ブリーフセラピーの効果や特徴:短期で効果を出す心理セラピー

今回のテーマは、
ブリーフセラピーの効果や特徴:
短期で効果を出す心理セラピー
について紹介します。
クライアントが洞察を得られたからと言って、
必ずしもその行動が変わるわけではないと
短期療法(ブリーフセラピー)派は主張します。
また問題の原因を求めた所で
原因がひとつに特定できるわけでもないので、
「原因を探って治す」
という発想もとりません。
クライアントが抱える問題は、
本人も気づかない内に
悪循環がサイクル化することによって
生じると考えます。
ブリーフセラピー派は
このサイクルの一点を変えることによって
全体に変化が及ぶと考え、
とにかく変化を引き起こすために
セラピストが積極的な支持を
クライアントに与えます。
またクライアントの欠点や問題点に
焦点を当てるのではなく、
長所に注目するのも特徴です。
クライアントの長所を伸ばすことで、
クライアント自らが問題を解決できるようになると言うのです。

●できるだけ早くセラピーを終わらせる
短期療法(ブリーフセラピー)では
クライアントとセラピストとの関係を、
消費者とサービス提供者との関係であると
割り切って考える傾向があります。
もっとも望ましいセラピーは
クライアントの経済的負担を
最小限にするものとされます。
セラピストは目標を限定し
クライアントに具体的な指示を
与えるなどの積極策を用い
早急にセラピーを終了させようとします。
近年ではもともとのブリーフセラピー派
以外のセラピーでも
短期間で効果が上がることを謳う
流派が増えています。
特にアメリカでは
健康保険制度の改革により、
長期間のセラピーを前提とする
アプローチは存在が難しくなり、
一層この傾向に拍車がかかっています。
そのためにクライアントには
昔から短期終結をモットーとしてきた
元来のブリーフセラピーとの
見分けがつきにくくなっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください