ヨーロッパ発祥のダイエット・アンチエイジング理論を全て公開!


さて、

今回から私がリサーチしてきた
古今東西のメソッドを凝縮し

ダイエットとアンチエイジングを
同時に達成する方法について
詳しく紹介していきます。

私は留学時代にヨーロッパ発祥の
素晴らしいダイエット、
アンチエイジング理論を学びました。

健康的に体重を落とし
ゆっくり確実にダイエットに成功し
細胞レベルから若返っていく。

それは素晴らしい理論でした。

そしてそれを実践してきた結果、
体重は学生時代からほぼ変わらず、

これまで大きな病気もしないで
年齢より若く見られる

そんな体つくりを維持することに
成功しました。

この理論はダイエットで
悩みを持つ人に役立つはずだ!

そんな思いもあり、

このサイトでは、
その理論や実践方法など余すところなく
公開しお伝えしていきたいと思います。

効果が続く本物のダイエット理論

現代日本において、
毎月、毎週、毎日のように、

新しいダイエットが雑誌、テレビ、
インターネットなどで紹介されています。

「いつまでも美しく、若く、健康でありたい」

多くの人がダイエットに関心を
持つ事は素晴らしい事です。

古今東西それは変わらぬ
人間の自然な欲求なのでしょう。

ただ、一つ文句を言いたいのが、

どんなダイエットも
5年とか、10年とか、そんな先まで
追跡して効果を調査されていないことです。

新しい方法が生まれては消え、、
生まれては消え、、流行れば廃れ・・・

その繰り返して次から次へと
新しくダイエット手法が生まれています。

しかし

次から次へと生まれる

ということはいつしか効果が
なくなって消えて行ってしまうという事。。

それは偽物の理論なのです。

逆に言えば、5年10年すたれず、
効果が続くダイエットというのは
本物のダイエットであると言えそうです。

日本のダイエットメソッドのおかしな点

特に食生活における日本の
ダイエット法にはおかしな点が
たくさんあります。

普通ダイエットメソッドでは、

「○○は食べてはダメです!」

とか、

「●●だけをたべましょう!」

とか、、、

そんな物が多いですよね。

単品ダイエットとか、
単品抜きダイエットとか、

でもそれでは結局、
栄養バランスを欠いてしまい、

体重は減ったけれども、体調が悪くなった…

などの後遺症が起きてしまいやすく
なってしまうのです。

リバウンドをして、
今度は痩せにくい身体になったり、、

それだけではありません。

そして、このような
ダイエットは間違いなく老化を早めます。

アンチエイジングに悪影響を及ぼします。

つまり、少しだけ体重が減った代わりに
大切な若さを失うと言うものです。。

こんなダイエットを私は

『おバカさんダイエット』

と呼んでいます。

反対に

『お利口さんダイエット』

と言うのは、

いくつになっても若く見られ、
健康でいられるダイエットのことです。

あなたは「おバカさんダイエット」と
「お利口さんダイエット」の
どちらを選びたいですか?

ライフスタイル=ダイエットの秘密

ヨーロッパの人のライフスタイルを見ると
食事や家族との時間を大切にし

美味しいものをゆっくり食べながら
スリムな体型を保っているように感じます。

一方で日本の人たちは、
せわしなく食事をかき込み仕事に戻る
一人で偏ったものを食べている…

そして何となく元気がない…
またアメリカなんかはひどいもので、

ジャンクフード漬けになり
巨大樽なような肥満体である人も
少なくありません。

戦後日本はアメリカの
影響を強く受けて発展してきました。

ダイエット、アンチエイジング
メソッドも流行はアメリカからの
ものが多いです。

もちろん、

ヨーロッパ=最高で健康
日米=不健康で肥満

などという短絡的な結論を
出すつもりはありませんし、
あくまで個人個人で違いがあります。

ヨーロッパもたくさんの国があり、
アメリカも多種多様な州があります。

このサイトで紹介する方法も
ヨーロッパ礼賛の偏ったものでなく、

世界中から集めた知恵をまとめた
むしろ日本古来の知恵を重点とした
ダイエットメソッドをお伝えしますが、

とにかくまず!

人生を楽しむライフスタイル

というのが最大の秘密と言えます。

「苦しい、辛い、やりたくない」

そんなダイエットが続くわけありません。

若く見られる人の特徴とは?

そもそも、

日本古来の健康美容の知恵は
素晴らしいもののはずです。

私は仕事柄、高齢者と
接する機会が多いのですが、
そんな彼らを見ていると、

痩せている人の方が老けて
見えるんですね。

肌のつやなどがなく、
しわが深いんです。。。

しかも、痩せている高齢者の
方がうつっぽいです。

だから私は、年をとって痩せたって
ろくなことがないという印象を
持っています。

ダイエット=ただ痩せるだけ

という日本の常識はおかしいと思います。

私がヨーロッパで出会った
ダイエット・アンチエイジング理論では、

ダイエット=ただ痩せるだけ

とは考えず、細胞レベルから
健康で若さを取り戻すために

いかに適正な体重を保てるかという

考えに基づいています。

日本はこれから高齢化社会を避けられません。

多くの人が無益なダイエット理論に
振り回されるのでなく、

本質を見据えたダイエット、
アンチエイジング理論を学び
実践して欲しいと願います。

さらに、

最近興味深いデータを見たのですが、

やや太め、ややコレステロール値が
高い人の方が長生きできるらしいんですね。

このデータは私が長年抱いていた、
直感を裏つけてくれる物でした。

「高コレステロールは万病の元!」

と健康診断でも皆その数値を気にしています。

これまで日本で多くの人に信じられてきた
メディアや常識では当たり前と
考えているやり方は、

実は通用しないことも
徐々に明らかになっています。

こうしたコレステロールの
カラクリもこれから公開して行きますが、

まずは世間の常識を少し
疑うことから始めましょう。

アンチエイジングの権威との出会い

私自身学生時代から体の
コンプレックスが多く、

どうにか解決したい
ともがいていたのですが、

太って無理に痩せる…そして
リバウンドを繰り返していました。

挫折を繰り返していました。

ただ、私は昔から研究意欲が高く、
気になる事は追求するタイプだったので、

ダイエットやアンチエイジングに関する、
日本だけでなく、世界中の文献などを
読み漁っていました。

そんな折、私はあるヨーロッパにある、

素晴らしいアンチエイジングの
先生の理論に出会いました。

その理論はただ痩せるだけでなく、
若返ることで太りにくくなる事を
目的としています。

つまりダイエットとアンチエイジングを
同時に達成すると言う方法です。

年をとって痩せていくのでなく、
好きなものを食べながらも
太らないことを目指すものでした。

実はその方が健康で居られるんですね。

実際私自身が変わり、
そして私がアドバイスした
周りの人たちも変わって行きました。

そうした興味深い理論やテクニックを

これからじっくり紹介していくので、
楽しんで読み進めてください。

お利口さんダイエットを目指そう

無理なダイエットと言うのは、
さまざまなビタミンとかミネラルとか、

そして、タンパク質や脂肪のような
体にとって重要な材料が不足して
いってしまいます。

もちろん短期的には問題ありません。

しかし長期的にダメージが
少しずつ重なって行きます。

それが、内臓を痛め、
そして外見の老化に直結してしまいます。

でも、ここに

細胞レベルで若さを保ち、
好きなものを食べながらも、

若返りながら、太らず、
痩せていける方法がここにあります。

このウェブサイトでは
そんな老化を加速してしまう
「おバカさんダイエット」から脱却し、

健康で若々しく、なおかつ
スリムな身体を手に入れるための

「お利口さんダイエット」

を紹介していきます。

ヨーロッパ発祥のダイエット・
アンチエイジング理論を軸として、

世界中から集めた知恵を交えて
紹介していくつもりです。

ただ体重を落とすことだけに
フォーカスした内容ではありません。

一週間一カ月で痩せたけど、
リバウンドしてしまうような方法でなく

今後、5年10年20年も(できれば死ぬまで)
体型と若さを保つために必要な全ての
方法を公開していくので

楽しみにしていて下さい。

それでは、また次回からよろしくお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください