強い絆で結束されるユダヤ人の家族観、家族愛、資産家は子沢山?


代々伝わる資産家ファミリーには

富を継続させるための
仕組みがいくつかあるようです。

以前紹介したファミリーオフィスは、

一族の資産を管理し守ると共に、
子弟教育や相続対策も担っています。

子供に残すポイントは、
お金ではなく知恵なのです。

またこうした家族の結束は
何も富豪だけでなく、

私たち一般の人にも
とても役に立つ知恵なのです。

中でも強い絆で結束される
ユダヤ人の家族観、家族愛には
興味深い特徴があります。

核家族化となり家族の結束が
弱まっている感のある日本ですが、

「家族は社会の最小単位 」
「家計は経済の最小単位」

などと言われますが、

やはり家族の結束が強い
事は特別な力があるでしょう。

「最も大切な人間である家族には
最高のもてなしをするべきだ」

これはユダヤ人でもあり、

世界有数の大富豪である
通信会社ブルームバーグ創業者で
前ニューヨーク市長の

マイケル・ブルームバーグの
お母さんの言葉です。

彼女は、友人の母親ならお客を
招いた時にしかしないようなことを、
家族にしてくれたそうです。

「他に誰も助けてくれないのだから、
家族はお互いに面倒を見ないといけない」

という家族愛を重視するのが
彼女の成功哲学でありメッセージです。

家族の結束が成功を生む


ユダヤ人の富豪の伝記などを見ると
たいていが子沢山であり、

大家族でありながら、
結束力が強く、家族愛を重視します。

この代表例が、

ロスチャイルド家です。

初代マイヤー・アムシェルには
五人の息子(五人の娘)がいて、

長男アムシェルはドイツに
次男サロモンはウィーンに、
三男ネイサンはロンドンに
四男カールはイタリアに、
五男ジェームズはフランスに

それぞれの息子がヨーロッパの
金融・ビジネス界で活躍し、

情報交換をし合い
富を築いた事は有名です。

しっかりとした絆と教育がある
ファミリーメンバーがいれば、

これは成功に有利に働くでしょう。

大富豪が子沢山になるのも
うなずけます。

家族や親族というのは
一番にセイフティーネットです。

ビジネスを起こしたり、
何かの分野成功を目指す。

何かに思い切り挑戦し
成功を目指せるというのも、

家族という土台があってこそです。

インターネットで知り合ったり、
見ず知らずの本名も知らない
他人の悩みを相談したり、

バーチャルで希薄な友人を大量に持ち
親しくなった気でいるよりも、

家族や親族と絆を強くした方が
人生はずっと豊かになれるでしょう。

人に迷惑をかけたくない…

と思ってしまう日本人は多いですが、

実は人間は他人の役に立つ
事が非常にうれしい生き物です。

多少の迷惑はお互い様
と言う事でよいのではないでしょうか。

しかもそれが家族であれば
役に立ちたいと思うのが普通です。

子沢山で成功する資産家とは?


強い絆で結束される資産家の
家族観、家族愛は非常に
参考になります。

日本では一代で財を成した家庭でも
2代3代で富をを失うケースが
ほとんどと言われます。

それは欧米でも同じでしょう。

しかし、

中には富を築き続ける
ファミリーもいるわけです。

そうした家族の中にはしっかりとした
価値観、そしてルールが伝承されます。

お金だけを相続するのではなく、

幼少期からそれなりの
人間の器を鍛えられるのです。

だから、

お金という紙切れの価値ではなく、
価値の本質をしっかり伝えるからこそ、
子孫代々繁栄するわけです。

つまり教育という事なのです。

これはユダヤの宗教伝統が
長い歴史を経て失われる事なく
伝わってきた事と似ています。

だからユダヤ人富豪ファミリーは
この辺りを踏まえている人が
多いのかもしれません。

ただお金だけを残し、
放蕩三昧する子供しかいなければ、

いつか財を食いつぶします。

しかし…

しっかりとした教育、そして
コミュニケーションがある場合、

家族は多ければ多いほど有利です。

さらに複利で富を増えるのです。

だからこの辺りを踏まえた
富豪は自然と子沢山になるのです。

あるアメリカの資産家一族は、

親族を合わせると総計
400人にも上るそうです。

彼らが力を合わせれば、

どれだけ規模の大きい
プロジェクトができるでしょう。

しかも全員がしっかりとした
コミュニケーションを計り
絆を作り合える仕組みがあり、

団結して富を築いています。

最近の日本では家族との
コミュニケーションを面倒と
避ける傾向があると思いますが、

これは力を合わせて生まれる
相乗効果を放棄しているようなもの

非常に勿体ない事なのです。

ユダヤ人の家族結束力の秘密


歴史上どんな迫害や困難にも
家族の絆で生き残ってきたユダヤ人、

そして現代社会こそ、

ユダヤ人の家族観は
大変参考になります。

一般的に言えば、

資産家は子沢山というよりも
貧乏子沢山という言葉の方が、
しっくり来る人もいるでしょう。

ただ、

彼らの結束の強さは、貧乏なときも
裕福なときも変わりません。

もちろん困った時のため
だけの家族ではありません。

安心を与えてくれる、
喜びを分かち合える家族は、

スポーツをする時の軸足のようなもの

軸足が固くしっかりとしていれば、

もう1つの足は思いっきり
あちらこちらに踏み出せるのです。

彼らは家族愛に投資をする
という概念を持ち、

家族でするアクティビティや
イベントにお金をかけたりします。

普段ケチで節約家なユダヤ人も
家族の結束にはお金を使うのです。

これは多くの日本人が忘かけている
価値観かもしれません。

ユダヤ人は家族のきずなが強く、
親族でよく集まると言います。

また親族同士で近くに
住む事も多いようです。

母と娘の関係であれば、
毎日ぐらい頻繁に会いますし、
会えない日には電話をします。

男性でも離れて住む母親に
毎日電話をするという人が多いです。

海外に行っている子供にも
母親は1週間に1度や2度は
連絡をとっている事が多いようです。

やはり、頼れる人がいるのは
安心できますし、嬉しい事です。

日ごろから家族の連絡を
密に取ったりすることで、
家族の絆も深まっていくものです。

家族の関係が希薄になってきたと
言われる現代日本の社会風潮ですが、

子沢山の資産家の知恵や
ユダヤ人の強く結束で結ばれる
家族愛、家族観を参考にしたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください