ユダヤ人は笑い、ユーモアやジョークのコミュニケーションが好き


人間同士の繋がりが社会を作り、
私たちは生きているわけですが、

その中で突出した結果を出したり、
幸福に充実した人生を生きるためには、

人間関係が鍵になります。

成功者にとっても役に立った
スキルはなにかと尋ねると

「コミュニケーションスキル」

と回答する事が多いのです。

ユダヤ人のビジネスの成功者の
インタビューなどを見ると、

その事が伺い知れます。

中でもユダヤ人で特徴的な事の1つが、

笑い、ユーモア好きで
ジョーク好きである事、

ハリウッドでは、

アダム・サンドラーや
ウッディ・アレンなど

コメディアンとして活躍する
ユダヤ人は多くいます。

またアインシュタインやフロイト
ジョークをこよなく愛したことで
有名です。

アインシュタイン博士は、

「私は相対性理論をジョーク、笑いを
好んだ事で発見することができた。」

と述べています。

知り合いのユダヤ人の多くも、

絶えずジョークや親父ギャグ
のような事を言ったりしています。

笑いやユーモアは、

人間関係、コミュニケーションの
円滑油になるだけでなく、

もっと深い意味が
あるのかもしれません。

この秘訣を今回は考えてみましょう。

ユーモアやジョークの効能


笑うという自己表現は
他の動物には見られない

人間特有の興味深い行動です。

明治大学教授の
鈴木健さんによると、

コミュニケーション研究には
3つの主要ユーモア理論があります。

第1が「優越理論」

(余裕を見せる笑い)

これは他人を笑う事で、

疲弊した現行制度を矯正する
というニュアンスですね。

第2は「解消理論」

(緊張緩和を促す笑い)

ユーモアが、その場の緊張を
緩和すると言う考え方です。

第3が「不調和理論」

(驚きを生みだす笑い)

通常は精神の不調和を嫌い
安定が保証されている事を
期待しているため、

あえてその期待が裏切られる時と
驚きに中にユーモアを感じる、

という3つです。

不思議な事に動物界で笑うという
行為をするのは人間だけです。

(もしかしたら他の動物も
笑っているかも知れませんが…)

ユーモアや笑いは恐らく高度な
脳を使う心身に影響のある行為です。

人気お笑い芸人になれば

異性にモテたり、
高収入を得られますが、

これも人を笑わせる
コミュニケーションが

最もパワフルに人に受け入れられやすい
という事の現れかもしれません。

笑いを大切にするユダヤ人


つまりこの能力が高ければ、
人生では得をするとも言えます。

耳と耳の間の脳に投資をする
ユダヤ人にとって、

ここがレバレッジの
テコになると考える事は、

当然の流れなのかもしれません。

ユダヤ人である精神分析学者の
ヴィクトール・フランクルの

強制収容所体験を描いた
「夜と霧」にも、

「ユーモアは自分を
見失わないための魂の武器」

「ユーモアとはほんの数秒間でも

周囲から距離をとり、
状況に打ちひしがれないために

人間という存在に
備わっている何かなのだ」

という記述があります。

歴史上、多くの迫害や苦難があり、
それを乗り越えてきたユダヤ人、

ユダヤの格言や教えの中には
ユーモアを大切にする教えもあります。

苦境があっても過去を振り返らず
未来に向けて前を向く為に、

何かしら切り替える手段として
機能にしてきたのかもしれませんし、

異国で、対立を恐れずに
議論をするユダヤ人にとっての

コミュニケーションの武器としても
活用されてきた事もあるでしょう。

ユーモアは彼らユダヤ人にとっての
大切な知恵の1つなのかもしれません。

ユーモア・コミュニケーション


確かにユーモアやジョークを
上手く使うことで、

難局を切り抜けることができる
場合もあります。

緊張が高まった時には
例えば人と喧嘩をした時などに、

ユーモアのある言葉を聞いて
ふっと笑ってしまったり、

我を取り戻した経験がある人も
多いでしょう。

人間関係をスムーズにする潤滑油
のような役割を笑いは持ちます。

また、子供は良く笑います。

イタズラをして世話が焼け、
どれだけ疲れ果てても、

親は子供の笑顔を見れば癒され
愛おしく感じるものです。

赤ちゃんも誰からも教わる事なく
自然と笑い顔を見せます。

その姿を見れば誰もが愛情を
感じてしまうのです。

だからこそ笑いやユーモアは
人間が絆を持って生存する為の、

ある意味、

本能に基づいて生み出した
コミュニケーション手段

なのも知れません。

大人でもユーモアを磨けば
人気者になれますし、

仕事の仲間も増やせるでしょう。

そこに目をつけるのも、

サバイバル感覚に長けた
ユダヤ人にとって

当たり前のことなのかもしれません。

成功のためには笑いも大切


また笑う事は健康にも良い事は
良く知られています。

ノーマン・カズンズさんは
『笑いと治癒力』という著書で、

当時、不治の病と言われた膠原病を、

ビタミンCと「笑い」を使って
奇跡的な回復をした

という話しがあります。

腹を抱えて笑えるコメディーを見て
ユーモアの本を読むことを続けた結果

難病すら治してしまったのです。

また、自分の事を笑える人は
本当に強い人でもあります。

どんな状況でも笑う事が出来れば
状況を改善するパワーが生まれます。

「笑う門には福来る」

と日本でも言いますが、

思わず微笑んでしまうような
センスの良いジョークやユーモアを、

笑いには大きな効用があります。

迫害と差別で苦しみ続けた
ユダヤの人々が、

日々の心身の元気を回復し、
明日もまた強く生き続けようと
思い直した原動力として

笑いがあったことは
疑いないことでしょう。

締めるとこは締めて
緩める所は緩めるというのも
成功者が良く言う成功の秘訣

でもあります。

真面目に仕事を頑張るだけでなく
コミュニケーションの一貫として

笑い、ユーモアやジョークも
大切にしていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください