ユダヤ食文化、料理に見る味覚を使い脳を発達し鍛える方法


脳とつながる器官として
味覚は非常に大切です。

さて今回はユダヤ文化に見る

味覚の鍛え方について
見ていくことにしましょう。

私たちがモノを食べる理由…

それは飢えを回避するという
生存の為だけではなく、

味を楽しむという面もあります。

そして、

脳と繋がる五感センサーの中でも、
もちろん味覚というのは重要ですが、

意外と忘れがちな器官でもあります。

特に幼少期に味覚はある程度
決まると言われます。

いわゆるおふくろの味、家庭の味
といったところでしょうか。

だからこそ家庭の食文化によって
ある程度自閉的なシステムで発展します。

ここで選り好み、好き嫌いなど決まり
食習慣が固定されてしまいがちです。

が、

それでも味覚は時間をかけて
さまざまな文化と融合されます。

料理の歴史などを勉強すると
とても面白いものですが、

食欲は人間の大きな欲求の1つであり、

それにまつわる食文化というのは
古今東西の世界中で発展しています。

食文化、料理というのは、

脳の発達のため、脳を鍛える方法
として大きな役割を担いますが、

子供の頃に食べているもののいくつかは
年月とともに消えていきます。

とくにユダヤ人は移民として
国を移動する民族です。

ユダヤの伝統的料理のレシピの多くは、

口頭では母から娘に伝えられ、
書き残されたものが乏しく、

そのため忘れ去られてものも多い

と言います。

ユダヤ人の食文化…と聞いても

それほどイメージが湧かない
かもしれません。

ユダヤ人の代表的料理


しかし例えば、

今では日本人の食文化に
完全に溶け込んでいる

べーグルは、

古いユダヤの食文化が

アメリカで普及し、近年になって
日本にまで及んだ例でしょう。

かつてユダヤ人の素性を外部に
なかなか明かせない時代

家でベーグルを食べている事で
その家庭がユダヤ人と分かる
という例があったそうです。

それが1951年、

ブロードウェイの演劇中、幕間に
劇場でベーグルが配られた事から、

ベーグルはユダヤの食文化から
抜け出して世間に広がった

と言われます。

ただし今日のベーグルは
伝統的なものと比べると

より大きくより柔らかく、真ん中の
穴がより小さくなっていると言います。

『アメリカにおけるユダヤ料理』

という本では、

ユダヤの教義にかなったコーシャの
料理レシピが300以上あるそうです。

300以上あると言う事自体、

ユーロッパの各地に
離散して以来のユダヤ人が

一方で宗教上の戒めを守りながら、

多方でそれぞれ住み着いた土地の
食文化を取り入れていった事を
示しているでしょう。

こうした経緯でユダヤ人は
食文化を広げていったのです。

日本も近年になり、
多国籍料理が食べられ、
食文化も広がっていきましたが、

そうなると今度は伝統的な
日本食が破壊されがちです。

日本料理というのは
健康の為に良いと言われます。

脳の健康を守る為にも
日本の伝統の食文化は大事です。

健康でヘルシーと名高い
日本の食文化を守りながら、

意識して様々な融合をしていくのが
脳にも健康にも良いのでしょう。

ユダヤの食文化と戒律


そして、こうした取り組みで
脳を活性させる事ができるのです。

ただ出されたものを食べ、
生きるために食べるだけでは、
脳はなかなか動かないものです。

ただ、

グルメという面よりむしろ

ユダヤの戒律では、
その食文化に大きな特徴があります。

それが、

カシュルート(食物規定)によって
コーシャ(清浄)な食物しか口に
出来ないという戒律があることです。

これは聖書で「レビ記」11章、
「申命記」14章に規定されており、

色々と食事に関し制限があります。

例えば、

日本人が好きな海産物は、

あぎと(えら)と鱗がある
魚しか食べられません。

つまり、

イカやタコはもちろん、
エビやカニなど甲殻類は食べません。

貝はもちろんNGです。

なのでユダヤ人を招いて
お寿司をごちそうするときは
注意が必要でしょう。

ただユダヤ文化も日本と同じように
魚はよく食べるようです。

鯉のすり身で作ったつみれ
(ゲフェルター・フィッシュ)は
東欧系ユダヤ人の代表的家庭料理です。

そして動物の肉では、

豚などひずめが割れておらず
反芻もしないものはダメです。

鶏肉や牛肉は大丈夫ですが、

免許を持つ屠殺師が
所定の方法と手続きで屠殺した
ものでなければいけません。

野菜や果物にタブーは無いようです。

さらに神命記の規定によって、
肉と乳を一緒に料理してはならず、

肉と乳製品を同じ食卓に並べる
のもいけません。

これは両者を扱う調理器具さえ
別々にしなければいけない

というのがユダヤの食の掟なのです。

現代イスラエルでは、豚肉の
販売は公式に禁じられています。

こうした戒律がどのような意味を持つか、
人体にどのような影響があるのか?

詳しいところまでは分かりませんが、

脳や味覚を発達するのに
何かしらの影響はあるでしょう。

味覚を使い脳を発達し鍛える方法


例えばユダヤの料理の戒律を守れば、

ビーフステーキを食べても、
パンにバターを塗れない、

食後のコーヒーにミルクを入れない、

デザートでもアイスクリームは
食べられないという事です。

こうしたユダヤの食のタブーの起源
については誰も上手く合理的な
説明ができないようですが、

ユダヤ人の優秀な頭脳を作る

この戒律も何かしらの影響は
あるのかもしれません。

いずれにせよ、

五感を磨く事こそが脳を
鍛える事につながるのですから、

ユダヤの戒律を守らなくとも
日頃から味覚に意識を持つべきです。

世の中には、

匂いの区別が苦手な人もいれば、
味の区別が苦手な人もいます。

だから味覚を鍛えるために、

わざわざ食通になれとか、
グルメ人間になれとまで言いませんが、

味覚の記憶も頭脳を活性化
させるためには役立ちます。

例えば、

各地の食塩の舐め比べや、
味噌や醤油の味比べ、
おいしいお米の食べ比べなど

特に薄味の食品の味の利き分けは
味覚を鋭敏にします。

味が濃いから美味しいのではありません。

フランス料理でも、イタリア、
アラビア、中国、韓国でも

どの国の料理でも宮廷料理になれば、

素材の味を活かした薄味なのです。

香料が利いたインドのカレーでさえも、

上流の食事はスパイスを活かした薄味

だと言います。

微妙な味と香りを識別し、
その素材の良さを楽しむところに

文化の豊かさが伺えます。

そして、

こうした「繊細な意識」にこそ
脳活性化のヒントがあるのです。

日々の食事をカロリー摂取で済ます、

コンビニなど均一の味しか知らない。。

では脳は活性化されません。

また暴飲暴食で肥満になれば
それこそ脳の病気のリスクを
高めるわけですし、

知的生産性は下がります。

知的生活の発達と
味覚は無縁ではないのです。

ぜひ参考にしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください