。

極端な単品ダイエットの危険性

私がコンサルティングとして
クライアントさんにダイエットの
アドバイスをするとき

「まず体重計を捨ててください」

とアドバイスすることがあります。

体重を減らすことをゴールに
するのは危険だからです。

表面的な数値で一喜一憂すると
本質が見えにくくなくなるからです。

人体の構造上、
当然食べなければ痩せます。

カロリーを制限すれば
加齢で落ちた基礎代謝量で
ちょっとしかカロリー消費され
なくても痩せてはいくはずです。

で、その方法の中でも極端にしたものが、

「単品ダイエット」です。

バナナだけ、キャベツだけ、など
低カロリーの食べ物だけを食べ続け、

「やった^^1週間で3キロやせた」
「体重計に乗るのが楽しみ」

と喜ぶ人もいます。

ただし体重計の目盛りは
あなたの体重を量れても、
あなたの健康レベルは計れないのです。

他にも肉や炭水化物など
太りやすい食べ物とされるものを
口にしない単品抜きダイエットを
する人もいます。

確かにどちらの方法をとっても、
一時的にやせる事は出来ます。

でもこれは偏食です。

脂肪やタンパク質というのは
アンチエイジングにとって
必要不可欠な要素です。

今後詳しく解説していきますが、

例えば、

美しく痩せるダイエットで
肉や魚を控えてほしくはありません。

しかし、それが、、
カロリーの制限にこだわるあまり、

栄養のバランスがくずれ、
体に必要な栄養素まで足りなくなります。

すると、意に反して、
老化が進んでしまうんです。

食べないダイエットで免疫力が下がる

体内では様々な栄養素が必要です。

それを十分に取って始めて
健康で美しくなれるのです。

しかし偏った食生活を続けると、
最初はちょっとした不調を
感じるようになります。

さらに体内バランスが崩れ

頭痛、肩こり、便秘、
婦人病、ウツ、神経症…
など身体の慢性の不調が続くようになり、

免疫力が下がり、
病気のリスクが極端に上がります。

そして抵抗力が弱まり
ウィルスや細菌に負け、
すぐ風邪を引くようになったりします。

やがてガンや糖尿病、骨粗鬆症など
大きな病気、生活習慣病を
引き起こすリスクも増えます。

カロリーと栄養素を
一緒に考えてはいけません。

カロリー制限を安易に考えると、
健康維持に必要な栄養素
(特にミネラルやビタミンなど)
が取れなくなり、

慢性的な栄養失調となるのです。

豊かな現代日本において
栄養失調ほど悲惨な事はありません。

極端なダイエットをすると
食事から摂らなくてはいけない

栄養素が不足することで
代謝機能がどんどん低下するのです。

と言う事はつまり。。。

食べないで一時的に痩せたとしても、
結果として太りやすい体になっていく

という事です。

ダイエットで目指すのは当然

「健康的にスリムになりたい」

はずです。

しかし、食べないダイエットでは
残念ながら、

「不健康でガリガリ…」

となってしまうのです。

食べないダイエットはリバウンドする

極端な食べないダイエットは
不健康、不調、病気の危険性もある…

危険なやり方なのです。

つまり無理のある方法と言う事です。

だから、油断するとすぐに
リバウンドします。

しかも今まで以上に簡単にリバウンド
してしてしまうようになるんです。

さらに食べない事のストレスは
かなり大きいです。

もちろん心にも影響します。

万病の元といわれるほどストレスの
被害は大きいと言われていますが、

不調が慢性化して、
仕事や家事での集中力や
能率がまずはドンドン落ちてきます。

それを放置してしまえばやがて、
ガンや脳の障害など

深刻な病気の原因になりますし
そもそも精神的に不健康な事です。

食事と言うのは、
人類にとっての最大級の楽しみです。

それを断つとなると人生は
苦しみとなるのも無理はありません。

さらに、

友人との付き合いもあるし、

家族そろっての食事も
人生の楽しみの1つですね。

それを食べないダイエットでは、

友人との楽しい集まりで
おいしそうな食べ物がでてきて、

「どうぞ召し上がれ」

と勧められても
断るしかありません。

人間関係にも日々が入り
孤独な人生に陥る可能性もあります。

「今ダイエット中です」と断る事は
本人にとっても、
相手にとっても不快な事です。

イライラが募れば喧嘩や口論が絶えず、
家族に迷惑、友人との関係も
亀裂が生じるかもしれません。

仕事でも身が入らず
集中力や頭の回転が低下したりします。

記憶力も落ちてしまいますから
勉強にも支障が出るでしょう。

体と心が疲弊して無気力になり
1日家でぼーっとしている。。

それで体重は減ったとして
幸せで健全な人生と言えるでしょうか?

で、結局は食べないダイエット
と言うのは体にも心にも負担が
大きすぎて無理だという事に気づくのです。

ストレスは万病のもとと言います。

つまり食べない事で、
心と身体、心身に少しずつ
被害を与えるのです。

一時的な体重の減少と引き換えに、
一番大切な健康をなくしてしまうのです。

とにかく極端な
ダイエットは控えてほしいです。

食べないダイエットで得られる
体重現象の代償は、、
最も大切な健康や若さなのです。

じゃあ、どうするか?
意識を入れ替えて

「お利口さんダイエット」をする事です。

しっかり食べてダイエットする事です。

次回からそんな無理を
しないで続けていくための

ダイエットの智恵を
紹介していきたいと思います。

それでは、また次回。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください