ベニスの商人は偏見?神様に学ぶ「正直なビジネスこそ王道」


ユダヤ人にはお金持ちが
多いのはなぜでしょうか?

彼らがどん底から富を築く理由は、

ビジネスで成功したから…

というのが大きな要因です。

勤め人のまま給料をもらいながら
大きな富を築くのは困難です。

起業をして、商売をスタートし、
それを大きくして富を掴むのです。

では、

なぜ彼らはビジネスが上手いのか?

実はユダヤ人の商売上手は
「神の教え」でもあるのです。

例えば、

我々日本人に馴染み深い
仏教のお経などを読んでも、

お金儲けの方法は1行も書かれてません。

しかしユダヤの教えには
伝統的にお金を稼ぐ知恵が
伝承される仕組みがあるのです。

しかもそれは流行り廃れのない
骨太のビジネスマインドセットです。

例えば、

ユダヤ教のタルムードには、

ビジネスについての教えが
数多く載っています。

その中でも興味深い教えがあります。

死んでから天国に行くとまず神様から

「お前は正直にビジネスをしたか?」

と聞かれる話です。

ビジネスでの成功の秘訣が
「正直さである!」と聞くと、

「え!なぜ?…」と感じてしまう
日本人は多いのではないでしょうか。

ここに凡人と成功者を分ける
マインドセットの違いがあります。

長期的に稼ぎ続ける唯一の方法


ビジネスをしていない人から見ると、

起業して成功した人を見たときに、

「何か裏で悪い事しているに違いない」

と思い込む傾向にあります。

しかし、

これは大きな誤解、偏見です。

詐欺、欺瞞、誤魔化し、ペテン
裏技を駆使して金を巻き上げる…

実際はこれで成功など不可能なのです。

よくよく見て分析してみると、

真っ当な方法で、人々の役に立つ
価値を構築して提供してきたからこそ、
ビジネスの成功はあるのです。

そして多くのユダヤ人成功者は
ビジネスでも極めて正直に行うのです。

正直にコツコツと信用を
増やして行く事こそが、

ビジネスの王道であるのは
古今東西を問わない真実なのです。

もちろん裏で悪い事をして
稼ぐ人は世界中にたくさんいます。

でも、

彼らの詐欺的な手法で稼ぐのは
ほんの短期的な期間内でのこと、

結局は破綻していってしまいます。

長期的にビジネスで成功する
最大の要素こそが正直さなのです。

そして長い迫害に耐えてきた
ユダヤ人こそ最も正直なビジネスを
してきた民族とも言えます。

そうでないと、ここまで
生き延びてこれなかったのです。

それは神様の教えであり、
唯一不変の成功法則でもあります。

ビジネスで嘘をつき不正をすれば、
それは律法を破壊する事でもあります。

金持ち、成功者は悪人?


ここである物語が
頭に浮かぶ人も多いでしょう。

シェークスピアの『ベニスの商人』

ここに出てくるシャイロックという
人物は狡猾で不誠実な商人とした
キャラクター像で書かれています。

これ以降、日本人の間では、

ユダヤ商法はえげつない冷酷な
商法をするというイメージがあります。

しかしこれは偏見にすぎません。

恐らくシェークスピアは、その当時、
イタリアで有名だった小話を大衆受け
するよう味付けし書いたのでしょう。

今でも日本のドラマや映画では、
勧善懲悪の人気ストーリーを見ると、

成功した起業家は悪どい、ずる賢い、
冷酷な人間、ヒール役として書かれる
事が多いです。

手八丁口八丁を駆使して、
人を騙しても貶めても構わない、
上に上がる為にどんな手段も問わない…

など、

しかし、現実は違うのです。

「正直なビジネスこそ王道」

これを徹底して守る人物こそ
ビジネスで成功できるのです。

正直で誠実なほど成功できる。

これが普遍の法則なのです。

嘘はいつかバレる…


タルムードではむしろ、
具体的な例を挙げてビジネスで
守るべき教えを伝えています。

タルムードができた時代というのは、

まだ多くの民族が農耕生活を送る時代。

この時代にすでに貿易やビジネスの
将来を見通していたこと自体、

大変な先見の明があるわけですが。

タルムードでは、例えば
人を騙すようなセールスを禁じます。

「奴隷に化粧をして
若くして売ってはならない。」

「家畜を売るときに色を
塗って騙してはならない。」

など、

現代でもギクッとするような
教訓が書かれています。

偽装をすればいつかバレる、
それが大きな信用を落とす事になり、
ビジネスが失敗することは、

昨今のニュースでもよく耳にします。

例えば、

スーパーで売っている肉は着色料が
使われて見た目をよくしている…

といった噂もあります。

買い手は商品に傷があった場合は
商品を返す権利があります。

だから傷のある商品であると
断った上で売る場合以外は、

売り手はいつも品質を保証する
義務を負うことになります。

タルムードの時代には、
標準価格がありませんでした。

だから売主が適当な値段を
つけて売っていたわけですが、

そこでもだいたい常識的な
値段はあったのです。

もし買い主がその値段を知らず、
10パーセント近く上乗せした
価格で買わされた場合、

タルムードの教えでは
この売買を無効としています。

王道のビジネスを行う


人を騙してでも売りつける…

そんなやり方で稼ぎを得るのは
一時的であり、単発的なものです。

必ずしっぺ返しを食らいます。

契約はウィンウィンでなければ
長期的には続かないのです。

お金の教育が浸透しない
日本人の間では意外とこうした
至極真っ当な事が忘れられがちです。

逆にそれを徹底する教えが、
ユダヤの教えに伝統的に存在します。

こうしたビジネスのやり方について
細かい具体例がタルムードには
数多く載っています。

こうした知恵に幼い頃から触れる

彼らの中から自ずと成功者が生まれる

これも当然のことなのでしょう。

お金持ちを悪く描いたフィクション…

ベニスの商人を始め
物語はあくまで物語です。

成功者は一部ですから、
大衆の嫉妬心をうまくつかんだ
ある種の成功例と言えますが、

結局は不正、虚偽、詐欺と言った
手法は長期的には続かないのです。

正直なビジネスをすることを
ユダヤ人はタルムードから学びます。

誠実で正直なビジネスこそが
世の中を渡る王道だったのです。

そのことをユダヤ人は神との契約に
違反した経験から痛いほど知っている
のでしょう。

脈々と受け継がれる文化に
大切な教えが存在することが、
彼らのアドバンテージになるのです。

我々もそこから学べる事は
たくさんあるはずです。

富を築くマインドセットを
一緒に学んで行きましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。