ユダヤ人のIQの高さの秘密は安息日の過ごし方を守るから?


日本人は勤勉で真面目、、

と言われますが、

確かに「休む」ことに罪悪感を
感じてしまう人も多いでしょう。

しかし、

脳をしっかりと働かせるためには

しっかり動き、しっかり休む

ということが重要です。

2500年前から厳格に
守られてきたユダヤの戒律に

安息日(ヨム・シャバット
の定めがあります。

安息日は神が天地を創ったとき、

日曜日から初めて
金曜の夕方には仕事を終え、

丸一日休んだ故事にちなんだものです。

それゆえ、

ユダヤ教の安息日は週に一度、

金曜の日没から土曜の日没直前まで
丸一日続きます。

ユダヤ人はIQが高い民族として
知られていますが、

なかでもユダヤ人の

「安息日を必ず週1回持ち、その日を
読書や思索と家族間での議論に費やす」

安息日の過ごし方を守る習慣は
「脳」にとって非常に重要なのです。

「なぜ休日がIQと関係があるのか?

私も週末は休んでいるが、
全然、賢くはならないぞ。。」

という意見があるかもしれませんが、

このユダヤ人の安息日の習慣こそが、

前に紹介したダイヤモンド博士の
環境が脳を変える
という発見において、

ユダヤ人という民族全体の上で
証明しているのではないかと
考えられています。

鍛えて休むを繰り返すと発達する


ユダヤ人も全体的に見て
真面目で勤勉に働く傾向があります。

だからこそ各分野、ビジネスで
結果を出す人が多いのでしょう。

サボって、怠惰なまま成功
などできるわけがありません。

ただ、

忙しく働くユダヤ人でも

現実の世界からユダヤの世界に戻る
週に1日の安息日は、

特別な休日なのです。

彼らユダヤ人はこれを
2500年もの間守ってきました。

そしてこれが脳にとって
非常に重要な一週間の過ごし方
という事も分かってきています。

脳の発達という事について
簡単な例を挙げると、

例えば、

ボディビルダーが筋肉を
鍛える時の状況を考えてみます。

運動をすればするほど、
筋肉はより成長していきますが、

これはトレーニングで
筋肉をいったん傷つけ、

それを「回復させる事」で

以前よりも筋繊維が太く強くなる
というメカニズムですね。

そして、

最近の科学者たちの発見によると、

筋肉同様、脳も刺激や運動を
与える事によってより成長する
事が分かってきています。

だから伝統的に、神からの命で
安息日を設けるユダヤ人は、

自然とこのサイクルを繰り返し
脳を発達させるライフスタイルを
送っているという事です。

強制的に休む掟があり
これを守る伝統があるからこそ、
自然と脳が鍛えられるのでしょう。

安息日の特別な過ごし方


もちろん、

私たち日本人も週末はお休み
というケースが多いでしょう。

しかし結局は休みだから…

遊びに行ったり、ダラダラしたり
溜まった家事を終わらせたり

「自由な時間」ではあるけれども
安息に過ごす事はあまりしません。

しかし、

ユダヤ人にとってこの日は、

労働、遊び、旅行が
禁じられている事はもちろん、

火も電気も付けてはならず、

車に乗っても、金銭を扱っても、

エレベーターを操作
しても行けないのです。

一切の労働が禁止されているのです。

だからこそ厳格に戒律を守る
正統派ユダヤ教徒の家庭では、

スイッチを押さなくても
自動的に各階止まりで開閉する
エレベーター、

開閉しても点灯しない冷蔵庫、

夕方7時に点灯し夜中12時に消灯する
タイマー付きの照明器具が用意され、

日本人にとっては
不合理としか思えないような
様々な仕掛けがあります。

IQを高める最も効率的な方法


こうして彼らは徹底的に
安息日に安息をするのです。

そして、この日は
家族や親しい友人が集い、

神を賛美し、歌い、祈り、
思索にふけるのです。

これを2500年間、
民族の伝統として守るのが、
ユダヤ人なのです。

例えば、

学習などによる1日10分の
脳への刺激であっても、

平均的なIQを作り出す事が
できると言います。

だからもしこれが…

若い脳に1日1時間、もしくは
それ以上の刺激を与えられるなら、

それはすごい事になります。

IQ200以上の天才を生み出す
事も夢ではないのです。

ダイヤモンド博士によると
私たちの脳が一体どれだけ
成長するのかと言うと、

未知数で計り知れないレベル…

と言います。

週に1回必ず、身体を休め、
ゆっくり静かに考える習慣を

システムとして持っているのは
大きなアドバンテージとなります。

またこの博士の研究は、
ユダヤ人が伝統的に信じてきた
読み聞かせや読書の重要性、

特に生まれてからの
3年が如何に重要であるか

という事も証明してくれます。

つまり、

ユダヤ人の両親がどれほどの時間
量を子供の教育に投資しているか

という事が重要なのです。

ここに他の民族よりも
IQを高める秘密が隠されている
可能性があります。

ユダヤ人のIQの高さの理由


ユダヤ人がなぜこれほどまでに
熱心に教育に取り組み、

学びにこだわるのかと言うと、

ユダヤ人はその長い離散の歴史の中で、
生き残るためには高い知性を持つか
否かにかかっていたからなのです。

耳と耳の間に持つ資産は
誰にも奪われない究極の資産です。

その資産に最大の投資をするのは、

彼らの思考から言えば至極当然の事。

また彼らの伝統がその
仕組みをサポートしています。

安息日はその1つです。

常に秀才の中の秀才で
あらねばならず、

最高の中の最高の存在でなくては
ならないと、ユダヤ人は言います。

この考えは今でも変わらず、

アメリカで成功しているユダヤ人も、
自分たちがアメリカの文化や
教育システムの中に埋没する事なく、

先祖たちが学び続け、
伝え続けている学習文化という
ものを決して見失ってはならない

と考える人も多いのです。

この姿勢は私たち日本人がIQを高める
上でも参考にできるポイントでしょう。

誰であれ彼らの知恵を学び
真似ることは可能です。

神に祈り思索に耽らなくても、
脳と体を休めることは可能です。

平日は精一杯動き、休日は休む、

このメリハリが成長の鍵なのです。

これから休日の過ごし方を少し
変えてみるのも良いかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください