ユダヤ人はトーラーを通じヘブライ語、信仰や律法などを学ぶ


ユダヤ5000年の歴史の中、

世界中に離散したユダヤ人は

強力な周辺民族が発する
文化的、宗教的影響力に、

絶えずさらされてきたにも関わらず、

自分たちの民族的一体性を
守り抜いてきました。

どんな文化も時代とともに
消えてしまうものですが、

これは驚異的なことです。

その根源になったのはやはり、

613に及ぶ戒律

365の「しては行けない」
禁忌戒律

248の「すべき」
義務戒律があり、

この戒律を遵守する生活様式こそ
彼らの民族的一体性を守り抜く
源泉となったのです。

そしてもうひとつ、

ユダヤ民族のサバイバルを
可能にしたのは、

変わらぬ戒律だけではなく、

時代環境の変化に応じて
宗教生活の仕組みを柔軟に

モデルチェンジしていった
事も重要なのでしょう。

いずれにせよユダヤ人はトーラを
通じてヘブライ語、歴史や律法
だけでなく様々な事を学びます。

国語と歴史、そして信仰、
道徳や人間としての生きる道、

などです。

トーラーを通じて学ぶこと


何よりもまずユダヤ人は
トーラーを学ぶために

トーラーに書かれた文字である
ヘブライ語を勉強します。

そしてヘブライ語でトーラーを
勉強するのです。

その中でまず出会うのが
ユダヤ民族の歴史です。

つまりユダヤ民族としての
自覚と責任をトーラーに書かれる
民族の歴史を通じて学ぶのです。

そしてもうひとつ、

歴史とともに書かれてある
いろいろな神の掟である律法、

諸々の神の言葉を通じて
神への信仰を学びます。

神は存在するのか?

この論争は古代からずっと
行われてきました。

ただ、神の存在を疑いながらも、
ユダヤ教徒としての信仰は
認められると言います。

むしろユダヤ教では

信仰と献身を命じますが、
同時に疑う事も奨励されるのです。

彼らは狂信的な考えを嫌います。

ユダヤ人にとっての信仰


ユダヤ教の神への信仰…

といっても日本人にはなかなか
ピンとこないかもしれません。

もちろん私も、

その教えのコアの部分まで
理解している訳ではありません。

しかし、

実際に読んでみると
十戒に代表されるような

人間としていかに正しく生きるか

といった日本でいう道徳のような
内容を学んでいるのでしょう。

またユダヤ教ではそれぞれの
年齢に応じた学ぶ内容が
決められています。

まず5歳になるとトーラーを学びます。

それは単に字面を読むだけでなく
物語として面白く

大人が話してくれるのを
聞きながら覚えるのです。

こうした幼少期からの教育は
伝統をつなげるために必要です。

そして、

知性の土台作りとして重要です、

一見難しいトーラーでも
物語として聞いたり、

自由に質問したりしながら
内容を吸収する事が出来ます。

このような事を繰り返しながら
子供たちの中にユダヤ人にとっての
基本である「歴史」

神から与えられた「掟」というものが
自然と身に付いていくのです。

イスラエル公用語ヘブライ語の創出


そして、

トーラーを学ぶ上で大切なのが

言葉を学ぶという事です。

ユダヤ人の言語として
ヘブライ語がありますが、

各地に散らばったユダヤ人は、
その土地の言語と、

その地域のユダヤ人にだけ通用する
拡散ユダヤ言語(イディッシュなど)
を日常語として話し、

古代以来の彼らの言葉である
ヘブライ語は次第に忘れられて
いたのです。

もっぱら祈りの教典学習のため
だけの「書き言葉」だったのですが、

これを日常生活で使用できる
「生きた話し言葉」として
甦らせたのが、

エリエゼル・ベン=イェフダ
“Eliezer bēn Yәhūdhāh”

です。

彼は23歳にパレスチナに渡り、

一生を捧げて、

世界各地から帰還する
「帰還ユダヤ人」のための
国語作りに励みました。

そもそも語彙が少なかった
古代ヘブライ語でしたが、

聖書や古文書から言葉を見つけ、

どうしても見つからない場合
ヘブライ語に近いアラム語から借用し、

それでもない言葉は
自ら新しく作り出します。

様々な出身者の言葉を話すユダヤ人が

故国再建の為に共通言語を1つに
まとめる必要があると考え、

1800年近く書き言葉としてしか
使われていなかったヘブライ語を
見事に創出したのです。

そしてイスラエル建国の際、

ヘブライ語は公用語となりました。

ユダヤ教は信仰より行為を重視


さらに興味深いのは、

ユダヤ人は宗教信条よりもずっと
行動を大切にするという事です。

他の宗教であれば、
祈るだけ信じるだけで良い、

という価値観もありますが、

タルムードでは、

世界の宗教文献の中で他に
類の見ない宣言を

「神の言葉」として以下
のように表現されています。


「ユダヤ人が私の律法に従わない
よりは、

私を見捨てる方がマシである」

つまりユダヤ教においては

宗教と生活上の規範である
「律法」を実践する事によって

ユダヤ人は神に立ち返ると考えるのです。

ユダヤ教においては、

神の存在に疑いを抱いたとしても
ユダヤの律法に従って行動する限り
「善いユダヤ人」と見なされます。

しかし、

ユダヤの律法に反する行為をしながら
神を信じるユダヤ人は

「善いユダヤ人」とは言えないのです。

もちろん神への信仰を生活の
中心におく事を否定しませんが、

それは神への信仰を
それぞれのレベルで理解し、

実践し得る事を強調している
だけに過ぎないという事です。

行動こそが人生なのです。

この辺りの考え方にこそ、
脈々と続くユダヤ文化の秘密が
あるのかもしれません。

そしてあらゆる分野における
成功法則に通じる考え方なのです。

神の存在を疑いながらも、

学びと実践を通じて、日常生活
の中にユダヤ教を取り入れる、

彼らにとって学びと実践こそが
個人と社会に対して大切な行為

なのです。

とは言えしかし、

ユダヤ教、トーラーを学び

ユダヤ教に生き始めると
自然に神の信仰に目覚めると言います。

つまり、

実践する事によって、結果として
自ずと神に応える事になるのです。

いずれにせよ、

ユダヤ人はトーラーや聖書、
タルムードなど聖典を通じて、

ヘブライ語、信仰や律法などを学び
伝統を受け継いでいるのです。

こうした民族の一体性が彼らの
強さの秘密の1つと言えるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください