複数の収入源でリスク対応するユダヤ人の資産運用のコツ


資産運用に関する日本人の
典型的パターンというのは、

大きな会社に入って定年まで勤め上げ、
マイホームをローンを組んで購入し、
少しの余ったお金を貯金する、

というくらいしか資産運用の
考えを持たない人が多いです。

あまり真剣にリスクを考えて
いないようです。

もちろん安全で安定的な社会のもと
保守的なパターンになるでしょうし、

それが悪い事ではないでしょう。

一方で、

サバイバル重視でリスク対応をする
ユダヤ人の資産運用には、

独特のコツや考え方があります。

例えば、

多くのユダヤ人は複数の
収入源を得ようとしますが、

これはお金をたくさん得るため

というよりは、

リスクを減らすため

という考えが基本です。

会社だけに頼らない、国だけに頼らない
1つの株だけ、債券だけ、ビジネスだけ、
マイホームだけ、年金だけ…と、

これはリスクのある事なのです。

「ひとつのかごに卵を盛るな」

という投資格言があります。

1つのかごに卵を全て入れて、
割ってしまえば全てが台無しになるが、

かごを分けておけば、たとえ1つ
割れてしまっても他があるから安心

という事です。

資産運用に関しても多くのユダヤ人は

株、不動産、現金、金

などを上手く分けてポートフォリオ
組み資産運用をするのが普通です。

ユダヤ発祥の財産三分法が基本


こうした知恵は現代投資家の
哲学にも反映されています。

中でも財産三分法という
資産管理の方法がありますが、

一般的に、

不動産、株式、債券の3種類を
違った金融商品に投資する方法

のことです。

実はこの考え方の発祥は
古代ユダヤにあると言われていますが、

彼らは迫害を逃れる為に、

現金、不動産、そして
貴金属や装飾品など、

お金を1つにまとめず、別の種類の
資産に分散投資をすることで、

全体の資産の変動リスクに
対応するという考えです。

私の知人のユダヤ人は、

宝石ビジネスで蓄えたお金を
「投資三分法」で運用しています。

資産の3分の1は金などの商品、

3分の1はアメリカやドイツの
国債や超優良社債、

3分の1を株式で持っています。

その株もさらに3種類に分け、

3分の1は欧米の安定優良株、

3分の1を欧米の成長企業株、

3分の1を中国、ブラジル、インドなど
新興国のハイリスクハイリターン株

…に投資しています。

つまり、全財産の9分の8は
小さい資産運用法で安全に管理し、

9分の1だけハイリスク株に
投資しているという事です。

ハイリスク株というのは、
上がった場合は儲けも大きいですが、
失敗すれば全て失う可能性も高いです。

彼はいくら儲かっても
この配分を変えようとはせず、

着実に資産を増やしているのです。

複数の収入源に分散して投資し
リスク対応するユダヤ人の
資産運用のコツと基本が

この考え方にあると思います。

複数の収入源を仕事でも持つ

ひとつの籠に卵を盛らない
複数の収入源を持つ
これは仕事でも同じです。

近年では少しずつその考え方
変わってきていますが、

多くの日本人は、

本業で勤める会社に入れば、

終身雇用として定年まで
一筋で勤め上げる

という価値観を持っています。

またあまり副業に精を出す

のは褒められた考えではない
という風潮があります。

しかしユダヤ人は収入源を
1つに絞る考えを好みません。

就業規則で副業を禁止している
会社で副業をするのであれば、

本業を失うリスクがありますが、

自分がクビになる、
なかなか昇進できない、

そんな時に副業などで複数の
収入があった場合は、

細々とでも助けになるかと思います。

逆に本業である会社が
潰れるリスクもあるのです。

そして何より最低限、

何があってもスキルには
投資しておくのは、

大切ではないでしょうか。

柱というのは例え細くても
多ければ家の強い支えになります。

ユダヤ人はリスク回避のために
収入源を複数持ちますが、

副業をすれば様々な事が学べます。

将来の起業のための
準備になるかもしれません。

リスク対応だけでなく
生きる楽しみを味わうためにも

色々と収入源を増やして
お金を稼ぐのも良いでしょう。

家族も複数の収入源を持つ


また家族で稼ぎ手が1人よりも
複数いた方が、リスクが軽減されます。

だから共働きであったり、
家族全員で仕事をして

複数の収入源を持とうとするのも
ユダヤ人の特徴と言えます。

これでうまくいった最大の例が
ロスチャイルド家でしょう。

彼らは家族全員で力を合わせ
金融業界のトップに成りました。

女性であっても、

もちろん子育て、家事は
ユダヤ人にとっても尊い仕事ですが、

何もしないで働かない
というのは美徳ではありません。

私の知人で御主人を病気で
亡くされた人がいますが、

稼ぎ手が1人であった場合は、

残された家族が途方にくれて
しまう事があるのです。

私の知人の場合は、

とても堅実に貯金をされていたのと、

団体信用生命保険会社が
マンションの住宅ローン残高を
支払ってくれたため、

生活に困る事はありませんでしたが、

それでもこの先やって行けるのか、
という不安は消えないようでした。

複数の収入源を確保して、

常にリスクに対応できるようにすると
普段から安心です。

何事もなければその稼ぎはそのまま
貯蓄になります。

雨が降り始めて、困ってからではなく、

晴れているときに傘を備えておくのを
習慣とすることが大切なのです。

もちろん、全てのユダヤ人が賢明な
資産管理をする訳ではありません。

破綻したリーマンブラザーズの
創業者はユダヤ系でした、

ハイリスクの
「サブプライムローン」
に集中投資をしたため、

大やけどをおい、
破綻の憂き目に遭いました。

しかし本当に上手く資産を
形成している人ほど、

リスクを徹底管理しているのです。

資産運用の第一歩


彼らはユダヤ人としての堅実な
投資の原則を忘れたのかもしれません。

そういうときは、神は
いとも簡単に富を没収するのです。

さて、

私たち日本人の個人の
ライフプランでも、

こうした考え方は参考になります。

副業に手を出せなくても、

投資というのは収入源を
増やす1つの手です。

基本的に時間も場所もとられませんし、
会社にバレる心配も少ないです。

もしも投資をしたことがなければ、

余裕資金で、株式投資をして
みるのもいいかもしれません。

最初から利益が出るとは限りませんが、

株を買うと、株価が気になり、

次に株価がどうして動くのかが
気になってきます。

すると、株価は出来事や
経済や有力者の発言などに
影響を受けているのを知り、

経済を知るために新聞を読んだり、
本を読んだりするようにします。

つまり、

意識のアンテナを張るようになり、
知識を得る習慣を持つ事ができます。

まずは何より脳への投資からです。

そして知恵がついたときには、実際に
利益も出せるようになるでしょう。

何もしない事が一番のリスクです。

知識を増やし、複数の収入源を構築し
リスクに対応するユダヤ人の知恵を
参考にすると良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください