ユダヤ人は語学、他国の言語を習得しグローバルな視点を持つ


世界でも語学力に疎い民族…

と言われる日本人ですが、

これから間違いなく訪れる
グローバル化社会において、

色々な言葉を駆使できるか否かで
さらに格差は広がるでしょう。

ユダヤ人は語学、他国の言語を
学ぶことを重視します。

そして外国語を習得し多角的で
グローバルな視点を身につけるのです。

長く国を持たず、常に迫害と隣合わせ
であったユダヤ人にとって

「情報」=「語学」が
生死を分ける条件となります。

そういった背景もあるのでしょう、

バイリンガル、トリリンガル
はたまたマルチリンガルと

複数言語を使いこなすユダヤ人は
多いです。

平和な島国で生きてきた日本人とは
語学に対する姿勢が違います。

例えば、

旅行であれ海外に行けば、

何事も自分の国の実情や文化と
比較するものです。

世の中は相対的ですから
そういった長所や短所を見る事で
様々な視点が身に付きます。

さらに言葉ができればその
情報量は格段と増えていきます。

ユダヤ人は宿命的に様々な
国で苦しい旅をせざるを得ず

海外に広く点在するユダヤ人同士と繋がり、

国際的ネットワークを昔から
独自に形成してきた訳ですが、

そんな交易や商売の基盤を作ったのも

語学、他国の言語を習得し
重視してきたからだとも言えます。

語学の力で富を築いたソロス


つまり、

あなたが理解出来る外国語の数だけ
情報が増え、世界は拡がるのです。

しかもその手にする情報は
貴重な第一次情報です。

ユダヤ人の大富豪である
ジョージ・ソロスも

第一次情報を重視し投資に活用しました。

自分たちの国家がなく、

他国で生きていかなくては
ならなかったユダヤ人は

語学ができないと命に
関わることすらありました。

今はイスラエルという
ユダヤ国家がありますが、

それでも多くのユダヤ人は
イスラエルが永久に存在すると
100%信じている訳ではありません。

だからこそ、

いくつかの語学ができないと、

万が一のときには生き抜けない
という危機感を持っています。

気楽な気持ちで英会話を学ぶ。。

と、語学に臨むわけでないのです。

イスラエルではほとんどの人が
国際語である英語ができます。

もちろん全員が完ぺきな英語を
話すわけではありませんが、

英語で簡単なコミュニケーション
取れます。

ユダヤ人が語学習得を重視するのは、

自分たちが厳しい環境の中で
生計を立てるためばかりではなく、

世の動きを速く察知して
生存するための手段としても

どうしても欠かせなかったのです。

攻めにも守りにも使える語学なのです。

複数言語を操るユダヤ人


イスラエル人に限らず
いくつもの言語を話せる
ユダヤ人はたくさんいます。

数学者であり大道芸人である
ピーター・フランクルは

母国語のハンガリー語のほかに

ドイツ語、ロシア語、スウェーデン語、
フランス語、スペイン語、ポーランド語、
英語、日本語、中国語、韓国語を

大学で講義できるレベルまで
使いこなせるそうです。

彼は故郷ハンガリーでユダヤ人は
ずっと差別されてきたと言います。

両親はナチスの強制収容所に入れられ
銃殺寸前の恐怖を味わったそうです。

日本に定住を決めたのは

「特定の宗教などが絶対視され、

信じない人が差別されるような
理不尽は日本にはないからだ」

との事です。

またイスラエル出身でアメリカ育ちの
女優であるナタリー・ポートマンは
6ヶ国語に精通しています。

英語とヘブライ語ができるほか、

子供の頃からフランス語、日本語、ドイツ語、
アラビア語など学んでいるそうです。

またジョージ・ソロスの投資をする
際のリサーチは独自のもので、

常に第一次情報に基づいていました。

英語、ハンガリー語、ドイツ語、
フランス語を駆使して得た情報に基づき、
投資に成功した例として有名です。

まさにグローバルな視点を持つ事
によって成功した例と言えるでしょう。

語学を習得する歴史的経緯


例えば、

スペイン系ユダヤ人は歴史的に見て、

ヘブライ語やスペイン語以外に
アラブ語にも堪能だったので、

その行き先の中近東で、
ユダヤ人以外のアラブ商人とも
広く取引をする事ができました。

これによってユダヤ人は
世界各地に多くの独自の販路を開拓し、

貿易ルートを作ったのです。

つまり当時からユダヤ人は
語学に秀でていたため

貿易をする上で非常に役に立ちました。

これは今日のグローバルな市場での
優位性に繋がっています。

また、彼らの教育熱心の伝統から、

非ユダヤ人では文盲が圧倒的に多い
時代から読み書きを習っていました。

シナゴーグや学校で学ぶヘブライ語、

家庭ではスペイン系であれば
ラディーノ語、

東欧系であればイーディッシュ語
を使っていたので、

少なくとも2言語を自由に操れました。

それに加えて、

彼らの住む国の言葉、

例えばロシアであればスラブ語や
スペイン語、ドイツ語などを話し
読み書きする事ができたのです。

その結果、ユダヤ人の多くは
少なくともトリリガル(3言語話す人)で、

自然と多角的な視点を持つようになり、

それが国際ビジネスマンとして
頭角を現すようになり、

貿易に秀でる結果となったのです。

現在でもその伝統と流れは残っており、
複数の言語を武器に商売を行う人は多いです。

日本人がグローバル社会で活躍するため


さて、

英語を国際語としてますます
グローバル社会が進んでいますが、

日本人の英語力が相変わらず…

といった所です。。

英語能力判定テスト「TOEFL」の
アジア30の国と地域で実施された
平均点ランキングを調べてみると、

英語が公用語のシンガポール、
準公用語のインドが1位2位
なのは納得ですが、

日本は何と27位。北朝鮮より下の順位です、

ちなみに日本より低い点数だったのは

ラオス、タジキスタン、カンボジア

の3か国です。

一方で、

ユダヤ人にとって語学に通じる事は

商売の手段として役に立つだけでなく

語学が不得手で文盲であれば
世間に疎くなり無知になります。

周囲の動向に敏感にならなければ

自分だけ取り残されて不幸な目に
遭わないとも限りません。

そこで自己防衛をするためにも
語学は不可欠だったのです。

投資に限らず、一般的に
第一次情報を得るには

語学が必要なことが多いのです。

成功にもサバイバルにも基礎的な
パワーとなるのが語学という事です。

日本人が世界で活躍するためにも
語学力は必須と言えます。

そして多角的でグローバルな
視点を持たねばなりません。

また、日本語だけで日本の
新聞や雑誌だけを読んでいると

同じような意見や分析しかできません。

ここで最低限、英語ができれば
多様な意見や見方を知ることができます。

色々な意見や見方を知ることで
柔軟に多角的に考えることができます。

そういった意味でも

語学をマスターするのは重要なのです。

ユダヤ人の語学、言語に関する
考え方は大変示唆に富むものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください