華僑の使う問題を強みに転換する仕組み、商談のテクニック


交渉やピンチに弱い…

というビジネスマンも
多いのではないでしょうか?

失敗しないように慎重に…

と、マジメ一辺倒ではタフな
交渉はなかなか難しいものです。

華僑が使うテクニックは
問題を強みに転換する仕組み
がたくさんあります。

例えば、

わざと複数の相手を同時に呼び利する

華僑流の商談術があります。

まず華僑は

ダブルブッキングを気にしません。

常にスケジュールを
空けている彼らは

「いつでも」と気軽に応じるので、

客同士のバッティングは
日常茶飯事です。

日本ではダブルブッキングが
深刻なマネジメントミスのように
言われますが、

それをプラスに変えられないから
問題になるミスになるのです。

華僑の思考法であれば

どんな問題でもチャンス、
強みに転換する仕組みがあります。

結果が出せればなんでも良い…

とまで極端に考えなくても
本質が何かを見極めれば、

何が大事で何が大事でないか…

分かってきます。

そして無駄を省いてゴール、結果に
一直線に向かうというわけです。

失敗を避けるためにする行動と、
結果を得るためにする行動では、

まるで違います。

一般的に日本人は風土的に
ミスを避ける事を重視しがちです。

だからこそ華僑の考え方は
非常に参考になるのです。

問題は最大のチャンス


例えば、

ダブルブッキングをしてしまった…

もしそれをチャンスとして

人と人とを繋げるコネクターになれば

逆に双方から感謝されますし、

自分の面子も上がります。

であれば、

時間的にも得なのだから自ら
ダブルブッキングを演出する
と考えれば良いのです。

例えば、

同業界の異業種、

メーカーさんとIT業者さんを
同時に招き、

情報交換をしながら
ダブルで商談を進めます。

複数の商談相手を同時に呼ぶ場合、

メリットのある人同士でなければ
失礼になるので、

誰と誰をマッチングさせるかが肝心で、

そのセレクトを間違えないように、

華僑は常に誰が何をできるのかを
記憶し棚卸ししています。

ウィンウィンの関係になれるよう
計算すれば、

そうした出会いの場は
誰にとってもお得になる訳です。

人と人、情報と情報が交わる
プラットフォームの役割を担う事で、

ますます多くの人と
情報を集めていくのです。

こうして華僑はネットワークを
強固に広げる事ができます。

華僑の最大の強みとは?


こうしたテクニックは
マフィアのボスをイメージすると
分かりやすいでしょう。

その地域の実力者であるボスの元に
悩みや相談事を持ちかけます。

ボスは直接手を下さず、
その問題を解決できる人を紹介します。

そして上手く解決できたなら
次もまたよろしくな…

と、人の仲介だけでどんな問題も
解決してしまう力を持つのです。

こうした力のあるボスの元には
次第に人が集まるようになります。

映画『ゴッドファーザー』に出てくる
ドン・コルレオーネもまさしく
そういう人物でした。

まぁ、彼らは裏稼業の仲介もある
ので危うい目にも逢う訳ですが、

真っ当なビジネスにこの考え方を
応用するのは賢いやり方でしょう。

また、

プラットフォームとしての
機能を自分が高めるためには、

広い人脈が必要です。

ここが華僑にとっての最大の強み
と言えるかもしれません。

人脈作りと言えば

日本人はまず異業種交流会へ
参加しようとしますが、

自分で人脈を作ろうとすれば
時間もお金もかかります。

華僑はそんな無駄な
プロセスは踏みません。

自分自身がたくさんの
人とつながるのではなく、

すでに人脈を持っている
数人とつながるのです。

一流の人ほど一流の人脈があります。

だから、

凡人の100人の仲間を持つより
1人の一流と仲良くなる方が、

結果的に良いネットワークが築ける

という訳です。

華僑はそこを狙います。

その数人が持っている人脈は
自分の人脈であるも同然です。

断然効率が良いですね。

「人脈のある人物とつながれば、
自分が人脈を広げる必要はない」

レバレッジの効いた
合理的な考え方です。

この教えのついでに

人脈を持っている人物の
見極め方を教えましょう。

人脈を維持するために
時間もお金も使っています。

つまりターゲットはいつも
人付き合いに忙しい人です。

あなたの周りにもそんな人が
1人や2人はいるでしょう。

彼らの商談に望むときや人脈作りにも
こうしたテクニックがあるわけです。

華僑が人脈を増やす仕組み


そして華僑の行動はまさに

「思い立ったが吉日」です。

誰かに会いたいと思えば
すぐに電話をかけ、

いちいちアポなんて取らず、

相手の都合など関係なく
押し掛けていきます。

喫茶店の隣で有益な話をしていたら
躊躇なく話しかけますし、

ビジネスでも、相手が別件で
商談中の所へ平気で入っていきます。

空気を読む日本人からすれば
たいへん身勝手なようですが、

これもまた自分からチャンスを
掴みにいく華僑流成功法則
のひとつなのです。

仕事では結果を求めている訳ですから、

そのプロセスは何でも良い

という訳です。

もちろんその中で、

問題が起こる事もあるでしょう。

しかし大抵は解決できる
取るに足らない問題な訳です。

その問題を想定し、動かない。。

のと、

問題は起こってから
後で解決すれば良い、

と先に速攻で動いてしまう。

結果を出す人は圧倒的に後者です。

こう考えれば、

学生時代のようにただ真面目に
言われた事を守る事が優等生だ

という思い込みはむしろ
弊害になります。

相手が商談中ならば
むしろチャンスで、

先客に対し

「私はこんな仕事しているんだけど
一緒に何かできないか?」

と誘いかけてビジネスの可能性を
広げていく訳です。

もちろんそこで仲介者の面子を
立てる事も忘れません。

このテクニックは
控えめな日本人にとってはまず、

押し掛ける段階のハードルも
高いかもしれませんが、

割り込まれる側の営業マンでも

ライバルの情報を手に入れられる
訳なので嫌がったりしません。

それどころかチャンスが
飛び込んでくるようなものです。

会社に帰って上司に

「○○はこんな動きをしている」

と報告すれば、
褒められるかもしれません。

今ビジネスの勝敗を分けるのは
スピードと情報なので、

可能性を限定せず、即効で情報を集めて
問題であろうとチャンスに変えられる
ものが勝利を収めるのです。

これからビジネスはグローバルな
戦いが求められて行くでしょう。

こういう時にも華僑のやり方
タフな商談テクニックは
参考になるものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。