ユダヤ人が燭台が特徴「ハヌカの祭り」をする意義と意味とは?


私がアメリカに留学していた
頃に気づいたことがあります。

日本にいる時は、
アメリカでは年末に近づけば、

“Merry Christmas”
(メリークリスマス)

と挨拶するのが普通だと
思っていたのですが、

“Happy Holidays!”
(楽しい休暇を!)

と表現する人が一定数いました。

クリスマスはイエス・キリストの
誕生を祝うお祭りですから、

多宗教、多民族国家のアメリカでは、
非クリスチャンたちのために
こういった表現があるのです。

12月25日に近づけば、

家や街はクリスマス仕様に
変化していくわけですが、

そんな中ユダヤ人家庭では
クリスマスツリーは飾らず、

ハヌカのお祭りの準備をし始めます。

ユダヤ人が歴史や文化を学び、

教育する上で非常に重要な役割を
果たしているのがお祭りなのです。

ユダヤ暦キスレーヴ月(西暦11月
から12月)からデヴェット月2日
まで25日間祝います。

ハヌカの祭りでは、

「マカビの反乱」の燭台の奇跡にちなみ、

家庭でも燭台を置き、8日間かけ
1本ずつ灯を灯していきます。

以前アメリカの友人の家で
ハヌカの祭りを過ごさせてもらう
経験をした事があるのですが、

クリスマスやハロウィンとは違い
興味深いものでした。

暗闇に8本のろうそくが
揺らめく贅沢な光の祭りです。

ユダヤ人は過ぎしの祭りや仮庵の祭
といったトーラーのお祭りの他、

ハヌカや独立記念日のお祭りなど
国を挙げてお祝いし、記念します。

そこからユダヤ人は民族の歴史や
苦悩、知恵などを学び、

また大切な事を次の世代に
伝えていくのです。

幻想的な雰囲気が特徴の燭台


ハヌカの祭りと言えば、
この8本の燭台が有名ですが、

(実際には、種火用の1本
があり9本の燭台ですが、)

ユダヤのシンボルにもなっています。

イスラエルで雨期に入り冬を迎える頃、

特に高地にある首都エルサレムは
寒く雪がつもる事も多いです。

12月のある時期が来ると、
家々の窓に置かれた九枝の燭台に
灯火がともり始めます。

これが祭りの始まりなのです。

夕方、辺りが暗くなってから
エルサレムの街を歩くと、

各家庭の窓には光が灯った
燭台が光り始め、

それはとても幻想的です。

始めは1本だけ灯っていたろうそくが

日を追うごとに2本、3本
と1本ずつ増えていくのです。

そしてクリスマスプレゼントのように

ハヌカの期間中毎日子供にハヌカ
プレゼントを与える家庭があります。

知人のアメリカユダヤ家庭の子供は
友人たちはクリスマスに1つだけだが

「僕たちは8日間もらえる」
自慢していたのが印象的です。

ハヌカの祭りの意味と意義


これはイスラエルの歴史上の
ある出来事を記念したお祭りです。

世界中のユダヤ人がこの時期に
同じような儀式でお祭りをします。

宮清めの祭りという別名があり、

「ハヌカ」とは「奉納する」
という意味があります。

紀元前167年、エルサレムを
占領していたギリシャ人とユダヤ人
との間に戦いがありました。

ユダヤの神殿を奪ったギリシャ人は
ユダヤ人をギリシャ化しようとします。

ユダヤの礼拝や行事を行う事を禁じ
逆にユダヤ教の掟で禁じられている事を
ユダヤ人に強要しました。

そこにエルサレム奪還のために
立ち上がったのが、

ハスモン家と言われるユダヤ教の
司祭マタテヤとその息子たちでした。

当時、最強の軍事力を誇る
ギリシャ軍と戦い、

ユダヤ人は奇跡的に勝利します。

そして紀元前164年に
神殿を取り戻しました。

神殿をギリシャ人の手から開放した
ユダヤ人は神殿を清め、

かつてユダヤの神殿に絶えず灯り
続けた灯火を再び灯そうとしました。

しかしそこには、
オリーブ油があるだけでした。

その残った油に火を灯すとなんと、

1日分の油しかなかったはずの灯火が
8日間もともり続けたのです。

ユダヤ人は火が消えずに燃え続けた
事を神の奇跡と信じたのです。

この奇跡を記念して
ハヌカの祭りが来ると8日間、

家の前や通りに面した窓に「ハヌキヤ」
と呼ばれる燭台を置くのです。

そして神様が起こした奇跡を
人々が忘れないようにするために

1日ごとに1本ずつ増やし点火し、
8日目に全部が灯るようにします。

燭台の火は夕方になるとその家の主人が、

祈りの言葉を唱えてから灯を灯します。

こうして8日間灯り続ける火は、
暗い夜の町に輝き続けるので、
光の祭りとも言われるのです。

↓ハヌカの祝い方

五感から歴史を学ぶユダヤ人


さらにこの祭りの間、

四面のコマを回してコマのどの面が
出るか賭けて遊びんだりします。

また、ハヌカには、

「スフガニヤ」と呼ばれる
穴のないドーナツを食べます。

なぜドーナツかというと、

神殿での油の奇跡にちなんで
油で揚げたものを食べるのです。

この時期になると、

イスラエルの街の店には
白い粉砂糖が振りかけた
揚げたてのスフガニヤが売り出され、

町中がとても良い甘い香りが
してくるそうです。

このようにユダヤ教では
民族の歴史や奇跡の物語を

口伝えや本から学ぶだけでなく、
燭台に灯を灯して視覚から学び、

スフガニヤを食べて味わい、匂い、

そして歌を歌いメロディに合わせて
聴覚、体感でストーリーを学ぶ、

といった具合に五感を存分に
使って記憶するのです。

またこの祭りでは
裏のニュアンスとして

「同化は邪悪な事だ」

と子供たちに教える事が、
祭りのコンセプトだそうです。

何千年にも及び、他宗教と同化されず
自分たちの伝統を守ってきた知恵が
ここにあるようです。

そうして伝統を伝える工夫が
ユダヤ民族にはあるのです。

「ハヌカの祭り」の意義や意味を
知るのはとても興味深いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください