ユダヤ人式子育て術の極意と母親の役割とジューイッシュマザー


凡人であれ天才であれ、

人間は誰であれ、
母親の存在があります。

母親なしに子供は生まれない訳ですが、

つまり子供の成長の鍵を握る
最も大きな要素というのは、

学校より、先生より、塾より
友人より、恐らく父親より(悲…)

母親の影響が大きいのでしょう。

ユダヤ式の子育て術は
大変興味深いものがあります。

また、

ジューイッシュマザーと呼ばれる
ユダヤ人の母親の役割は重要です。

ユダヤ人の母親は、

我が身以上に、子供に
至れり尽せりの世話を焼き、

世界の民族の中でも
極めて教育熱心です。

特にお金に関する教育を
幼少期から徹底しますが、

そのお金に対してもいわゆる紙幣の
お金を重視する訳ではありません。

お金は奪われることがありますが、

スキルや語学力や知識は
奪われないとユダヤ人は考えます。

お金や土地など有形の財産は
為政者によってすべて奪われる
可能性もあります。

これをユダヤ人は歴史上
身を以て経験しています。

しかし耳と耳の間にある脳に
貯めた資産は誰にも奪われません。

スキル、技能、語学力や知識などは
地球のどの地でも生きる糧になります。

ジューイッシュマザーの子育て術


だからこそ、

子供がいい「頭脳」さえ持てば、

どんな苦境や困難も
乗り越えられると考えています。

それだけにユダヤ人の母親は、

教育に対しては、
格別の畏敬の念を抱き、

幼少期の子育て時期から、
ころさら力を入れてきたのです。

全身全霊かけて子育てするのです。

ある意味これは最大の未来への
投資と言えるのかもしれません。

誰にも奪われない知恵を得るために、
ユダヤ人は教育にお金を惜しみません。

無益なお小遣いやプレゼントは
倹約してあまりあげないそうですが、

子供が学びたい事、学ばせたい事には
とにかくお金を使います。

普段はケチで質素な暮らしをしても、
教育には大胆にお金を使います。

特に欧米圏で

「ジューイッシュマザー」
(Jewish Mother)

と呼ばれるほどユダヤ人の母親は、

教育熱心な子育て法として
世界的に有名なのですが、

彼女達から学べる事は沢山あります。

もちろん、

日本の母親も子供の教育に
関して重視するでしょうが、

ジューイッシュマザーと日本の
教育ママとはちょっと違います。

とにかく積極的に介入する


日本人の教育ママの考えは、

良い学校、良い先生、良い塾に
入れるために頑張るイメージです。

これはどちらかといえば依存、
人任せのマインドセットです。

ユダヤ人の母親は、

ユダヤの文化や伝統を子供に
伝える義務があったばかりでなく、

ユダヤ人に対して偏見に満ちた
時には敵意や差別さえある
厳しい社会環境にあって、

自分の子供を立派に育て上げて
「必ず出世させる」という

二重の重荷を抱えているのです。

自分の子供を立派にするのは
自分の責任と考えているのです。

日本の親は子供にお金の教育をせず
むしろお金に関して隠そうとしますが、

ユダヤ人は幼少期から
お金について学ぶと言います。

また勉強に関しても

ユダヤ人はそれぞれの子に合った、
学校職業を調べたり、勧めたり、
積極的に関わります。

勉強を無理矢理やらせるよりは、

その子の好きな事などをやらし、
才能を伸ばし、何かに卓越させよう
とします。

教育に介入するユダヤ人の母親


私の知人のユダヤ人の子育て方針は、

例えば、

子供が楽器のベースが好きになれば、

「学校の勉強は語学以外ほどほどでよい」

と言うそうです。

しかしベースの上達は気にかけて、

「留学させようか」

と悩んだりしています。

日本人であれば、

「まずは学校の勉強、それから
ギターをやりなさい」

と言いそうなものですが、

自分が興味を持つ、
得意分野を伸ばす事こそが

将来役に立つと理解しているのです。

ユダヤ人は普段とても倹約しますが、
教育にはどんどんお金を使います。

ユダヤ人の子育てとして、
彼らも水泳やダンスなど
習い事をさせる事が多いようです。

また、

日本人の子育て教育は通常、

先生に任せっぱなしで
親は基本放置するのが普通ですが、

ユダヤ人の親、特に母親は
子供の教育に積極的に介入します。

日本であれば、

習い事をさせたら先生にお任せ
という親は多いと思いますが、

ユダヤ人は先生と頻繁に
コミュニケーションをとり、
進歩をよく見ています。

先生選びもかなり真剣に行います。

またアメリカのユダヤ社会では

教育を自由に差別なく
受けられる文化で、

ユダヤ人は自分の才能を
思い切り伸ばす事が出来ます。

そんなアメリカに移民として
渡ったユダヤ人の多くは、

社会的地位と安定をもたらす
職業として、

医師か弁護士、公認会計士

などを多く選ぶ傾向になりますが、

高収入で、独立が出来て、
頭脳労働であり、ステイタスが高く、

これも独特の教育のなせる技でしょう。

そうして子供をその職業に
就かせたジューイッシュマザーは

「ウチの息子は実は医者でね」

というような自慢話を
決して忘れないと言います。

知識だけでなく経験も教育


またユダヤ人はよく旅行をします。

単に旅行が好きだけでなく、
見聞を広めることと、リスクに
備えるために旅をします。

知識だけでなく経験も教育だからです。

教科書をいくら覚えても
経験がない人間は弱いです。

特に異国へ旅する事は様々な
経験ができ、学びが大きいです。

だからユダヤ人のファミリーは
家族で旅をする事を重視します。

なので、お金をあまり持って
いなくても旅行にはお金を使い、

子供たちを連れ家族で1、2ヶ月の
間、海外に行く事が多いようです。

こういったユダヤ式子育て
母親の役割は大変興味深いもので、

参考になるなといつも感心します。

ユダヤ人の母親にとって、

家庭をしっかり守り

子供を豊かな愛情で包み、
立派に育てる事が、

社会的及び、宗教的な
義務となっているのです。

だからこそ、

彼女たちは子供に至れり尽くせりの
世話を焼いて子育てをするのです。

ユダヤ人社会には

「神様は、どこにでもいる事が
出来ないから、母親を作った。」

という有名なことわざがあるくらい

ユダヤ人社会では、母親の存在は
重要であり、偉大とされているのです。

ユダヤ人の賢さの源泉は
教育に極めて熱心な

「ジューイッシュマザー」

の存在が大きいのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください